会計科

マニュフェストはこちら

学科の目標

会計分野の専門知識を中心に、情報処理など他の分野の基礎的・基本的な知識や技術を学ぶとともに、豊かで誠実な心を身に付け、経済社会のいろいろな場面で活躍できる人材を育成する。

1年次

※全類型共通
対応科目
・簿記(6単位)
・原価計算(後期2単位)
・共通教科(英語)との連携

到達目標
・日商簿記2級
・全商簿記1級原価計算

努力目標
・実用英語準2級

2年次

※2年次から選択した類型ごとのクラス編成になります。

ファイナンス類型

高度な会計の知識を学ぶことにより、税理士試験や公認会計士試験などの職業会計人や、企業のリーダーとして経済社会の発展を牽引できる能力を身に付けます。

国公立大学・難関私立大学進学を想定した教育過程

・会計科目を中心に高いレベルの会計能力を身に付けます。
・英語、国語、商業の3教科に重点を置き、推薦入試に限らず、センター試験利用入試にも対応できるようにします。

※取得したい資格・進路に向けコースを選択

《 ファイナンスA 》
・日商簿記検定1級
・全経簿記検定上級
・税理士試験

《 ファイナンスB 》
・ファイナンシャルプランニング技能士2・3級

《 両類型共通で取得を目指す資格・検定 》
・日商簿記検定2級
・全商簿記検定1級
・全商会計実務検定
・全商英語検定1級
・実用英語検定2級
・全商ビジネス文書検定1級
・全商情報処理検定1級(ビジネス部門)

対応科目
・財務会計Ⅰ(4単位)
・原価計算(2単位)
・課題研究(2単位)
・情報処理(2単位)
・共通教科(英語)との連携

到達目標
・全商簿記1級(A・B)
・全商会計実務 (A・B)
・全商珠算・電卓検定1級(A・B)
・全商情報処理(ビジネス)1級
・実用英語検定準2級

努力目標
・全経簿記上級(A)
・日商簿記1級(A)
・FP3級(B)
・全商英語検定1級

マネジメント類型

学習と部活動の両立を図りながら、簿記・会計を中心に幅広い分野を学び、即戦力でビジネスの諸活動の現場で活躍できる専門性を深めます。

実践力を重視した教育課程

・会計科目のほか、様々な分野の選択科目で幅広い知識・技術を身につけます。
・生徒の希望する就職、進学に幅広く対応できる力を付けます。

※習熟度別によりコースを選択

《 マネジメントA 》
・日商簿記検定2級
・全商会計実務検定
・全商簿記検定1級

《 マネジメントB 》
・全商簿記検定1級

《 両類型共通で取得を目指す資格・検定 》
・実用英語検定準2級
・全商英語検定1級
・全商ビジネス文書検定1級
・全商情報処理検定1級(ビジネス部門)

対応科目
・財務会計Ⅰ(3単位)
・原価計算(2単位)
・課題研究(2単位)
・情報処理(3単位)
・共通科目(英語)との連携

到達目標
・全商簿記1級(A・B)
・日商簿記2級(B)
・全商珠算・電卓1級(A・B)
・全商情報処理(ビジネス)2級
・全商英語検定2級

努力目標
・全商会計実務(財務諸表・財務会計)(B)
・全商ビジネス文書1・2級
・実用英語検定準2級

3年次
ファイナンス類型

対応科目
・財務会計Ⅱ(3単位)
・管理会計(4単位)
・課題研究(2単位)
・ビジネス経済(選択2単位)
・ビジネス情報(選択2単位)
・共通教科(英語)との連携

到達目標
・全経簿記上級(A)
・日商簿記1級(A)
・全商会計実務(財務諸表・財務会計・管理会計)(A・B)
・FP3級(B)
・全商情報処理(ビジネス)1級
・全商英語検定1級

努力目標
・税理士(簿記論)(A)
・FP2級(B)
・全商商業経済1・2級
・実用英語検定2級

マネジメント類型

対応科目
・財務会計Ⅱ(3単位)
・課題研究(2単位)
・経済活動と法(選択2単位)
・ビジネス情報(選択2単位)
・共通教科(英語)との連携

到達目標
・全商会計実務(A)
・全商簿記1級、日商簿記2級(B)
・全商商業経済1・2級
・全商情報処理(ビジネス)1級
・全商英語検定1級

努力目標
・全商会計実務(B)
・実用英語検定準2級