1年生理数科の活動(令和元年度)
平成30年度の実施事業はこちら

※画像をクリックすると拡大します。
 
レポート展示1 レポート展示2
課題研究:城陵祭自由研究レポート展示 8月31日(土),9月1日(日) NEW!

 夏期休業中に行った自由研究のレポートを、城陵祭文化の部の2日間サイエンスホールに展示しました。今後の探究活動に向けて歩みを進めることができました。2,3年生の課題研究についての展示も併せて行いました。

縄文博物館1 縄文博物館2
SSR:サマーサイエンスセミナー3日目 7月27日(土) NEW!

 3日目は若狭三方縄文博物館と琵琶湖博物館の見学をしました。若狭三方縄文博物館では、学芸員の方による世界基準にもなっている年縞についての講義を受け、ガイドの方による解説を聞きながら館内見学をしました。琵琶湖博物館では、ワークシートを記入しながら見学をしました。
◆生徒の感想◆
・水月湖が世界から注目されるレベルの年縞だと知って驚いた。
・縄文時代の人々は、科学が発達していない中で生活の知識として非常に高度な技術をもっていたところがすごいと思った。
・普通に生きていると未来を考えがちだが、縄文時代の人々の生活を見ることができて感謝を感じる良い機会になった。
・社会や時代背景が自然にどう影響するかということなども知れて良かったし、少しでも自然を守っていかなければならないと思った。
・様々な面から琵琶湖を見られてすごく充実していた。特に、水族展示は生き物たちの生き生きとした姿が見られて良かった。

   海藻実験 ウニの受精実験 大学生との交流会
SSR:サマーサイエンスセミナー2日目 7月26日(金) NEW!

 2日目は福井県立大学の協力のもと、実際に大学生が実験を行っている実験室で海藻実験とウニの受精実験をさせていただきました。福井県立大学の先生方と、TAの大学生の皆さんから直接指導していただき、日頃の授業で学習した分野を実際に目で確かめることができました。実験後に大学生との交流会の時間を設け、大学生活や受験についてなど多くの話を聞くことができました。
◆生徒の感想◆
・海藻によって色素の種類、数が違うのを実験で見て、生きていくのに様々な進化を遂げていくということを知った。
・今後海に行く機会があれば、海藻などに注目して今回の実験のことを思い出しながら見てみたい。
・生き物と言えば成長した後の姿を想像するが、顕微鏡でしか見えない世界を見て生命の神秘を感じた。
・実験のためにウニを使って、生き物の命を使っているのでこれに限らず実験は貴重だと思った。
・気になっていることをたくさん聞けたし、高校でのおすすめの勉強法も教えてもらった。
・「大学選び」は「やりたいこと選び」であり、自分の好きなことがやりたいことにつながって、その途中経過に大学があると教わった。

   磯採集 プランクトン観察1 プランクトン観察2
SSR:サマーサイエンスセミナー1日目 7月25日(木) NEW!

 1日目は海浜自然センターにて、磯採集とプランクトン観察を行いました。磯採集ではウェットスーツを着用し、海の生き物を捕まえ観察しました。プランクトン観察では所員の方の解説の後、実際にプランクトンネットを使用して海水を採集し顕微鏡で観察しました。
◆生徒の感想◆
・生物それぞれの生き様を見て実感できて良かったし、あれだけの範囲にあんなに多くの生物がいて生活できていることに驚いた。
・プランクトンにも種類があり、それぞれ自然界において重要な役割を果たしていると分かった。
・ただ観察するだけではなく、自分たちで採集してから観察できて楽しかった。

   防音班 直翅類班 ダイラタンシー班
課題研究:岐阜県合同課題研究発表会 見学 7月11日(木) NEW!

 3年生の課題研究発表会を見学しました。この日は岐阜県フラッグシップハイスクール指定校も参加した岐阜県合同課題研究発表会となっており、先輩の発表だけでなく岐阜高校、岐山高校、大垣東高校、吉城高校の代表生徒による発表も見学しました。
◆生徒の感想◆
・どの発表者も楽しんで研究していることが伝わってきた。
・身の回りで起きている現象が実験されていて、動機がおもしろいと思ったし、着眼点がすごいと思った。
・自分たちがどのくらいのレベルのものをこれからやっていかなければならないかの基準になった。

ディベート1 ディベート2
SSL:ディベート~立論~ 7月2日(火) NEW!

 これまでディベートの流れ、理由と具体例、アタックの作り方を学んできました。この時間は立論について、立論の構造を知り、構造に従って立論をつくる手法を学びました。

探究基礎講座Ⅱ1 探究基礎講座Ⅱ2
探究基礎講座Ⅱ~生物~ 7月2日(火)

 生物の探究基礎講座Ⅱでは「方形区画法による植生調査」を行ない、フィールドワークを体験しました。70センチ四方の枠を設置してその内側を標本として調査し、実験室に戻って図鑑から植物を特定しました。

探究基礎講座Ⅱ1 探究基礎講座Ⅱ2
探究基礎講座Ⅱ~化学~ 6月25日(火)

 化学の探究基礎講座Ⅱでは「未知の粉」という実験を行っています。実験結果から、三角ロジックを用いて結論を導き出し、5種類の粉末の同定を通して、探究の手法を身に付けることを目的としています。

探究基礎講座Ⅱ1 探究基礎講座Ⅱ2
探究基礎講座Ⅱ~物理~ 6月18日(火)

