本文へスキップ

岐阜県立岐南工業高等学校ホームページへようこそ

TEL. 058-271-3151

〒500-8389 岐阜県岐阜市本荘3456-19

English Page

学科紹介 >> 電子科

電子科Electronic Engineering Course

電子科の方針

IT社会を担う電子・情報・通信技術者を目指します
 コンピュータ、スマートデバイス、デジタル放送、インターネットなど電子技術の進歩はめざましく、電子科ではそれらの最先端技術の基礎であるダイオードやトランジスタなどの半導体素子から学びます。更に、電話機、テレビ、コンピュータの仕組みやロボットなどの各種機械の制御技術も学習します。また、ネットワーク接続技術者や無線従事者、情報処理技術者、国家技能検定などの資格取得にも力を入れています。

電子科の実習

マイコン制御プログラム
 電気製品、自動車のエンジンなど、製品の内部には制御用ICが組み込まれています。ここでは、制御用ICを使い、LEDの点灯から始まり、製作したラインセンサー内臓のマイコンカーの制御までのプログラムを学習しています。

トランジスタ増幅器の製作
 マイクロホンなどの信号の出力は、小さい交流出力(数mV)を製作したトランジスタ増幅器を繋ぐことにより1Vまで増幅することが出来ます。ここでは、トランジスタ増幅回路の特性試験などを学習します。

技能士「電子機器組み立て作業3級」
 国家資格である電子機器組み立ての実技材料を使い、ハンダ付けの基本から学習しています。この電子機器組み立ては電子の準じている仕事や学生などしか受験資格がありません。


資格・検定取得

【資格】
  • 第2級陸上特殊無線技士
  • 工事担任者DD3種
  • 技能検定電子機器組立て2級
  • 技能検定電子機器組立て3級
  • 基本情報技術者
  • ITパスポート
  • 危険物取扱者
  • 第2種電気工事士

【検定】
  • 情報技術検定
  • 計算技術検定
  • パソコン利用技術検定

進路先


  
【就職】
  • 平成28年度 電子科就職内定先一覧
  • 株式上場企業および従業員数1,000人以上の大企業(50音順)
    イビデン梶A轄。仙電機製作所、オークマ梶A大阪シーリング印刷梶A渇ォ電気カスタマアドテック、
    川崎重工業梶A岐阜愛知電機梶A三甲梶Aシャープエンジニアリング梶A住友大阪セメント滑阜工場、
    中央発條梶A中部電力梶A潟fンソー 、東レ滑阜工場、潟gーエネック、トヨタ自動車梶Aトヨタ紡織梶A
    ナブテスコ滑阜工場、日本特殊陶業梶A鞄立ビルシステム、三菱重工業竃シ古屋誘導推進システム製作所、
    三菱電機活沢製作所、三菱電機竃シ古屋製作所、三菱電機ビルテクノサービス梶A
    レシップホールディングス
  • 上記以外の企業(50音順)
    アジア原紙梶Aアピ梶Aイビデン電子工業、金菱エンジニアリング、ギフ加藤製作所梶A
    潟Mフバイオマスパワー、岐阜プラスチック梶A協和電設梶A轄イ々木製作所、三甲テキスタイル梶A
    且O勇テクノス、大東乳業梶A大丸グラフィック、棚橋工業梶A中央ビルテクノ竃シ古屋営業所、
    中部抵抗器梶A東海交通機械梶A東芝エレベータ梶Aトーギ梶A徳田工業梶A中洲電機梶A鍋屋バイテック
    長谷虎紡績梶Aハビックス梶A菱電エレベータ施設梶A鞄立アイイイーシステム、藤沢工業梶A
    未来工業梶A潟<Cエレック、名光電気工事、明治製菓滑阜工場、明徳産業梶A名菱テクニカ梶A
    潟<jコン関工場、森松工業

【進学】(50音順)
  • 四年制大学
    愛知学院大学、愛知工業大学、愛知東邦大学、岐阜大学、岐阜経済大学、岐阜聖徳学園大学、大同大学、
    中京大学、中部大学、東海学院大学、東海学園大学、東海職業能力開発大学校、名城大学
  • 短期大学・専門学校
    岐阜保健短期大学、専門学校HAL、中部美容専門学校、東海興業専門学校、
    東京法律専門学校、名古屋医療専門学校、名古屋工学院専門学校、名古屋コミュニケーションアート専門学校、
    名古屋情報メディア専門学校、名古屋ビューティーアート専門学校、平成看護短期大学校

