学 校 長   豊 田 文 秀                  English

     本巣松陽高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。 本校は大正9年に開校の本巣中学校を前身に、統合や学科改変を経ながら、今日まで95年の歴史を歩んできました。最近では、平成16年度に単位制を導入、校訓「質実剛健」「克己邁進」の下、校名も本巣松陽高等学校と改めました。この間、社会に貢献する数多くの卒業生を送り出してきた伝統ある学校です。私はこの学校に着任し、学校のさまざまな歴史や玄関前に広がる庭園の木々からその伝統の重みを日々感じています。
 私にとって伝統の重みとは、今までこの学校に関わってこられた方々が大切にしてこられたものや文化、精神を引き継ぎ、時代の変化の中で変えるべきことは変え、さらに発展させていく舵取りを任された重さです。この重さを感じつつ、今年度、以下の3つのことを重点にして教育を推進していきます。

  1. 確かな学力が身に付くよう学習活動を重視するとともに、きめ細かな指導に努めて、自己実現に向けて意欲的に取り組む態度を育成します。
  2. 伝統と生徒の可能性を資源にして、温かな人間関係づくりを支援して、規範意識と品位を備えた心豊かな生徒を育成します。
  3. 生徒会活動や部活動、地域活動など、生徒の主体的な取り組みを支援して、自主・自立の精神を育成します。

  生徒全員がこの本巣松陽高校のことを好きになってほしいと思っています。学校が好きになるという理由も人それぞれです。授業が好きだ、部活動が好きだ、友達が好きだなどいろいろです。今はそれでよいと思います。学校が好きだという気持ちが、いつの日か学校に対する誇りへと育っていくことを願っています。本校の教育が、自主・自立の精神をもつ思いやりのある人を育て、生徒一人一人が自己実現に向かって力強く人生を歩んでいってくれることを期待しています。