Home 学科の特色 中学生の方へ 卒業後の進路 取得できる資格

         


                                                                                                               

生徒の活躍をのぞいてみよう!

岐工テラス(2021.9.10)

  
昨年度の建設工学科3年生が課題研究で制作した、[岐工テラス]を多くの人が利用してくれています。今年の3年生は、芝生の育成やテラス拡幅・屋根の制作に取り組んでいます。
 

空宙博における岐阜工業高校ものづくり見本市(2021.8.11)

  
岐阜かがみはら航空宇宙博物館で、本校各科による体験ブースが作られ、予約された方など来訪された方が参加された。建設工学科では、Miniドローンを操作し設定された関門をクリアーする体験を行いました。
 

高校見学会(2021.8.2)

  

高校見学会では、建設工学科を知ってもらうため、重機の操作実演やMiniドローンの操作やタブレットを使った図面作成を行いました。多くの中学生の方が体験し、本校生徒と交流できました。
 

笠松町親子教室(2021.7.29)

  
笠松町の小学生と保護者の希望者に親子で木工工作をしていただきました。準備したのは、「組手什」で、それぞれが作りたいものを考え、初めて使うのこぎりやのみを使って製作しました。慣れないところは、本校の生徒がお手伝いしました。
 

インターンシップ(2021.7.26)

  

2年生のインターンシップを実施しました。
生徒にとっては、初めて接する企業の方たちで、見るものすべて初めてで、企業の方々に丁寧に対応していただき貴重な経験でした。

企業見学会参加(2020.12.15)

  

建設工学科2年39人の生徒が、岐阜県商工労働部主催の企業見学会に参加しました。見学先は、西濃建設株式会社で、東海環状自動車道の大野神戸ICの現場で雪の舞う中、企業の方や国土交通省の方から工事の概要を伺い、貴重な現場見学ができました。

第20回工業高校生ものづくりコンテスト(岐阜県大会)(2020.12.12)

  

国際たくみアカデミーで行われた大会に、建設工学科からは測量部門に太田星輝君、杉山萌人君・山田友宏君の2年生グループが参加。結果は3位(優秀賞)でした。また、木材加工部門に参加した、中島涼々花さん(2年)は4位(敢闘賞)でした。

美濃橋見学(2020.12.4)

  

建設工学科2年土木類型の20人の生徒が、株式会社東亜製作所主催の現場見学に参加しました。美濃橋は、岐阜県美濃市の長良川にかかる人・自転車専用の吊橋で、現存する最古の近代吊橋であり、2003年に重要文化財に指定された橋です。現在、改修中で改修工事に携わる方の説明と美濃市の方から説明を受けました。

BIMの講座(2020.11.10)

  

3年生の課題研究の授業で、6名の生徒がBIMの研究を行っています。今回、地域協働講の研究テーマでもあり、近隣の設計事務所の有限会社ボイスの協力で講師として3回の講座をしていただきました。 

コンテスト受賞について(2020.11.7)

  

建設工学科3年建築類型の岩田夏帆さんが、岐阜女子大学主催の第十二回わたしの住まいリフォーム・デザイン案コンテスト2020で優秀賞(技術・デザイン部門 )を受賞しました。岩田さんの案は岐阜女子大学家政学部生活科学科住居学専攻のHPで見ることができます。

高校見学会(2020.10.31-11.1)

  

本校で高校見学会が行われました。当日は、朝から多くの中学生の方や保護者の方が来られ、
建設工学科では、女子生徒による重機の実演やドローン操縦体験やCADの実演や材料試験などを行い、来場者の質問に答えていました。     

測量実習「ストップ!コロナ」地上文字作成(2020.10.29)

  

建設工学科3年土木類型16名が、現況測量を応用し校内に地上文字を作成しました。文字は、「ストップ!コロナ」と描き、文字の字画のポイントとなる位置をトータルステーションを使って求め、白く描き、上空からドローンを使って撮影しました。一日も早く安心した日常が戻ることを願う生徒の思いが届くことを願います。
 

