岐阜県立大垣工業高等学校
学校長  岩田 幸作
学校住所 大垣市南若森町301の1 電話(0584)81-1280


1 会議の名称 

岐阜県立大垣工業高等学校学校評議員会(第1回)

2 会議の構成 

委  員 井口よ志子(井口商店)
説田賢二(株セッタ代表取締役会長)
長屋桂子(株デジマックス役員)
村島 謙(校医)
若園昭三(南杭瀬連合自治会長)
(委員名は五十音順)
学校側 岩田幸作(校長)
大角壽賀子(事務部長)
岩田正孝(副校長)
柏 光男(教頭)
松永 博(教頭)
西川治男(教頭)
豊田陽一郎(教務主任)
細野幸泰(教務主任)

3 会議の目的

岐阜県立大垣工業高等学校評議員会設置要綱に基づき、平成16年度の教育方針・重点及び学校課題を説明し、「特色ある学校」「開かれた学校」づくりのための提言を受ける。

4 会議の開催

平成16年7月14日(水) 13:30〜15:30 大垣工業高等学校 会議室
        委員5人と学校側8人が出席

5 会議の概要

(1)授業参観(14:10〜14:30)の感想
・寝ている生徒がいなかった。(午後の授業)
・教室が狭そうだった。(生徒の身体が大きいせいか前後左右に余裕がない)
・黒板が汚れていた。
・携帯電話を触っている生徒がいなかった。
 (高校生はもっと触っているイメージがあった。)
・クーラーのない非常に暑いなかでよくやっていた。
(2)地域への広報について
・評議員になって学校の様子がよく分かった。地域にいても今までは工業高校の活動をよく知らなかった。広く地域の方々に活動を知らせる方法はないのか
・市の広報や自治会の広報に記事を掲載してはどうか。
・自治会への配布は部数が多くなるので、自治会の掲示板を利用するといい。
・自治会の例会で情報を提供するとよい。
・学校行事はホームページで紹介している。先日あった修学旅行中の様子も、現地から携帯電話でデータを送りリアルタイムで写真を掲載した。
(3)地域との交流について

・挨拶がよい。礼儀正しい部員が多い。
・朝の校門で挨拶指導をしているが、応えてくれる生徒ばかりではない。まだまだである。
・清掃活動など地域の者と一緒に活動することで、声をかけやすい雰囲気になってきた。地域で協力して活動することがよい。
・常識が芽生えつつあるように感じる。挨拶もよくできるし、自転車の盗難も少なくなったし、グランド外にボールを取りにくる生徒の対応がよい。
・いろいろな活動も大切だが、挨拶が大きい。第一印象はやはり挨拶だ。
・挨拶は、本来家庭教育の問題だと思うが。
・この時代、いろいろ事件もあるので地域の子どもでも声をかけにくい。
・自転車に乗ったまま校門を入るのがいけない。降りて挨拶させることも大切。
・太鼓部など、地域とのふれあいに頑張っておられる。
・生徒や職員がお手伝いできること(独居老人宅訪問や清掃活動など)を教えて欲しいし、普段学んでいる工業技術力を生かせないかとも思っている。

(4)規律を守る指導について
・体育館で整列指導を行っている。知らないまま卒業させたくない。
・昔は、行進指導があった。
・遅刻指導をしてる。今は全職員が、授業の「始業前3分間チェック」として、教科書の準備から服装指導、環境整備を実施している。
・遅刻が悪いと思わない生徒が6割いる時代だそうだ。学校の指導も大変だ。
・女子生徒のスカートが短い。
・ルーズソックスはなくなった。地域全体の取り組みが大切だ。
(5)その他
・(何かに取り組むことで)高校時代に子どもは感動を得た。これからも、感動が得られるようにご指導をお願いします
・現役を退かれた方からの生徒や職員への指導も考えているので情報を知りたい。

6 会議のまとめ

 本年度の学校の方針・取り組み等を説明し、意見交換を行った。「特色ある学校、開かれた学校」づくりを推進するにあたって、下記の貴重な提言を受けた。 
・地域行事への積極的な参加
・学校行事の効果的な広報活動
・挨拶指導の大切さ
・感動(達成感)が得られるような取り組み指導
委員の方々からいただいた多くの貴重な提言をこれからの学校改革に生かしていきたい。