◆創立50周年記念事業◆

 平成27年度当校は、創立50周年を迎えることとなりました。昭和41年(1966年)関市本郷町の旧県立武義高等女学校 跡地の市役所分室を仮校舎として出発してから半世紀がたち、現在は明るいガラス張りで4階建てのモダンな校舎となりました。 卒業生は600名を超え、当校に勤務した教職員も1000名以上となりました。 この大きな節目に、岐阜県における肢体不自由児教育の中核を担ってきた当校の歴史を振り返るとともに、 新しい学校へと変わりつつある当校のビジョンを示していく取り組みができればと考えています。

  • 新校旗贈呈式・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成27年4月8日(水)
      PTA、同窓会から新しい校旗が贈呈されました。
  • 創立50周年記念ふれあいまつり・・・・・・・・・平成27年5月23日(土)
      学校オリジナル焼印どら焼き、記念Tシャツの予約注文等が計画されています。
  • 同窓会主催「ウエルカムホームパーティー」・・・・平成27年8月8日(土)
       30周年以降の教職員を招き、当校で開催する予定です。
  • 創立50周年記念運動会・・・・・・・・・・・・・平成27年9月19日(土)
      新しい優勝旗、応援トロフィーを目指し、揃いの紅白Tシャツで臨みます。
  • 創立50周年記念講演・・・・・・・・・・・・・・平成27年10月22日(木)
      気管切開をした声楽家「青野浩子さん」のコンサートを予定しています。
  • 創立50周年記念式典・・・・・・・・・・・・・・平成27年11月13日(金)
      学校祭第1日目の午前中が式典となります。
  • 創立50周年記念学校祭・・・・・・・・・・・・平成27年11月13日(金)〜14日(土)
      50周年記念グッズや高等部作業製品の販売、懐かしい写真や表札等の展示を予定しています。
  • その他の取り組み
      記念品として学校空撮写真を掲載したクリアファイルの作製
      50周年記念誌の作製
      運動会優勝旗、応援優勝トロフィーの作製
      Tシャツプロジェクト(記念Tシャツ、記念ポロシャツの作製)

平成26年12月
 学校美術館ワークショップ

 50周年記念事業として記念Tシャツ制作を計画しました。児童生徒、保護者の方、教職員からデザインの募集を行い、 記念Tシャツのデザインを決めていきました。同時に、児童生徒一人一人のオリジナルのTシャツ作制をワークショップとして行いました。 児童生徒の自由な発想で作られた個性的なTシャツが学校正面玄関に飾られています。


4月8日(水)
 新校旗贈呈式

 入学式前に池戸同窓会長とPTA役員の方から、第3旗となる新しい校旗が贈呈されました。 「県立養護学校」、「関養護学校」の校旗から、『関特別支援学校』の校旗へと、その伝統が受け継がれました。


5月23日
  盛大に開催!! 創立50周年記念「ふれあいまつり」

 5月23日(土)に「第22回ふれあいまつり」が開催されました。 今年はPTA役員の方の広報活動の努力が実り、地域の方や同窓生の方が大勢来校していただけました。 協賛していただけたお店や企業、また、バザーに参加していただいた事業所も多くありました。 ボランティアには、今年は当校と交流活動をしている関高等学校、関有知高等学校、関商工高等学校の生徒の方に参加してもらえました。 50周年記念「どら焼き」や「記念Tシャツ」の販売も順調でした。本当にありがとうございました。
日用品バザーもゲームコーナーも大盛況でした。 記念どら焼きです。

5月26日(火)
 学校空撮を行いました

5月には珍しい台風の影響で、順延を重ねた学校空撮も5月26日(火)に無事撮影を行うことができました。 当日は、2回の延期を取り戻すかのような晴天に恵まれました。保護者の方にも大勢参加していただくことができました。 ちょうど話題となっていた「ドローン」を間近に見ることもでき、子どもたちも職員も大喜びでした。学校の歴史を綴ったクリアファイルを作成する予定でいます。

9月19日
 創立50周年記念第50回運動会 「創立50周年を走り抜けろ!」
 今年は創立50周年の運動会として、同窓会とPTAから新しい優勝旗と応援トロフィーが寄贈されました。 この新しい優勝旗と応援トロフィーの最初の獲得を目指し、白団、赤団ともに精一杯の競技、応援が行われました。 テーマソングや50周年特別競技の50秒大玉ころがし、揃いの記念Tシャツの着用など50周年にふさわしい工夫を凝らした運動会となりました。

10月22日
 青野浩美さん 記念講演・コンサート「前例がなければ作ればいい」
 気管切開をされた声楽家の青野浩美さんをお招きして「前例がなければ作ればいい」と題した記念講演・コンサートが開催されました。 「野ばら」や「オーソレミオ」、子どもたちもよく知っている「アナ雪」のテーマソングや「幸せなら手を叩こう」「ビリーブ」などを聞かせていただきました。 気管切開をされていることなど分からない豊かな声量で、どの歌もとても素晴らしく、1時間30分があっという間に過ぎていきました。コンサート終了後も学校に残ってくださり、 小学部から高等部まですべての教室を回ってくださり、一人一人と握手をしていただけました。ありがとうございました。

11月13日
 創立50周年記念式典 300名近い出席者で盛大に挙行
 創立50周年記念行事における最大行事の創立50周年式典が11月13日(金)に、多くの来賓の方々をお迎えして、盛大に執り行われました。 式典の前に行われたオープニングセレモニーでは、児童生徒会の役員が50年の歴史を振り返るスライドの進行をステージ上で、しっかりと努め上げてくれました。
 式典は、実行委員長である池戸同窓会長のあいさつに始まり、多くの来賓の方からご祝辞をいただきました。 創立30周年以降の歴代校長先生方、歴代PTA会長、歴代同窓会会長の皆さんや永年勤続の先生方、当校へのご支援をしていただいている3つの団体 (美の路会様、向山団地ボランティア様、Man to Man Animo株式会社様)への感謝状贈呈も行われました。  校内には、50年の歴史を振り返る「50年の歩み」の展示ブースも設けられ、創立当時の貴重な写真が数多く展示されました
池戸実行委員長のあいさつ 学校長あいさつ
支援団体感謝状贈呈 50年の歩み展

児童生徒会企画
 みんなで50周年を盛り上げよう!「ナンバー50プロジェクト」
児童生徒会が中心となって取り組んだ「ナンバー50プロジェクト」の作品が、式典前日に完成し、保健室前の吹き抜けに展示されました。 役員が中心となり、企画・計画を行い、広報、収集、制作まで全てを行いました。小学部から高等部まで児童生徒80名全員が参加し、様々な形の50が繋がれたとてもおもしろい作品となりました。 体育館入り口の自働扉にもいくつか貼ってありますので、ぜひご覧ください。
50が繋がったモニュメント たくさん集まった50の数字の作品

新規記念事業「桜並木再生プロジェクト」
 新校舎建設以前の当校では写真のように数十本の桜がグラウンドを囲み、4月になると東側一面を桜色に染めていました。 開校当時地域の方々に植えていただいたものです。学校周辺を彩った桜並木を、創立50周年記念事業として再生し、 未来の在校生が毎年4月の新学期にたくさんの花に囲まれて出発できる環境を整えていく新規記念事業を計画しています。 (※県から配布予定の臥龍桜、淡墨桜、荘川桜の苗木と各学部で選んで購入する苗木を植樹する予定でいます。)

学校のホームページに戻る