現場見学会(2020.10.21)

  

地元建設企業の「加藤組」のご厚意により、「岐南中学校南道路改良工事」を建設工学科2年土木類型20名の生徒が見学しました。土木工事の重要性と仕事の大変さを実感しました。

2級建築士試験製図講座(2020.10.7)

  

建築士法が改正になり、工業高校卒業年に2級建築士試験が受けられるようになったことで、在学中に2級建築士試験の製図課題の取り組み方について、外部講師を招き講座を開いていただいています。生徒は真剣に取り組んでいます。

和田邸見学(2020.9.23)

  

地元笠松町にある、登録有形文化財に指定されている和田邸が初めて公開されるにあたり、
建設工学科2年の建築類型19名の生徒が参加しました。昭和初期に建てられた住宅で、当時の大工技術の高さに感銘を受けていました。

建方実習(2020.9.16)

  

建設工学科3年建築類型23名で、校内で建方実習を行いました。それぞれの作業分担を責任をもって行い、全員の力で軸組を完成しました。
 

小型建設系車両運転特別教育実施(2020.8.19-20)

  

建設工学科26人、デザイン工学科2名、設備システム工学科8名が2日間に渡り講習を受けました。大きな機械ですが、安全教育を含め操縦スキルをしっかり身に付けていました。

ドローン操縦体験教室(2020.8.17)

  

各務原航空宇宙博物館にて空宙博企画展「ドローンが開く未来」でドローン操縦体験教室があり、課題研究で「ドローン研究」を行う3年生7名がボランティアスタッフとして参加しました。

女性のための建設現場見学(2019.8.26)

  

岐阜県建設業協会主催の「女性のための建設現場見学会」に1年生3名、2年生2名が参加しました。

   

ものづくりコンテスト東海大会 測量部門(2019.8.22)

  
県大会を勝ち上がり、愛知総合工科高校で行われた、東海大会に出場。結果は3位でした。
 

土木施工管理技術検定講習会(2019.8.19-20)

  

講師の先生をお招きし、県下の工業高校3校の土木系の生徒が、2日間講習をしていただきました。

クレーン 玉掛け講習会(2019.8.7-9,13-15)

  

那加クレーンセンターで、クレーンと、玉掛けの資格を取得しました。

 

インターンシップ(2019.7-8)

  

夏休みの期間に、各企業で色々な体験をさせていただきました。
将来就きたい職業について考えることが出来ました。

   

ものづくりマイスター派遣事業(2019.8-11)

  

大工技能のマイスターさんに来ていただき、実技指導をして頂きました。

 

夏の高校見学(2019.7.30-8.1)

  

多くの中学生が見学に来てくれました。
10月の一日入学では木工とドローンの体験授業をします。是非ご参加ください

   

ISO9001(品質マネジメントシステム)(2019.7.22-24)  

講師の先生をお招きし、建設工学科、設備システム科、化学技術科の生徒が、2日講習をしていただきました。

   

笠松町夏の親子教室(2019.7.22-23)

  

地域の方たちと、木工工作教室を行いました。

     

卒業生と語る会(2019.6.7)

  

進学・就職した卒業生4人を招き、3年生に経験を話してもらいました。

 

課題研究発表会が行われました

  

 1月31日(木)に課題研究発表会が行われました。3年生が1年間それぞれのテーマについて研究し、その成果を1,2年に向けて発表しました。テーマは下の4つです。

・校内整備
・大阪城の模型製作、製図コンクール
・東京スカイツリー模型製作
・笠松町連携事業 まちの駅プロジェクトについて
◎詳細はこちらをクリックしてください。

3年生は3年間で学んだことを活かし、課題研究に取り組むことができました。1,2年生も真剣に発表を聞く姿が見られ良い発表会になりました。

 

キャリアステーションを開催しました

  

