学校評議員の会実施報告書

岐阜県立大垣工業高等学校 
         学校長  石井 正志
         学校住所  岐阜県大垣市南若森町301-1  電話 0584-81-1280

1 会議の名称  大垣工業高等学校評議委員会  (第 1 回)
 
2 会議の構成  委  員  井口よ志子  井口商店
               説田賢二   潟Zッタ代表取締役会長 (欠席)
               長屋桂子   潟fジマックス役員
               村島 謙   校医
               若園昭三   南杭瀬連合自治会長
                              (委員名は五十音順)
 
         学 校 側  石井 正志  校長
               小嶋 ふさえ 事務部長 (欠席)
               松永  博  副校長
               武藤 幸夫  教頭(全日)
               富田 博道  教頭(全日)
               西川 治男  教頭(定時)
               山田 富美義 教諭(全日:教務主任)
               藤墳 幸生  教諭(定時:教務主任)
               杉山 昭彦  教諭(全日:生徒指導主事)
               立木 章平  教諭(全日:進路指導主事)
               宗宮 伸二  教諭(全日:工業部長)
 
3 会議の目的  岐阜県立大垣工業高等学校評議員会設置要綱に基づき、平成17年度の教育方針・重点及び学校課題を説明し、「特色ある学校づくりへの取り組み」のための提言を受ける。
 
 
4 会議の開催  平成17年7月14日(木) 13:30〜15:00  大垣工業高校豊栄館2階会議室
         委員4人と学校側11人が出席
 
5 会議の概要
 

(1)本校の現状説明「本年度の教育方針と重点」
   定時制の現状説明
 
 

(2)県政の政策総点検   
 
 
ア 学校評議員制度について
 意見1 この制度が地域密着という目的であれば、地域代表をもう1〜2名増やしたらどうか。
 意見2 評議員は5人でなければいけないか。
・規則上では、原則として5名とされている。
 意見3 3年目になるがもっと広く意見を聞いた方がよい。また、意見がどのように反映されているかが分かりにくい。昨日本校のホームページを見たが再構築中となっていて全体が見られないがどういうことか。
・情報の古いページもあり、現在全体を通して内容をチェックしている。近々、入試情報なども掲載しなければならないので、早急に対応したい。また、この会議の内容についても掲載する。
 意見4 ホームページは誰もがよく見るので情報をたくさん載せてほしい。いつもでなくてもよいのでなにかあったら報告をしてほしい。
 意見5 もう少し幅広く評議員を選んではどうか。
 意見6 地域の集まりでは学校のことを報告している。近くに住んでいるので、生徒のことで怒ったり感心したりしているが、ここは地域の防災拠点にもなっているので今後も密接に連携していきたい。
 意見7 評議員会では何処でもよいことを言っているが、それが生徒や保護者に伝わっているか。
・いろいろな集会の機会を利用して、生徒や保護者にも話しているが、今後も留意したい。
 
イ 岐阜県教育週間について
・本校では文化祭を公開にしているが、他校では授業公開をしているところもある。そのような要望があれば考えていきたい。
 意見1 いま世の中は非常に物騒な事も多いので、あまり易々と学校を公開するのもどうかとも思うが、学校を公開するだけでなく、地域への出前講座のようなことも考えてはどうか。
 意見2 1月に行っている耐寒強歩大会なども地域や中学生にも参加できるようにできないか。
・地域の方々でも大人なら個人の責任で参加いただくことは可能だと思うが、中学生などは健康問題や事故などでの保険の適用条件など、解決しなければならない問題があるが承諾がとれれば考えることができる。
 意見3 以前は幼稚園などにも生徒が出かけていたようだが今はどうか。
・昨年度までは家庭科の保育体験などで出かけていたようだが、今年度はまだ実施されていない。
・以前は家庭科で4単位実施していたが、現在は2単位なので時間的に難しくなったのではないか。
 
ウ インターンシップについて
・他地区では引き受けてくれる企業を探すのが大変だが、この地区は非常に恵まれている。
 意見1 若いときに職業体験をすることは非常によいことである。引き受けてくれるところがあれば積極的に推進すればよい。
 意見2 このようなことは大変よいことである。中学校でもやっているようだが、高校で行うことは大切である。
 意見3 アルバイトはどれくらいやっているか。
・平日はあまりないが、休み期間中は100名ぐらいやっている。特に、冬休み中の郵便局のアルバイトは相手側の評判も非常によい。
 意見4 アルバイトと同じにならないようにしないといけない。アルバイトは金銭のしつけが大切だが、これは学校より家庭の問題でもある。
 意見5 最近はフリータが多いが、高校の3年間で働くということを学ばせることが重要である。
 意見6 企業として今まであまり感心がなかったが、3日ぐらいなら受け入れてもよい。
 