最新の取り組み

令和3年2月11日 冷凍空気調和機器施工講座 new

 キャリアアップ事業として、冷凍空気調和機器施工講座を若年者技能者人材育成支援等事業ものづくりマイスター制度により、講師として濃尾エンジニアリング 小倉様のご指導で開催しました。空調機の基本的な知識や技術、技能を、第2種電気工事士の資格を取得した電子科2年生を中心に行い、将来の進路選択肢を広げるため、空調機の基礎と家庭用ルームエアコンの施工について学びました。今後はさらに高度な専門的な技術指導を受け、後の冷凍空気調和機器施工検定取得を目指したいと思います。


令和3年2月4日 進路体験発表会

 電子科3年生の代表生徒が、半年後に控える後輩の進路実現に向けて進路選択から内定(合格)に至るまでに努力してきたことや苦労したことなど電子科2年生に向けて発表しました。
 2年生の生徒は、間近に控える進路について、メモを取りながら真剣に聞き入り、今現在自分が目指している仕事はどのような業務なのかをこの時間を通して考えるとともに、わからなことや疑問に思うことを質問し、今後に生かせる会になりました。

進路状況(就職・進学)
就職先
《学園生》アイシン精機梶A潟fンソー、トヨタ紡織
《一般職》パナソニック潟Aプライアンス社、イビデン梶Aトヨタ車体精工梶A岐阜NDS梶A岐阜車体工業梶A大阪シーリング印刷梶A三菱電機活沢製作所、中央ビルテクノ梶A三菱電機ビルテクノサービス樺部支社、明徳産業梶A鞄立ビルシステムエンジニアリング、潟ニメック、東芝エレベータ樺部支社、アピ梶A菱電エレベータ施設梶A大東梶A潟fンソーワイズテック、アプロ通信梶A東朋テクノロジー梶A芥ozumi加藤精密、ジャパンエレベーターサービスホールディングス
進学先
《大学》中部大学(ロボット理工学科)、岐阜協立大学(公共政策学科)、東海学院大学(健康福祉学部)
《専門学校》トライデントコンピュータ専門学校、ベルフォートアカデミーオブビューティ、名古屋工学院専門学校、専門学校HAL、総合学園ヒューマンアカデミー

令和3年1月14日 中部大学 工学部ロボット理工学科 教授 藤吉弘亘 様によるロボット制御及びプログラミング講座

 キャリアアップ事業として、中部大学 工学部ロボット理工学科 教授 藤吉弘亘 様によるロボット制御講座を開催し、電子科1年生が受講しました。ロボットに関する知識が十分にない生徒にとって、自動車やデジカメで使用されている物体認識の紹介や実用化されつつある自動運転の研究概要、画像認識手法の仕組みと画像認識技術を取入れる上での注意点など紹介していただきました。また実際にロボットに触れプログラミングすることにより、生徒のものづくりに対する興味や関心が今まで以上に高まる有意義な体験ができました。今回の講習会においてLEGO Mindstorms EV3を2セット寄贈していただきました。ロボットプログラミングや将来のロボット人材の育成のために活用をさせていただきます。


令和2年12月10日 岐阜労働局主催 若年者地域連携事業 令和2年度中小企業見学会実施

 電子科2年生が、三菱日立ホームエレベーター株式会社並びに株式会社エイエムディ自動機へ職場見学に出かけました。毎年5月に実施されている企業見学や夏休みに実施されるインターンシップが新型コロナウィルスの影響により今年は実施できず、進路決定に向けて重要なキャリア教育となる見学会となりました。実際の現場や作業環境を間近で見させていただき、ものづくりに対する興味や関心が今まで以上に高まるだけでなく自分たちの将来の夢に近づく有意義な機会となりました。
 三菱日立ホームエレベーターでは、高齢化や3階建て住宅の増加に伴い暮らしの必需品となりつつあるホームエレベーターの駆動装置から意匠パネル、構造部品や制御システムに至るまで材料の搬入から出荷までライン化された工場を見学させていただきました。
 エイエムディ自動機では、主に自動車部品の自動組立システムの設計や製造がが行われており、授業や実習で学ぶ電気回路やシーケンス制御の大切さを学ぶことができました。
 入社2年目の電子科OBが担当されているバルブの自動組立システムの動作と説明を受け、自分の働く将来像と重ねることのできる良い機会となりました。 今回見学させて頂いた2社の社員の皆様、今回の貴重な見学会をコーディネートしてくださった東京リーガルマインド株式会社様にも感謝いたします。ありがとうございました。


令和2年6月26日 電子科3年生を対象に、卒業生と語る会を実施しました。

 本校を平成30年度に卒業され、社会人2年目となる先輩方3名と大学に進学された先輩1名をお招きし、会社の概要や仕事の内容、また進学された先輩にはなぜ進学したのかや高校時代の進路先決定への流れ、社会人になるための心構えなど、たくさんのお話をしていただきました。
 生徒たちは間近に控える進路について、真剣に話を聞き、今現在自分が目指している仕事はどのような業務なのかをこの時間を通して考えることができました。
 卒業生の皆様には、このコロナウィルス感染拡大が騒がれる中、防止対策を万全にして後輩の力になろうと遠路はるばる来校しアドバイスをしていただきありがとうございました。


令和元年8月30日 計算技術検定1級全科目満点合格で特別表彰受賞!

