科学部、岐阜県科学作品展最優秀賞受賞

本校科学部が、第61回岐阜県児童生徒科学作品展において最優秀賞を受賞しました。高山陣屋に残る『飛騨呈書』と『飛騨在勤中日記』をもとに、江戸時代の気温データの考察を行いました。当時の寒暖計の気温を「硯の水が凍っていた」、「土瓶に湯を入れて、茶を焙じているうちに蓋が凍りついた」といった当時の気候に関する記述をもとに詳細に検証、補正しながら、江戸時代と現代の一年の気温の年変化を示しました。科学部員10名の地道な研究の成果が評価され、部員一同喜びを分かち合いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です