Home Denshi Topics 中学生の方へ 企業の方へ 電子科の紹介 卒業後の進路 取得できる資格 よくある質問
              
電子科の紹介
生活を支えている 3つの技術
 
 身近な電気製品をはじめ、携帯電話やスマートフォンそして自動車、鉄道、飛行機にいたるまで、この3つの技術のおかげで私たちは快適な生活を送ることができています。この3つの技術を中心に電子科では学習をします。
 

身近な電気製品、スマートフォン、ゲーム機には基板が組み込まれています。

これらの設計・開発・組立てを行うのが「電子技術」です。

両面基板はんだ付け実習 電子回路解析実習

地デジ放送できれいな映像が見れる。

光ファイバーインターネットで、情報を収集する。

これらを可能にしているのが「通信技術」です。

クラウドコンピューティング実習 光ファイバー融着実習

テレビのリモコンで、チャンネルを変えることができる。

エアコンが設定温度で自動的にOFFになる。

これらが「組込み技術」で、プログラムで制御されています。

RaspberryPI実習 Pepperロボアプリ開発実習
 
スキルを高める 3つの資格
 
 電子科では在学中にたくさんの資格を取得できます。中でも次の3つの資格取得に力を入れており、その合格率は全国トップクラスです。
 

【国家試験】

技能検定電子機器組立て2級・3級

 はんだごてや工具を使い、指定時間内に電子機器(省エネコントローラー)を組立てます。

 そのスキルは航空機や自動車、電気製品の設計・開発・組立てに必要であり、産業界からのニーズは高いものがあります。

【国家試験】

工事担任者 総合種・DD(デジタル)・AI(アナログ)

 電話線工事、LAN工事などは資格がないと施工(工事)ができません。その種類もデジタルとアナログに分かれており、どちらも取得することができます。

 通信系の工事会社では必ず必要になる資格で、取得後は「即戦力技術者」として活躍できます。

【国家試験】

基本情報技術者・ITパスポート試験

 コンピュータがない世界は、もはや考えられません。それを支えるのがコンピュータ技術者です。

 物事を論理的に考え、よりよいコンピュータ社会を構築していくために、そのスキルの証明となる資格です。

 
資格試験対策勉強会 技能検定(はんだ付け)の練習
 

▶ 資格取得についてはこちらのページもご覧ください

 
社会へ羽ばたく 3つの進路
 
 電子科では就職、学園生、進学など、希望に合わせて多くの進路が実現できます。
 

 地元企業を中心に、航空機産業・自動車産業・通信産業・コンピュータ産業など、日本の未来を支えます。

アシストプラス アプロ通信 各務原航空機器
川崎重工業航空宇宙
システムカンパニー
川重岐阜エンジニアリング 川重岐阜サービス
岐阜電話施設 Gyt タイム技研
タクテックス 中部電力 和光通信

 企業内の学校(学園)で半年〜1年間の教育を受けて、現場に配属をされます。もちろん給料がもらえます。高校卒でありながら大学卒、大学院卒と肩を並べて仕事ができます。

 回路設計や品質管理など技術部門に配属されます。

アイシン精機 アイシン・エイ・ダブリュ 愛知製鋼
キヤノン デンソー 東海理化電機製作所

 工業系四年制大学、大学校、専門学校など、幅広い分野に進学しています。

 指定校推薦やAO入試などを利用して入学します。

愛知工業大学 大同大学 中部大学
中京大学 名城大学 トライデント専門学校
岐阜大学 豊橋技術科学大学 東海職業能力開発大学校
 

▶ 進路についてはこちらのページもご覧ください

 
パンフレットダウンロード
   学校見学会等で配布しているポスター、校内に掲示してあるポスター等を見ることができます。