画像をクリックすると拡大します。

 電子科の3年生、浅野 右京君が全国工業高等学校校長協会主催の計算技術検定1級を受検し、全科目満点合格で特別表彰を受賞しました。
 計算技術検定は、1年生で初めてチャレンジする資格です。
 1級の合格率は今回は約22%で、全科目満点合格は全国で7名しかいません。
 1級では「方程式とその応用」「ベクトルと体積・面積」「統計処理」の3科目受検します。1級は関数電卓の使い方だけでなく、数学的知識が必要となります。
   
平成30年10月05日 ETロボコン2018  ガレッジニア部門に出場します。

画像をクリックすると拡大します。

 電子科の3年生課題研究と電子研究会でETロボコン ガレッジニア部門に出場するロボットを製作しました。
 出場チームは19チームで高校生の出場は岐南工業高校1チームのみです。ビデオ審査により全国大会出場チームが決定します。
 審査は、一般審査員(YouTubeが視聴可能な環境がある方)とビデオ審査員による審査があります。生徒の製作したロボットの動画を閲覧していただいて、良いロボットなら「いいね」をお願いします。
 ロボットの概略     (pdfファイル)
 ETロボコンホームページ (外部サイト)
 
平成30年10月05日 中学生1日入学 マイクロビット 実習プログラムを掲載します。

画像をクリックすると拡大します。

 10月2日・3日に行われた。中学生1日入学のマイクロビットの実習問題1〜9・応用のボール拾いゲームのプログラムです。
 マイクロビットはインターネット上であれば、プログラムを動かすことができます。
 プログラムの解説はこちらから(pdfファイル)
 プログラムのダウンロードはこちらから(zipファイル)
 ※右クリックして対象ファイルを保存をしてください。
  解凍ソフトで圧縮ファイルを解凍してください。
 
平成30年7月05日 小学生「親子ロボット大会」を開催します。

画像をクリックすると拡大します。

 11月4日(日)(公開学校祭)に、小学生「親子ロボット大会」を開催します。
 岐阜市内小学5・6年生を対象として、ロボット「レゴマインドストーム NXT」を大会まで無償貸出し、4回の講習会を経て大会に出場していただきます。
 詳細はこちらから(pdfファイル)
 応募申込みは下記リンクより(外部サイト)
https://goo.gl/forms/pB3CM9L5ASBZThA72
 
平成30年6月01日 1年生電子実習・マイクロビットの実習を行いました。

画像をクリックすると拡大します。

 電子科では、PICのマイコン制御実習やレゴ・マインドストームを使用したロボット制御実習等を行っています。
 今年度より、制御実習の導入段階として、マイクロビットを用いた制御学習を行っています。ブロックでプログラムを作成するのでプログラミングが苦手な方も簡単に操作ができます。
 スイッチを押すとLEDが点滅するなど、課題に沿ったプログラムを組みました。
平成30年5月22日 電子実習の様子

画像をクリックすると拡大します。

 はじめに、職員室前の廊下に整列をし、身だしなみ点検を行います。実習の中には、工具や工作機械を使用する実習もあります。その為に、実習服を着こなしているか2人ペアで点検を行います。
 その後、各実習室に移動し、実習を行います。
 最近行った実習では、1年生は、実習のオリエンテーションやレポートの書き方を行っています。
 2年生では、各パートに分かれて、マイコン制御・シーケンサー実習・計測実習・パソコン実習を行っています。
 3年生では、全員でラジオの製作を行いました。高周波の回路を回路図からプリントパターンCADに回路を作成して、基板作成を行い、はんだづけを行っています。
平成30年4月13日 学科集会

画像をクリックすると拡大します。

 電子科全学年の生徒が格技場に集まり、先生方の話や生徒代表の話、1年生の自己紹介を行いました。
平成28年1月12日 電子科の設備紹介

画像をクリックすると拡大します。

 平成28年12月にコンピュータ実習室に新システムが導入されました。
詳細[pdf]

各学科のページはこちら

機械科 自動車科 電気科 電子科 建築科 土木科