地域を知る講座「キャリア教育って何?」

5月23日(水)

1,2年生を対象に、本校のキャリア教育コーディネーターである、関口祐太さんと盤所杏子さんから、本校が取り組んでいる「YCKプロジェクト」の意義を、「課題解決型キャリア教育」という視点からお話しいただきました。

YCKプロジェクトはただのボランティア活動でもなければ、地域に貢献し、地域に戻って来ることだけを狙いとしたものでもない。生徒が自主的に自分の進路をデザインできるように、地域を学びのフィールドに、地域の皆さんを先生としながら学んでいく活動であると伝え、自分のアンテナを広げ、ものの見方や考え方をどんどん新しいものにして取り組んでいく力の大切さを関口さんからお話しいただきました。

また、盤所さんからは、自身の人生グラフ(マイヒストリー)を基に、これまでに起こった転機や、変化してきた環境と自分の役割、そしてその時の葛藤と行動を紹介し、課題解決というのは、「今ここ」に自分と周りの人が暮らしている状況をより良くするためには、自分がどうするといいのかを問題提起し、それに対して勇気をもってはじめの一歩を踏み出すことだとお話しいただきました。

 

 

 

カテゴリー: 吉高today パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です