「君の名は。」に登場する架空の糸守(いともり)高校と吉城(よしき)高校の共通点

映画に出てくる飛騨古川の風景

現在公開中のアニメ映画「君の名は。」は、若い世代から熟年まで世代を超えた熱い支持を受けて、興業的にも大成功しているようです。映画の中では、ヒロインの住む「糸守町」は、飛騨の山奥にある架空の町で、映画の背景には飛騨古川駅や飛騨市図書館、飛騨市宮川町のバス停などが登場します。

平成28年度の文化祭(柏葉祭)のテーマは「結」

今年度の柏葉祭(はくようさい)のテーマは、「結(ゆい)~広げよう吉城の和」でした。「結(ゆい)」とは、主に小さな集落や自治単位における共同作業の制度です。映画では「結(むすび)」と読み、人と人との関係や過去と未来のつながりを表す言葉として使われました。

吉城高校は、糸守高校と同じく町の緊急避難所です

映画のヒロインが通う糸守高校は、町内唯一の高校で、被災時に多くの町民が避難して難を逃れるという重要な役割を果たします。我が吉城高校も、安望(あんぼう)山を背に古川国府盆地を見下ろす高台にあり、飛騨市古川町の緊急時避難所に指定されています。

吉城高校のある古川国府盆地は、昔は大きな湖だった!

映画の中で糸守町の中心には大きな湖がありますが、古川国府盆地も、本校の地学部の研究(「第60回岐阜県児童生徒科学作品展高校の部」最優秀賞受賞「古川国府盆地における河岸段丘面の円礫の比較~河岸段丘の成因を探る~」)によれば、昔は一時的に堰き止められて、湖であったことが分かっています(隕石によるものではありませんが)。

持続可能な地域の発展に貢献する吉城高校

今後とも吉城高校は、地域の伝統文化を大切に、地域と連携しながら、地域の発展に貢献します。「君の名は。」のファンの方々にも応援をしていただけると幸いです。生徒募集は、「理数科」は全県から、「普通科」は飛騨学区及び隣接学区からの受験が可能です。県外から受験を希望される方は、岐阜県教育委員会学校支援課にお問い合わせください。なお、飛騨市の観光公式サイトでは、「映画『君の名は。』に一部イメージとして登場する飛騨市を満喫しよう!」というおすすめ観光ルートを紹介しています。