電 気 科


  • 授業で『知り』、実習で『触れて』電気を学ぶ!

  • 電気工事実習で技術を磨く!

  • ものづくり競技大会 電気工事部門に参加!

  • 変圧器の三相結線実習

  • 電動機(モーター)の特性試験

  • リレーシーケンスで自動生産の基礎を学ぶ!

  • 1つ1つ基礎から積み上げていきます



1 学科の目指す目標
一人の人間として、挨拶など基本的な生活習慣を身につけ、電気の基礎・基本に重点を置いたうえで、高度な資格試験の取得に取り組み、専門的な知識を身につけて、地域や社会の発展に貢献できる電気技術者を育成します。


2 電気科とは?
電気の性質や電気の理論、電気を活用するための機器、電気を作り家庭や工場まで電気を送るための装置や技術あるいはダイオードやトランジスタなどの電子部品の特性やいろいろな電子回路など幅広く電気について学習します。



3 実習内容
  ・電気科で行う実習
  【基本実習】
電圧計・電流計・電力計取り扱い、その他各種計器を使用した測定 抵抗器の使用法
マルチテスターの製作基本工具の取り扱い 金属加工 アーク溶接 塗装 
 
  【情報系実習】 ワープロソフト(Word) 表計算(Excel)  論理回路の基礎と応用
PIC制御(マイクロコンピュータの制御)
 
  【電子系実習】 ダイオード・トランジスタの特性 オペアンプの取り扱い シーケンサの取り扱い
リレーシーケンス実習
 
  【電気系実習】 電気工事実習 雷放電実験 電動機・発電機・変圧器の結線や特性試験
エアコン空調設備取り付け、メンテナンス実習
 
  ・電気科で学ぶ専門科目の内容
 
 


4 取得できる資格
近年、企業では学歴よりも実力を重視した採用に変化してきています。
そんな中で最も重要になってくるのが『資格』です。
電気科では通常授業時間以外の補習等で資格取得に力を入れ、1つでも多くの資格を取得できるようサポートしています。取得可能な資格の一部を掲載しました。

・電気科で取得可能な資格

第二種電気工事士 一般住宅や小規模な店舗などの電気配線作業を行うのに必要な資格です。学科試験、技能試験があります。
2年次に全員が受験します。
第一種電気工事士 第二種電気工事士の上位資格に当たります。主に工場やビル等のより大きな電気設備の電気配線作業を行うのに必要な資格です。学科試験、技能試験があります。
第三種電気主任技術者 工場やビルなどの電気設備の保安監督をするために必要な資格です。社会的に評価が高い資格であるといえます。
技能士
(シーケンス制御)
自動生産装置を制御するPLC(プログラマブルコントローラ)の取り扱い、制御について一定の知識を身つけていることを示します。
工事担任者(DD3種) 通信回路の末端設備などの接続工事を行う場合や監督する際に必要な資格です。
乙種危険物取扱者 一定以上の危険物を貯蔵し、取り扱う場合に必要な資格です。区分が1~6類に分かれています。

・大垣工業で取得可能な資格

計算技術検定 計算力の検定試験です。4級~1級まであります。
1年次に3級を全員が受験します。
情報技術検定 情報技術に関する検定です。3級~1級まであります。
1年次に3級を全員が受験します。


5 卒業後の進路
就職、進学ともにほぼ100%を維持しています。就職については求人数がとても多く、特に電気工事を主の業務とする企業から多くの求人をいただいています。進学については工業系の大学や電気系以外の専門学校などにも対応しており、進路について幅広く取り扱っています。

就職先情報(PDF)

進学先情報(PDF)

6 電気科のアピールポイント!

スバリ、卒業後の進路が約束されているところでしょう。
3年間しっかり努力すれば、将来企業の中核を担うことができます。

今の世は『資格社会』です!
電気科を卒業すると難関資格を受験する際に一部免除が受けられます!


その一部をご紹介します。
※免除には専門科目の所定の単位を習得する必要があります。
これらの資格の免除が受けられるのは電気科卒業者だけです!!


【第三種電気主任技術者】
難関といわれる資格です。申請により取得することができます。

【第二種電気工事士】
筆記試験、実技試験のうち筆記試験の全てを免除することができます。





上へ戻る