学校紹介

設置学科と定員について

  機械科 電気科 電子機械科 建築インテリア科
1年生 40名 40名 40名 40名
2年生 40名 40名 40名 40名
3年生 40名 40名 40名 40名

△TOPに戻る

所在地

〒506-0032 岐阜県高山市千島町291番地


大きな地図で見る

■JR高山駅より徒歩15分

■高山バスセンター(JR高山駅前)より

・濃飛バス (朝日線)千島町下車徒歩5分 (下呂線)愛染口下車徒歩5分

・濃飛バス 市内のらマイカー 川西線 工業高校下車すぐ

■東海北陸自動車道・中部縦貫自動車道 高山ICより、国道41号経由で20分

△TOPに戻る

教育目標

校訓 「かしこく つよく ゆたけく」

1 教育方針

  1. 知・徳・体の調和のとれた個性豊かで明朗快活な人間性を育成する。
  2. 基礎的、基本的な学力を身に付けさせるとともに、コミュニケーション能力を育て、自己表現能力をもった生徒を育成する。
  3. 勤労を尊び、たくましく生きる力を身に付け、工業を学ぶことに誇りと自信をもたせる。
  4. 学習指導及び部活動指導を充実し、文武両道に活躍できる生徒を育成する。

2 教育指導の重点

(1)学習指導の重点

  • 学習する意義や目的を自覚し、主体的な学習態度を身に付けることができる教育課程を実施する。
  • 基礎的・基本的な知識・技能の確実な習得を図るとともに、ものづくりなどの体験的な学習を通して、思考力・判断力・表現力等を育成する。
  • 授業規律の確立を図り、落ち着いて学習できる環境の整備を行う。
  • 指導目標と評価規準を明確にし、指導内容の重点化や教材の精選を行う。
  • 資格取得・検定合格に向けた指導体制を充実し、専門科目の高度な学力を育成する。
  • 豊かな人間性とたくましい体を育むための教育を行う。

(2)生徒指導の重点

 1.生命や、人権・人格の尊重

  • 全ての教育活動にわたって、自他の生命の安全を最優先した指導を行う。
  • 下校時の交通安全を始め、授業や実習、学校行事などにおける安全指導を行う。
  • 人権教育の充実を図るとともに、人権・人格を尊重した指導を行う。
  • 全ての職員による組織的な教育相談活動を行う。

 2.信頼と愛情に基づく指導

  • 秩序ある集団生活を身に付けさせるために、端正な服装・爽やかな挨拶の励行について指導する。
  • 遅刻・欠席・早退の根絶を目指し、基本的な生活習慣を確立するよう指導する。
  • 情報化社会における安全・モラル教育を行い、情報通信機器に依存しない人格形成を図る。

 3.特別教育活動の推進

  • 生徒の主体的な活動に対する支援体制を確立する。
  • 部活動の一層の充実を図る。
  • ロングホームルームを充実し、生徒同士の意見交流を活性化することにより望ましい集団作りを行う。

 4.奉仕体験的活動の奨励

  • 工業科の特色を生かして、地域社会への貢献活動を積極的に行う。
  • 奉仕の心を育てるためにMSリーダーズの活動を推進する。

(3)進路指導の重点

  • 就業に関る体験的な学習や外部の教育力を活用した教育活動を通して、生徒の進路意識の高揚を図り、望ましい勤労観や確かな職業観を自ら形成、確立できるようにする。
  • 3年間を見通した計画的・組織的なキャリア教育を通して、生徒一人一人が自己理解を深め、自己の進路実現を目指して努力し、自らの力で進路決定できる能力を育成する。

△TOPに戻る