平成29年12月1日(金)発行 保健だより12月号

保健だより 12月号はこちらからご覧下さい。

寒さが厳しくなってきました。カゼ、インフルエンザ流行が心配な季節です。山県高校では「のどが痛い」「鼻水がでる」「体がだるい」という生徒が増えています。基本的な予防は「手洗い」と「規則正しい生活」です。
そして乾燥した空気からのどを守るためにこんなことを試してみてください。

① マスクをしよう・・・マスクをしていると、自分の息の温かさと湿気でのどが潤います。マスクのつけ方は「保健だより11月」で紹介しました。確認してみてください。そして「マスクはカバンに2.3枚」入れておくことをおすすめします。

② 温かいものをとろう・・・こまめに水分をとると、のどが潤います。冷たいものより温かいものがおすすめ。

③ うがいをしよう・・・乾燥した部屋にはウイルスがいっぱい。うがいをするとのどのウイルスを追い出せます。

※冬に多い感染症「インフルエンザ」「ノロウイルス(感染性胃腸炎)」について載せましたので、読んでください

平成29年11月16日(木) 岐阜県高等学校 家庭クラブ連盟 年次大会・研究発表

家庭クラブは、家庭科を学習している生徒が会員であり、本校では各クラス2名を選出し、計24名が家庭クラブ委員として活動しています。家庭科で学んだことを生かし、「創造・勤労・愛情・奉仕」を活動の柱とし、地域の特徴を生かした調査・研究・実践活動をしています。

同じように岐阜県下の高校でも家庭クラブ活動が行われており、今回、第68回となる家庭クラブ研究発表大会が揖斐川町地域交流センターで実施されました。岐阜・西濃・中濃・東濃の4地区の代表校による研究発表があり、本校は岐阜地区発表校として、2年間の研究活動の取り組みを発表しました。

研究テーマを「異世代交流でみんなハッピー!!~私たちは地域のふれあいコーディネーター~」とし、生徒の実態調査・地域の現状調査から、問題点を挙げ、全校生徒のコミュニケーション能力やボランティア意識の向上を目指し、交流活動を円滑に行うための能力開発や研究活動を行いました。

写真なども含むレポートを、下から是非ご確認下さい。


11月16年家庭クラブ研究発表.pdf

平成29年12月8日(金) 17時時点 ビーチサイドにて

校長先生から写真が届いたのでご紹介します。

題名「サンセットにはまだ間があります」
撮影 翠 雅司校長

 

ご返杯で我々も1枚撮ってみました。

題名「一方岐阜、午後6時」
撮影 辻 先生

 

さて、冗談はこのあたりにしまして・・・。

明日は最終日、首里城見学のあと、那覇空港→中部国際空港→帰着 となります。

明日はホームページ更新ができませんので、生憎ですがリアルタイム更新はここまでです。(最後がコレでいいのかと自問しつつ。)

それでは最後まで、安全で充実した旅を! また火曜日に元気な顔を見せて下さい。楽しいお話しがたくさん聞けることを楽しみにしております。

平成29年12月8日(金) 昼 「美ら海水族館」と「せーふぁうたき」

美ら海水族館 ホームページより

質問

「水族館の休館日はありますか?」

回答

「12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)が休館日です。この2日間で施設の設備点検作業等を実施しています。」

まさにそれが昨日・一昨日だったわけですね。今日は、設備点検が終わって1年で一番しっかりした、ザ・ベストコンディションとも言えます。(毎日ベストだというのが正しいと思いますが…)

初めて訪れた人も多いと思います。巨大水槽の写真を見ると、下の人影と魚や水槽のスケールの違いに驚きますね。

下の写真は、斎場御嶽です。世界文化遺産です。(!)
せーふぁうたき」と読むそうです。(!!)絶対に読めません。
「さいじょう みたけ」 岐阜県民ならうっかり読んでしまうかもしれませんが、斎場御嶽は琉球王国最高の聖地なのだそうです。

レインコートでしのげるくらいの天気のようです。 自分がタクシー研修の時には大雨の中で無理矢理歩き回って大変だった覚えがあるので、天気がもってくれているのは本当にありがたいことだと思います。