これからの英語の入試改革に向けてTOEICを受験

10月31日(火)

「話す」、「書く」英語力を測る TOEIC  Speaking & Writing Test を2年生で四年制大学進学を目指す55名が受験しました。大学入試センター試験に代わって平成32年度に始まる「大学入試共通テスト」の英語は、従来の「聞く」、「読む」に加え、新たに「話す」、「書く」を加えた4技能を評価の対象とし、TOEICなどの民間の英語試験を利用する方針になっています。

今回のテストの実施は、教員、生徒にとって入試改革の先取りとなる有意義な機会になりました。

 

カテゴリー: 吉高today タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です