飛騨市と東京大学が連携協力協定を締結

両者の協定の内容の中には、「飛騨市内の高校(吉城高校、飛騨神岡高校)の魅力化」の項目も!

1月22日(日)

飛騨市文化交流センターにおいて、飛騨市と東京大学の間で連携協力協定が締結され、飛騨市は研究者や施設に対する支援、東京大学は地域社会の発展に寄与する等の関係を築いていくことを確認しました。協定締結後、大ホールにて、宇宙線研究所の所長でノーベル物理学賞受賞者である梶田隆章教授による記念講演「神岡地下での科学研究」が行われ、本校生徒も多数聴講しました。

飛騨市と東京大学との協力協定の内容は、

① 最新の学術研究や研究成果の発信と普及を目的とするための事項

② 研究環境の整備に関する事項

③ 地域社会の発展に寄与するための事項

であり、③の中の項目として、「地元高校の魅力化」がうたわれています。吉城高校では、毎年、理数科が研究施設を見学し、講義を受けていますが、今年度は、東大の教授に理数科の課題研究等の進め方について講義をしていただいたり、大学院生に受験生が学習アドバイスをしていただくなど、本校の魅力化のために支援をしていただきました。今後とも、地域や地域の研究機関の皆様とより良い関係を築いていきたいと考えています。

カテゴリー: 各種お知らせ, 吉高today パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です