理数科2年生校外研修(東大宇宙線研究所 スーパーカミオカンデ+KAGRA)見学

理数科2年生は毎年、神岡にある東京大学宇宙線研究所を訪問し、東大教授による素粒子の授業を受講した上で、スーパーカミオカンデやKAGRAなどの地下の実験施設を見学します。日本の科学者がこの実験施設群で2度もノーベル物理学賞を受賞した世界最先端の研究に触れることができます。

【目的】スーパーカミオカンデ及びKAGRA(カグラ)の施設を見学、研修することによって、世界的最先端の科学研究を肌で感じ、自然科学・宇宙科学への興味関心を深める。

参加者: 理数科2年生 引率教諭3名

研修先(公式HP):

東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究(スーパーカミオカンデ)

大型低温重力望遠鏡(KAGRA

研修計画(H30):H30東京大学宇宙線研究所見学実施要項(7月12日)