管理者 の紹介

教務部

MSリーダーズ活動「交通安全運動(夏)」

平成30年7月18日(水)8:05~8:20飛騨吉城特別支援学校高等部自力通学生徒(6名)が交通安全の呼びかけ活動を行いました。

「夏の交通安全週間の取り組みに参加して交通安全を呼びかけ、自分たちも今まで以上に交通安全の意識を高めよう。」という思いで取り組みました。

JR古川駅南上気多踏切付近で、道路を通る自動車や自転車、歩行者に声を掛けて啓発しました。警察官、ゆるキャラの「ホアン君」も一緒に呼びかけをしました。

・警察官の方に挨拶!「よろしくお願いします!」

・交通安全標語のプレートを持って大きな声で呼びかけ開始。

・「あっ!運転手さんが挨拶してくれた。」「僕たちの声が届いたかな。」

・ホアン君と一緒に記念撮影。

・警察の方とホアン君にお礼の挨拶。「ありがとうございました。」暑い中、本当によく頑張りました。

生徒の感想

みんな大きな声を出せていて、前を通る人たちにも交通安全の呼びかけがよく届いたのではないかと思います。   MS代表 野村龍樹さん

高等部修学旅行に行ってきました!

7月4日(水)から6日(金)の3日間、高等部3年生は沖縄へ修学旅行に行ってきました。心配された台風は沖縄を通り過ぎていましたが、前線の影響で、出発時は雨模様となってしまいました。しかし、3年生は天気に負けず、元気な笑顔で出発することができました。セントレアから沖縄に向かう際には、初めての飛行機にドキドキする様子や、上空から見下ろす景色にワクワクする様子などが見られました。

沖縄に着き、国際通りや公設市場の見学に行くと、青い色の魚や、大きな貝、豚の顔、ハブの入ったお酒など、普段目にすることのないものを見つけて驚くことがたくさんありました。

ホテルではプライベートビーチを望むテーブル席でバーベキューを頂き、とても満足した様子で1日目の行程を終えました。

2日目は、美ら海水族館へ行きました。サンゴ礁やその周りを泳ぐきれいな魚、多様な色や形をした海の生き物に時間がいくらあっても足りないくらいでした。そしていよいよジンベエザメのいる大きな水槽の前に来ると、自然と「わあっ!」「おお~~!」と歓声があがりました。悠然と泳ぐ巨大なジンベエザメやマンタに全員が感動していました。

水族館を後にしてホテルに戻ると、運よく雨もあがっていたので、いよいよマリン体験です。ウエットスーツ等を身につけ、講習を受けると沖へ向かいました。

海に入り、おそるおそる海の中をのぞくと、そこには縞模様の魚や小さな青い魚が手の届く距離を泳ぎ、サンゴ礁が広がっていました。ナマコを触らせてもらったり、えさやり体験をさせてもらったりと、時間いっぱい楽しみました。シュノーケリングの次はドラゴンボート体験です。バナナボートが2列にならんだような大きな風船ボートにまたがり、ジェットスキーで引っ張ってもらいました。海風をきる感覚や、波で弾むボートの動き、舞う水しぶきに笑顔がキラキラと光りました。

3日目は首里城へ向かいました。那覇市方面は、雨が降った前日とは打って変わり、汗をかくほどの天候に恵まれました。沖縄の文化や歴史のつまった首里城は、とても新鮮な印象とともに見学ができました。

天候の関係もあり、帰路は予定を変更して名古屋からは中津川を経由して国道41号線を使うことになりましたが、無事に飛騨へ帰ることができました。

3年生全員が飛騨とは違う沖縄の文化に直に触れることができ、とても満足した様子で修学旅行を終えることができました!

[1日目:国際通りにて]

[2日目:シュノーケリング]

[3日目:首里城にて]

平成30年度第2回目のMSJ・MSリーダーズ活動を行いました。

6月28日(木)にJR飛騨古川駅周辺の清掃活動を行いました。「飛騨市の玄関である飛騨古川駅周辺を美しくし、利用する人々に気持ちよく過ごしてもらおう。」という思いで取り組みました。

JR古川駅構内やバス待合所は掃き掃除と拭き掃除を行いました。バス待合所トイレも洗剤を使ってきれいにしました。自転車置き場と跨線橋はごみ拾いと掃き掃除をしました。

観光案内所の方からは「きれいにしてくれてありがとう!うれしいです。」という感謝の言葉をいただきました。

駅構内の掃除

・雑巾に力を込めて、一生けんめい丁寧にふきました。

 

バス待合所トイレの掃除

・待合所を利用する方がいらっしゃって、少し恥ずかしかったけれど、頑張ってきれいに掃除をしたら気持ちよかったです。

 

バス待合所の掃除

・先生と一緒に拭き掃除を頑張りました。

 

自転車置き場の清掃

・頑張ったよ。こんなにたくさんのごみを拾ったよ。

 

跨線橋の清掃

・長い階段なので大変だったけど、頑張って最後までていねいにやりつづけることができました。

生徒の感想

みんなが一生懸命作業をしていました。利用者の方に喜んでいただける掃除ができたと思います。   MSリーダーズ代表 野村龍樹さん

校内作業実習・現場実習をがんばりました!!

6月11日から22日までの2週間、高等部1年生は校内作業実習を、2年生は校内作業実習と現場実習を、3年生は現場実習を行いました。実習前の6月8日に激励会を行い、この3月に卒業して企業で働いている先輩から現場実習から進路決定に至るまでの話や実習で意識してほしい大切な5つ(①挨拶はしっかりと大きい声でする。②作業は焦らず正確にする。③作業は最後まで責任をもってしっかりする。④わからないことや困ったことがあったらすぐに質問する。⑤自分でできることは、自分で進んで行動する)を話してもらい、校内作業実習や現場実習が始まりました。

校内作業実習は、井之廣製菓舗さんから提供していただいたシール貼りと、飛騨刺し子さんから提供していただいた刺し子糸の袋詰めと針入れようの紙折りを、長時間の作業に取り組むことで持続力・集中力を養うとともに、望ましい職業観・勤労観を身に付けることを目的に行いました。シールを定位置に貼れる補助具を使うことで失敗することなく、日に日に出来高を増やすことができました。

この期間中は、普段、かかわりのない大人にも適切な対応をすることを体験することで、現場実習でも従業員の人々と適切に対応することができることを願って、教員だけではなく、7人の保護者にもご協力をいただきました。できたことの報告や材料をもらうやり取りをしていただきました。

6月20日には校内作業実習でシール貼りをした袋に、井之廣製菓舗さんで現場実習をしている高3生徒がせんべいを入れて、届けてくれました。

現場実習は、飛騨市内や高山市内の一般企業やA型事業所、B型事業所等10か所で、学校とは違った環境で働く経験をすることで、適切な作業態度や対人関係などを学び将来の進路実現に結び付けることを目的に行いました。特に3年生は進路を決める実習となるため、自覚をもって取り組み、実習を通じて個々の課題を再確認し、今後その課題に取り組んでいきます。