平成29年6月29日(木) 21週6日は、だいたい6ヶ月に相当

pic pic pic
 性教育講話の、人工妊娠中絶がNGとなるのが第21週6日目より後(=第22週から)、という話です。

ちなみに、妊娠は最終月経から数えるので、あれ、生理来ないな、と思って 妊娠が発覚した時点で既に第4~5週あたりに突入しているのだ、という話を 自分の妻から教えてもらってようやく理解した私は、いかにこういった知識が 無いまま生きてきたか、と痛感した次第です。
・・・いきなりなにヘヴィな話をブっ込んできてるんだと思われたら申し訳ありません。

本日は、全校で性教育講話がありました。
女性の性感染症と子どもへの影響や、先の21週6日目までの話、男女のパートナーシップの話など、 男女の交際において避けては通れない話題として、全員で話を聞きました。

自分が高校時代に同じような話を聞いたときには、「自分には関係ない世界だ」 と思っていましたが、いざこの歳となると、自分も結婚して子どもを授かり、 やはり予め学んでおくべきことだったなぁと思います。恥ずかしい、嫌だなぁ、 自分には関係ないなぁと思った生徒さんも多かったかもしれませんが、 いざ自分が直面したときに困らないよう、今回の話を活かしてほしいと思います。

PDF性教育講話の様子をこちらからご確認下さい。

平成29年6月28日(水) 正確には、先輩が後輩に語る会

pic pic
本校卒業生12名を招き、進路を決定するに至るまでの先輩の体験談や現在の生活の様子を聞き、 今後の進路決定のために様々な質問に答えてもらいました。 当日は、115名の3年生の生徒が、それぞれ進学希望48名、就職希望67名に分かれて先輩 の話を真剣に聞いていました。先輩と語る会の後には教室に戻り、感想文を記入しました。

PDF先輩と語る会の様子をこちらからご確認下さい。

平成29年6月28日(水) 今年度の学校ガイドを公開しました。

今年度の学校ガイドを本日より本ウェブ上で公開しています。

pic
●住所やアクセス方法など 基本情報

●学校の特色、教育課程
■教育目標、 目指す生徒像
■特色ある教育活動
・普通、ビジネスコースについて

・少人数授業、TT授業、習熟度別授業について
・学び直し(義務教育段階の基礎学力の定着)について
・地元企業施設研修(インターンシップ・3年次の就業体験プログラム)について
・「山高 MIRAI(未来)プロジェクト」について

●進路状況、部活動実績等(平成28年度)
■進路状況
■主な資格取得者数
■主な部活動記録

PDF学校ガイドをぜひこちらからご確認下さい。

平成29年6月26日(月) DNAストラップ作り

本日の実験の様子を紹介します。
2年生の皆さんに生物基礎の授業でDNAストラップを作ってもらいました。

DNAとはあらゆる生物の細胞に存在しており、そのDNAの遺伝情報によって私たちの身体が作られている・・・

と説明すると難しそうですが、DNAの構造は意外と単純です。4種類の塩基を組み合わせることにより、色々な種類の細胞が作られています。
たった4種類の塩基だけで色々な細胞が作られているのは、すごいですよね。なんと人間は60億通りの組み合わせがあるようです。

皆さんとっても真剣な様子で作っていました。

pic pic pic
次回の実験は、実際にDNAを取り出し、観察してみます。

平成29年6月25日(日) 阿智村の満蒙開拓団、ってなんて読むの・・

長野県の「あちむら」の「まんもう かいたくだん」と読むのだそうです。(今、社会の先生に確認しました。。。)

その当時、長野県から、満州・蒙古(中国~モンゴルにかけての地域)を開拓するために日本から移住した人々がいたのだそうです。 その数、長野県が一番多く、岐阜県もそれに次いで多く参加したそうです。私は恥ずかしながら、存じ上げませんでした・・・。

さて、本校には歴史研究部があります。県内の地域研究部員の皆さんと共に、合同で巡検に行って来ました。

pic pic pic
他にも、中央構造線や河岸段丘なども見学しました。河岸段丘(かがんだんきゅう)というと、 タモリ倶楽部ブラタモリをよく見る私には馴染みの言葉ですが、)一般的には耳慣れない言葉 だと思います。

河岸段丘:
川が流れていたところが流水によって削れ、平坦な部分と削れた斜面が交互に現れる、谷間のところ。

つまり我々が見上げている山あいの部分は、実は川が流れていたところであり、自分の足下が川底だったという訳なんですね!ロマンですね!
しかも、英語で言うと、”a river terrace”、リバーテラス。 テラスハウスのテラスです。 かっこいいですね!!
(少しでもおもしろさが伝われば幸いです)

PDF歴史研究部 巡検報告をこちらからご確認下さい。