沿革

ホーム > 緊急連絡情報

気象警報発令時の対応について

『気象警報発表時には、自宅待機・学校待機など、安全確保を最優先した対応をとる』

【気象警報】   暴風警報、大雨警報、洪水警報、大雪警報等すべての警報
【警報発表地域】 多治見市及び、各自の居住地域、通学経路地域
【警報の発表情報の収集手段】
 (1)各自がテレビ、ラジオ、携帯電話、インターネット等から得る。
 (2)居住する自治体の防災無線や広報車等から得る。

 警報が解除されていない場合や、安全のため自宅待機する場合の遅刻や欠席は公欠とする。

1 登校前に警報が発表された場合

(1)午前6時の段階で多治見市に警報が発表されていない場合は、通常通り授業を開始する。
   ただし、午前6時の段階で居住地域または、通学経路地域に警報が発表されている生徒は自宅で待機する。
(2)午前6時以降に多治見市または、居住地域、通学経路地域で警報が発表された場合
   自宅を出る前であれば、警報解除まで自宅で待機する。
   すでに自宅を出ている場合は「2」に従う。
 注:午前6時の段階で、警報が発表されていなくても、登校中に気象警報が発表されることが予想され、
   登校に危険があると判断される場合には、自宅で待機し、その旨を学校に連絡すること。

2 登校途中に警報が発表された場合

(1)帰宅をするか、登校するか、現状を考えて安全な方を選択する。
(2)状況によっては近くの公共施設への避難など、安全な行動をとる。
 * どんな場合も必ず学校に連絡すること。

3 登校後に警報が発表された場合

(1)学校の指示があるまで校内で待機する。
(2)学校の指示により帰宅。または、保護者の迎えを待つ。
 * 帰宅後は必ず学校に連絡すること。

4 警報が発表されていなくても危険が大きいと判断される場合

   警報が発表されていなくても、公共交通機関が止まっているなど、危険が大きいと判断される場合は、
   安全な場所に避難するか、自宅で待機する。
   * その旨を必ず学校に連絡すること。

5 多治見市及び、居住地域、通学経路地域の警報が解除された場合

(1)午前11時以前に解除された場合は、原則として2時間後に授業を開始する。
   ・公共交通機関の運行状況、通学経路の安全等を確認した上で登校する。
   ・公共交通機関が止まっているなど、危険が大きいと判断される場合は自宅で待機する。
   * その旨を必ず学校に連絡すること。
(2)午前11時以降に解除された場合は、当日の授業は中止する。


以下のリンクは、上記と同じことが記載されているpdfファイルです。家庭内掲示用にご活用ください。
気象警報発表時の対応について
  • 緊急連絡情報
  • 時間割変更
  • 新聞記事
  • 学校所在地

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2013-2016 TAJIMI-KITA High School All rights reserved.