エ 岐阜県まるごと学園について
 意見1 学校間の共有というのは、共同で学習をするということか。
・そういった取り組みもあるが、学校の先生も他の学校で教えられるような先生の共有といったような仕組みである。
 意見2 能力開花支援事業の講師は日本全国で登録されているのか。
・県内だけでなく全国の著名な方々も登録いただいているが、もちろん県内の講師が多い。
 意見3 講師が直接講演したり、ネットワークを使ったテレビ会議などを使ったりするのか。このような講演などが行われるときには、地域の人にも案内していただけると面白い。
・まるごと学園には、いろいろな講師の講座や講演を収録したビデオもたくさん登録してあり、いつでもネットワークから視聴できるようになっている。
 意見4 地域にもまるごと学園のような講師の派遣制度がある。よいことである。
 
オ 教職員の研修における「目指す教師像」について
 意見1 研修は義務付けられているのか。
・基本研修は義務である。
 意見2 資質向上研修とはどのような研修か。
・指導力の不足する教員の研修である。
 意見3 指導力不足は誰が決めるのか。
・専門の医師等の意見もお聞きしながら、校長と県教委の協議により決めている。
 意見4 研修を受ければよいということか。
・ただ研修を受ければよいというわけではなく、児童生徒に対する指導力がつかない場合は、児童生徒に直接対応しないような部署への配置転換などもあり得る。
 意見5 工業は特に日進月歩で発展していくのでそれを教える先生もたえず勉強が必要である。
 
カ その他(学校教育全般について)
・今年度は定員割れがあったが、その原因を考えないと、今後の学級減・学科減につながる。
 意見1 学級減や学科減に対応するためにも魅力ある学科を作ってPRしてもらうことが大切である。
 意見2 地域との関係をよくしないと学校の評判はよくならない。部活動でボールが校外へ飛び出してくるが、そのボールを取りにきた生徒が畑の作物を駄目にするという苦情が入る。もう少し高いネットを張ってもらえないか。
・南側は昨年度ボールが飛び出して怪我をされたことがありネットが高くなったが、東側はまだ低いままである。東側のネットについても県に要望する。
 意見3 昔は太鼓の音の苦情がよく入ったが最近は地域でよく発表してもらっているので苦情がなくなった。地域と円滑な関係があれば苦情もあまり出ない。
・今年度、創立80周年記念事業として太鼓部が練習している工友館の防音工事をすることになっている。
 意見4 部活動が終わった後、そのまま汚い格好で帰って行く者がいるが、シャワーはないのか。
・シャワーは5基設置してあるが、部活動の終了時間が重なることもあり混雑するので、疲れ切って面倒になってそのまま帰ってしまう生徒もいると思われる。
 意見5 校舎から校外に物を捨てる生徒がいるが、通行者がいる場合もあり危険でもあるので注意をしてほしい。
・校外にかかわらずポイ捨て行為そのものに問題があり現在も指導しているが、マナーについて徹底していきたい。
 意見6 今の子供たちはものづくりを大切にしていないのではないか。ものづくりのおもしろさを地道にPRしていくしかないだろう。
・今までも地元の中学生を対象にしたマイコンカーコンテストとその講習会や岐阜県の小中高ロボットコンテストなど地元に密着した企画を行ってきた。今後も積極的に取り組んでいきたい。
・現在も理科離れがおきており、ものづくりへの興味が少ない。
 意見7 地域での講座は満杯の状態で若い人は別の所でといって高齢者優先でやっているくらいだが、学校開放講座はやっているのか。
・現在実施しているところである。
 
6 会議のまとめ
 今回は県政の政策総点検の一環としてご意見を聞きながら、本校の状況と結びつけた各種の提言をいただいた。今回も「地域に愛され、活力ある学校、開かれた学校」づくりを推進するにあたっての示唆をいただいた。このことを、今後の学校運営に生かしていきたい。