  12月13日(木)に本校にてキャリアステーションを開催しました。笠松中学校から中学生が来校し、建設工学科の授業を受けました。
テーマは「ドローン」です。建設とドローンの関係ですが、上空から工事現場の撮影をすることで、点検や進行確認、測量をすることができます。今回の授業では全員で「かさまるくん」と「かさまるちゃん」に色紙を貼って、上空からドローンで撮影をしました。その後、ドローンの操作体験をしました。

 

ものづくりコンテスト が行われました

  

   11月17(土)〜18日(日)に本校にて「第18回高校生ものづくりコンテスト全国大会 測量部門」が行われました。建設工学科から3年生の片桐巧君、片桐悠君、2年生の山田君が参加しました。この3名は県大会3位、東海大会2位という好成績を残し全国大会に出場しました。残念ながら入賞まで届きませんでしたが、全国の強豪校の選手たちと競うことができ、とても良い経験になりました。

12月8日(土)に国際たくみアカデミー(美濃加茂市)にて「第18回高校生ものづくりコンテスト岐阜県大会」が行われました。建設工学科では、測量部門と木材加工部門に参加しました。
測量部門では建設工学科2年生の市橋君、山崎君、山田君が優秀賞、木材加工部門では栗山君が敢闘賞、小池君が国際たくみアカデミー校長賞をいただくことができました。数ヶ月間、毎日練習に取り組んできた成果を出すことができ、参加者全員が入賞をするという素晴らしい結果になりました。測量部門で優秀賞を獲得した3名は来年度開催される東海大会に出場します。今後の活躍に期待します!

外業風景 外業風景 3位おめでとう!  

課題研究発表会がありました

 

  3年生が課題研究で一年間研究した成果を1,2年生に向けて発表しました。

 
発表の様子 発表の様子 発表の様子

H29.1.26



ものづくりコンテスト県大会で飛躍

  

   12月10日(土)に美濃加茂市にある国際たくみアカデミーで第16回高校生ものづくりコンテスト岐阜県大会が行われました。建設工学科からは測量部門と木材加工部門に参加し、測量部門で建設工学科2年生の黒田君、塚田さん、年コ君が敢闘賞、木材加工部門では同じく小野君が最優秀賞、今田君が奨励賞をいただくことができました。大会に向けて数ヶ月間にわたり練習技術を磨き、当日はそれぞれの力を発揮することができました。今回、木材加工部門で最優秀賞を獲得した小野君は来年度開催される東海大会に出場します。これからの活躍に期待!   

   測量部門は、早く・正確に測定できるかを競います。3人1組で行われ、チームで協力することが重要になります。放課後の凍えるような風が吹き荒れ、陽が落ちる時間と闘いながら練習に励みました。本番では力を出し切り、3位の敢闘賞をいただきました。

  
外業風景 外業風景 3位おめでとう!  

   木材加工部門では軒先の一部を製作し、加工の丁寧さや精度を競います。練習の間は一人10台程度作り上げ、放課後や休日も練習に励みました。その結果、競技選手の16人中1位の最優秀賞と4位の奨励賞をいただくことができました。参加した2人共に賞状を手にすることができました!

  
加工風景 組立風景 1位&4位おめでとう!   

H28.12.16



ものづくりコンテスト【測量部門】東海大会!

  

   8月23日(火)に高校生ものづくりコンテスト【測量部門】が岐阜県立可児工業高等学校で行われました。測量部門は、早く・正確に測定できるかを競います。生徒たちは5月頃から練習を始め、当日に向けて技術を磨いてきました。競技内容は、実際に測量機を使用し土地を測る外業と測定した値を計算する内業とあり、測定した値の正確性と計算する速さが重要になります。
大会当日では、残念ながら全国大会には繋がりませんでしたが、3位に入賞することができ賞状をいただきました!
          

