YCK課外活動プログラムの事前学習が進んでいます!

5月28日(月)、29日(火)「ひまわりプロジェクト」

30日(水)「特別支援学校スマイル広場」

●ひまわりプロジェクトとは、「被災地の痛みを忘れない!」を合言葉に、宮城県民南三陸町と石巻市立大川小学校から譲り受けたひまわりの種を育て、被災地の方にエールを送るとともに、地域の防災意識を高めようと、写真部が中心になって取り組んでいる活動で、今年で5年目を迎えます。

この日は、写真部の部員が、関口祐太さんのファシリテーションの基、このプロジェクトを通して何を実現したいか、どんな人に喜んでもらいたいか、どんな気持ちで取り組んでいきたいかなど、しっかりと目的を設定して活動をブラッシュアップできるように検討し、年間の計画を立てました。白熱した議論は2日間続きました。

今後は、

6月18日(月)校内の花壇で種蒔き、23日(土)学校下門で、地域の方と一緒に種まき

9月2日(日)、3日(月)柏葉祭で写真展開催

3月11日(月)ひまわりの種を地域で配布

を予定しています。

 

●特別支援学校スマイル広場とは、飛騨吉城特別支援学校の小学部の児童さんと高校生が、遊びを通して交流する活動で、今年で5年目を迎えます。これまでも、児童さんが喜んでくれたという温かいお声を特別支援学校の先生からいただき、参加した生徒にとってたいへん貴重な体験をしてきました。過去には、この取組がきっかけで特別支援教育の道に進んだ生徒もいます。今年は、当日に行くだけでなく、事前に「どうしてこのプログラムに参加したか」「自分たちには何ができるか」をグループで共有しました。そして、特別支援学校の先生からいただいた事前ヒアリングシートを基に、児童の様子や先生が期待されることを学び、実際の交流の仕方や遊びのアイディアを出し合いました。

今年は、7月13日(金)、17日(火)に交流会を予定しています。

 

 

 

カテゴリー: YCKプロジェクト, 写真部, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です