職員救急法講習会

5月30日(水)、岐阜北消防署の方を講師にお招きし、職員救急法講習会を実施しました。

【内容】
・応急手当の必要性
・一時救命処置の手順(胸骨圧迫とAED使用の実技)
・食物アレルギーの対応(エピペン接種の実技)

消防署員からポイントを説明していただき、手順の確認や胸骨圧迫やAEDの実技を行いました。職員からの質問も多く、具体的なアドバイスをいただきました。
その後、養護教諭から食物アレルギーの対応について説明し、職員同士でエピペン接種の実技を行いました。

【職員の感想】
・理解していても実際に行うと手順が分からなくなるので、講習会が大事だと痛感した。
・実践の大切さを身をもって実感した。