留学を考えている人へ

本校入学後(在学中)に海外留学を考えている人は、早めに担任又は教務部の国際担当教員にご相談ください。
通常は、2年の夏出発であれば、1年生の春から夏頃には外部の留学斡旋団体の試験(留学できるかどうかや留学する国を決定する試験)を受けなければなりません。また、本校への留学願いなど必要な書類の提出やその審査がありますので、入学後早めに相談してください。

 本校は、「休学して留学する」か「休学せず留学する」かが選べます。
1 休学して留学
帰国後、出発時の学年をやり直すことができます。
例:2年生で出発⇒帰国後2年生
※本校の各学科で定めた全ての教科を履修でき、留学経験
も生かせますので、就職・進学の選択幅が拡がります。

2 休学せず留学
帰国後、出発時の学年の次の学年に進級します。
例:2年生で出発⇒帰国後3年生
※規定に従って承認されれば留学単位(最大30単位)の
認定を受けることができますので、外国語や国際関係の
大学に進学する人が多いです。

その他詳細は、ご相談ください。