学校薬剤師による特別授業を行いました

11月9日(木)、1年生を対象に「医薬品の正しい使い方 ~自分のからだを守るために~」をテーマに、学校薬剤師の望月祐子先生(本校卒業生)を講師にお招きして特別授業を行いました。
事前に生徒の医薬品に対する実態調査を行い、その結果を取り入れながら、自然治癒力と薬、医薬品の分類、薬の飲み方について、ご講話いただきました。薬の飲み方については実験を行って薬の正しい飲み方について説明され、生徒にインパクトを与えた様子がうかがえました。また「知っておきたいトピックス」として、カラーコンタクトの危険性、サプリメントの効果効能、ドーピングについてお話しいただき、生徒たちは聞き入っていました。

【生徒の感想】
・薬を飲むリスク、飲まないリスクの話はとてもためになった。色々な状況で薬を飲むか飲まないか迷うと思うので、それぞれのリスクを考えて判断したい。
・新薬ができるまでには多くの時間とお金がかかっていることを聞き、大変な苦労の中で薬ができることを知り、大切に使おうと思った。
・実験から、飲み方によって効果が違ってくることを知り、注意しないといけないと思った。
・薬を飲むときは親任せにするのではなく、これからは自分で考えて判断して飲もうと思った。