「地区ふれあい集会(全体会)」で地域の皆さんに吉高の「YCKプロジェクト」の取組を報告しました

6月11日(月)

「地区ふれあい集会」は飛騨市教育委員会が主催し、虐待やいじめなど子どもに関する問題について、家庭、学校、地域が一体となって話し合うことで、子どもの人権を尊重し健全に育てていくことの大切さを認識する集会です。飛騨市古川町地区23会場で開催され、昨年度は延べ878人が参加しています。

その全体会が飛騨市総合会館で開催され、講演の1つとして、吉城高校キャリア推進部長の鈴木泰輔教諭が、吉城高校の「YCK(吉高地域キラメキ)プロジェクト」についてその活動内容や意義、参加した子どもたちの成長の様子などを報告しました。

学校にとっても、学校の取組や吉高生の活動を地域の方々に知って頂き、応援していただける貴重な機会となりました。

 

 

カテゴリー: YCKプロジェクト, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です