沿革

昭和14年3月第一工業学校の第二本科として設置。機械科・応用化学科が開設。
昭和23年4月新制度により岐阜工業高等学校となり、定時制課程(修業年限4年、夜間授業)に機械科・工業化学科の2学科が設けられる。
昭和26年3月紡織科を増設
昭和27年3月電気科を増設
昭和48年4月紡織科を繊維工学科に改称
昭和51年4月工業化学科の募集停止
昭和52年4月繊維工学科の募集停止
平成3年4月機械科・電気科の募集停止.代わって、工業技術科2クラス募集
平成6年4月定時制課程、工業技術科1クラスになる
平成10年4月単位制に移行