総合ビジネス科

マニュフェストはこちら

学科の目標

1年次にビジネスに関する科目を共通で学習し、専門分野の基礎・基本を習得するとともに、ビジネスマナーを身に付け、人間性の向上を図ります。2年次には、各自の進路希望等に応じて3つの類型(下記で紹介しています。)に分かれて、それぞれの専門分野に関する専門性の深化(知識、技術の習得・向上)を図るとともに、高度な資格取得への挑戦や、地域社会、企業、大学等との連携・協力による実践力を養います。3年次には、更なる専門性の深化と、企業の即戦力となる知識・技術を習得し、地域社会への貢献を目指します。

1年次

・全教科を共通履修、基礎的な専門科目を共通履修
⇒「ビジネス基礎」「簿記」「情報処理」など
・基礎、基本の徹底
⇒ ビジネスマナー教育、道徳教育 全商ビジネス文書検定3級、   全商情報処理検定2級 、全商簿記検定2級 など
・地域企業との連携
⇒ 職業観の育成(インターンシップの実施)

2年次

※2年次から選択した類型(3コース)でのクラス編成になります。

マーケティング類型
・経済活動やマーケティングに関する基礎的、基本的な知識や技術の習得を目指します。
・消費者の視点に立ち、そのニーズを的確に捉え、顧客満足を実現する能力を養います。
対応科目
・会計(4単位)
・原価計算(4単位)
・マーケティング(4単位)
・ビジネス情報(2単位)

到達目標
・全商簿記総合1級(会計・原価計算)

 ※全商=全国商業高等学校協会
・日商販売士3級
 ※日商=日本商工会議所
・全商情報処理1級(ビジネス情報部門)
努力目標
・日商簿記2級
・全商ビジネス文書実務2級

ビジネス情報類型
・ビジネスの諸活動における情報処理に関する基礎的、基本的な知識や技術の習得を目指します。
・ビジネスの諸活動において、コンピュータを合理的に活用する能力や態度並びに、業務の合理化を積極的に推進する能力と態度を養います。
対応科目
・会計(4単位)
・原価計算(4単位)
・ビジネス実務(2単位)
・ビジネス情報(4単位)
到達目標
・全商簿記総合1級(会計・原価計算)
・全商珠算 電卓検定1級
・全商情報処理1級(ビジネス情報部門)
・全商ビジネス文書実務2級
努力目標
・日商簿記2級
・ビジネス文書実務1級

ビジネス経済類型
・ビジネスに必要な経済と法に関する基礎的な知識の習得を目指します。
・ビジネスに必要な英語の力及び外国語における実践的なコミュニケーション能力を身に付けます。
・幅広い一般教養と英語力を生かし国公立大学等の難関大学の進学を目指します。

[国公立大学・難関私立大学進学を想定した教育過程]
・国語、英語、理科、数学、商業の各教科に重点を置き、推薦入試に限らず、センター試験利用入試にも対応できるようにします。

対応科目
・共通教科(国語、英語、数学の授業時間数増)
・会計(4単位)
・原価計算(4単位)
・ビジネス経済応用
到達目標
・日商簿記2級
・全商簿記総合1級(会計・原価計算)
・実用英語準2級

3年次

【 具体的な取り組み・目標 】
①大学との連携
・起業家教育講座
・各種出前講座
②地域・産業界との連携
・商品開発
・商店街活性化への取り組み
・POP作成
・各種イベントへの協力
・Web版商店街マップ制作によるPR活動 …
③海外との連携
・留学生の受け入れ

マーケティング類型
対応科目
・マーケティング(2単位)
・商品開発(3単位)
到達目標
・日商販売士2級
努力目標
・全商商業経済1級


ビジネス情報類型

対応科目
・ビジネス情報管理(3単位)
・電子商取引(2単位)
到達目標
・全商ビジネス文書実務1級
・全商情報処理1級(ビジネス情報部門)

ビジネス経済類型
対応科目
・共通教科(国語、英語、数学)の授業時間数増
到達目標
・実用英語準2級
努力目標
・実用英語2級