第1回スタディーサポーターを行いました

スタディサポーターとは,岐阜北高生が中学校に出向き、中学生に対して学習支援や進路相談を行うボランティア活動です。本校生徒の15人が岐阜清流中学校に、8人が東長良中学校にスタディサポーターとして訪問しました。

 

高校生の視点から、中学生に学習のアドバイスをしたり、実体験に基づいて進路相談に乗ったりしました。時には、高校の生活について話に花を咲かせたりしながらとても有意義な1時間とすることができました。

本校生徒の声

短い時間だったけど、いろいろな話をしてとても楽しい時間が過ごせました。教えることは自分の答えに自信がもてないと、はっきり”こうだ”と言えなくて、改めて難しいことだなと思いました。

でも、やっぱり教えたり話したりすることは楽しくて面白いなと思いました。

 

中学生の声

今回のスタディーサポートで、分からない問題や進路のことについて、とても分かりやすく詳しく教えていただいて、一人で勉強するよりもよく理解できました。今まで、覚えることはできても、なぜそうなるのか、ということを理解することがとても難しかったので、今回教えていただいてとても良かったです。