 物理の探究基礎講座Ⅱでは「紙コップの不思議」を行なっています。探究活動の方法を学ぶことを目的とし、仮説を立てて実験し、得られた結果から考察を行う流れを繰り返します。論文を意識したレポートのまとめ方までを身に付けます。

   生命科学セミナーⅠ1 生命科学セミナーⅠ2 生命科学セミナーⅠ3
SSR:生命科学セミナーⅠ 6月11日(火)~13日(木)

 大腸菌への遺伝子組換え実験を行い、紫外線で光る大腸菌をつくりました。省令で定められた拡散防止措置をとったうえで実験することを理解しました。この生命科学セミナーⅠは普通科でも実施する予定です。
◆生徒の感想◆
・大学でやるようなことを高校1年生でできて、貴重な経験になった。
・自分たちで予想を立てて実験をして、結果を見て考察ができて、より実験に興味を持った。
・うまくいった時の達成感や結果を自分の目で見たときの嬉しさは中学時代とは比べ物にならないものでとても良かった。

探究基礎講座Ⅰ1 探究基礎講座Ⅰ2
課題研究:探究基礎講座Ⅰ~生物~ 6月11日(火)

 生物の探究基礎講座Ⅰでは寒天培地の作り方・マイクロピペットの使い方・PCRと電気泳動装置について学び、生物の課題研究で必要な基本操作を理解しました。次週からは探究基礎講座Ⅱが始まります。

探究基礎講座Ⅰ1 探究基礎講座Ⅰ2
課題研究:探究基礎講座Ⅰ~化学~ 5月28日(火)

 化学の探究基礎講座Ⅰでは「銅元素の保存」の実験を行っています。この実験を行うことで、白衣の着用、溶液の取り方・量り方、液体の加熱法、ろ過の仕方など、実験の基本操作を学びました。

探究基礎講座Ⅰ1 探究基礎講座Ⅰ2
課題研究:探究基礎講座Ⅰ~物理~ 5月21日(火)

 物理・化学・生物の各分野において実験を1時間ごとに行い、機器の扱い方やレポートの書き方を学ぶ「探究基礎講座」が始まりました。今後課題研究を行う上で大切なことを、基礎的な実験によって身に付けていきます。物理では「落下運動」の実験を行ないました。実験を繰り返し行ない、データの正確な読み取り方とまとめ方を学びました。

ディベート1 ディベート2
SSL:ディベート① 5月21日(火)

 1年次では論理的に「議論する」ことを身に付けていき、2年次でその手法を論理的に「書く」ことにつなげていきます。ディベート学習初回のこの日は、テーマを聞いて思い浮かぶことをアイデアマップに書き込んでいき、それを基に意見をまとめてピンポンディベートを行いました。

SSH開講式記念講演会1 SSH開講式記念講演会2
SSR:SSH開講式記念講演会 5月14日(火)

 光ファイバーの第一人者で、本校同窓生である末松安晴先生(東京工業大学栄誉教授)による講演会を開催しました。「つながる世界」を支えるデジタル・システムという演題で、科学技術について歴史と関連付けながら熱く語ってくださいました。とりわけ科学技術の発展については大変興味深く、様々な視点から活発に質問する姿が見られました。末松先生からも今年は質問の質が高いですねとお褒めの言葉をいただきました。
◆生徒の感想◆
・自分のやりたいことを周りの人に伝える重要性と、逆境の中でもくじけずに自分の決めたことをやり通す大切さを学びました。
・どの研究も誰か一人ではなく何人もの人が関わりあって成功していることを知り、仲間を互いに尊重しあい助け合いの精神を持って過ごしていこうと感じました。
・未来は私たちがつくるという話を聞いて、改めて人ごとではないなと思いました。高校生のうちにたくさん勉強して自分の興味のあることを見つけて、その分野で社会に貢献したいです。

論理的思考Ⅰ1 論理的思考Ⅰ2
SSL:論理的思考Ⅰ 5月8日(水)

 本校英語科の教諭による講義「論理的思考Ⅰ」(オールイングリッシュ)を行ないました。三角ロジックを用いて自分の意見を論理的に相手に伝える手法とその重要性について学びました。例題に沿って英語で対話をするペアワークも積極的に取り入れた参加型の講義となりました。

ディベート見学1 ディベート見学2
SSL:模擬ディベート見学(公開授業) 5月8日(水)

 理数科2年生の生徒による模擬ディベートを見学しました。1年次のディベートの授業で決勝戦まで残った10名がディベーター・ジャッジ・タイムキーパーに分かれ模擬ディベートを披露し、1年生は自分がジャッジだったらどうかという視点でメモを取りながら見学しました。1年間で学んだ成果を目の当たりにし、論理的思考力の必要性を実感するとともに、これから学んでいく意欲につながりました。また校内の多くの先生方も、見学に参加されました。

SSHガイダンス1 SSHガイダンス2
SSHガイダンス 4月16日(火)

 オリエンテーションの次はSSHガイダンスを行ないました。これまでの恵那高校のSSHについて知り、先輩のSSHの活動の様子からこれから3年間で自分たちが目指す姿について確認しました。

オリエンテーション1 オリエンテーション2
PC室オリエンテーション 4月16日(火)

 1年生にとって初めてとなるSSHの授業はPC室オリエンテーションです。論文やプレゼンテーションの作成で使用するPC室の使い方や情報リテラシーについて学びました。

平成30年度の実施事業はこちら


ページの先頭に戻る