生徒のコメント

濱村さん
 暑い日も寒い日も、放課後練習を続けてきたおかげで良い結果が残せました。なにより楽しかったです。

酒井くん
 たくさんの人たちに支えられていた気がします。応援してくださった方々、ありがとうございました。悔いが残りますが、僕らの後輩には頑張ってもらいたいです。

磯部さん
 東海大会に向けて、今年度の5月から練習を続けてきました。放課後や夏休み中、毎日の練習はとても大変でした。しかし、指導してくださった先生など多くの人たちに支えられて、最後まであきらめずにやり遂げることができました。

  
外業 3位入賞! 講演会  

H28.8.23



   

福祉住環境コーディネーター検定合格に向けた出前授業が行われました

     

  福祉住環境コーディネーター検定を受験する生徒を対象に、笠松町福祉協議会の方に出前講座を行っていただきました。福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を整備する職業です。生徒は介護の実態や高齢者の住まいについて学び、車椅子や歩行器の実物を使用して、体験的な授業をしていただきました。          

  
講習風景1 講習風景2 講習風景3   

・実際に車椅子体験をし、介護はものすごく体力が必要なんだと体感しました。

  
講習風景4 講習風景5 講習風景6  

・車椅子にも種類があり、初めて見る介護用具ばかりでした。

  

H28.6.15/17



建設業経理事務士 3級特別研修会が行われました

  

  講師の方に来ていただき、1月4日〜6日の3日間で特別研修会が行われました。講師の方の分かりやすい解説で、受講者全員が合格しました。

  
講習風景1 講習風景2 講習風景3  

H28.1.4/5/6



ものづくりコンテスト県大会がありました

  

  ものづくりコンテストの技術アイデアコンテスト部門・測量部門・木材加工部門に参加しました。

  

  技術アイデアコンテストは、最優秀賞を受賞しました!ミニキッチンの製作をテーマとし、設備システム科と共同でプロジェクションマッピングを用いた発表をしました。ただのキッチンではありません。場所を選ばず、安全に遊べるために電動ポンプを使わず、アルキメデスポンプの原理を応用し、手動で水を汲み上げる構造です。このミニキッチンは、夏休み中に東北の保育園へ持って行きました。

  
プレゼン 受賞 ミニキッチン  




  測量部門では、夏休み中から練習を開始しました。測量は外で行うため、放課後の日が沈み始める薄暗い中、何度も練習を重ねました。測定→計算を3人で行うため、誤差が少しでも縮まるように頑張りました。そして大会当日は優秀賞の2位をいただき、東海大会の出場権をつかみました!

  
計測1 計測2 受賞  




  木材加工部門では、原寸サイズの木材を用います。与えられた図面を見ながら木材に墨付け、加工を施し、組立てという一連の流れを競技します。日頃の練習が結果に繋がるので、放課後や休日に練習を積み重ねました。賞はいただけませんでしたが、時間内に作品を完成することができました。

  
加工過程 組立過程 閉会式  

H27.12.12



一日入学体験がありました

  

  一日入学では多くの中学生に来ていただき、岐工・建設工学科の実習内容を体験してもらいました。生徒が主体となったプレゼンテーションや、コンクリートの試験ピースを圧縮する強度実験を披露しました。中学生の方々には、実際にのこぎりやげんのうを使ってミニすのこを製作し、木材加工の楽しさが伝わったと感じました。

  
生徒によるプレゼンテーション コンクリート圧縮試験 建設系雑誌で建設を知る  

H27.10.6



ものづくりコンテスト練習会がありました

 

  たくみアカデミーにて12月に開催するものづくりコンテストの練習会が開かれました。岐阜県内の工業高校から生徒が集まり、講師の方々に木材加工の技術を教わりました。他校の生徒同士でもお互い教え合いがあり、刺激のある練習会となりました。

 
墨付け 加工 評価

H27.10.3



高校見学会がありました

  夏の高校見学が開かれました。中学生のみなさんに来ていただきました。重機を使った掘削や鉄筋引張試験など、専門的な実習を建設工学科の生徒が披露しました。

 
継手 ユンボ 鉄筋引張  

H27.7.30/31/H27.8.2