講演会「チャンスは必ずやってくる」 (7/5)

平成28年7月5日に、駿台予備学校における名物講師で、洛南高等学校講師としてご活躍の竹岡広信氏の講演を聞きました。「チャンスは必ずやってくる」と題した講演は、英語という言語の見方に関する鋭い指摘を通して、生徒の興味関心の幅を広げ、日本人としてこれから世界をどうリードしていくかを考える機会になり、生徒が今後の進路を考えるうえでも大いに参考となるものでした。
【生徒の感想】 高校生活の中の講演会の中で一番良かったです。とても魅力的な話で終始惹きつけられました。自分の中に新たな視点がたくさん生まれました。私もこの学校ではなかなか勉強ができず、劣等感を持つことがよくあるのですが、そんなことは自分の成功には関係ないんだとな思えました。努力を怠らない限り、周りに流されず自分の信じた道を着実に進む限り、絶対にいつかはチャンスはやってくるのだということを学べました。きっとそれはたやすいことではないけれど、絶対にやり切りたいことだと思いました。

詳細は「特色ある活動」⇒「講演会等」ページをご覧ください。

h280705_takeoka1 h280705_takeoka2