学校評議員会実施報告書

 
岐阜県立大垣工業高等学校 
                 学校長    岩 田 幸 作 
                 学校住所  大垣市南若森町301の1  電話 0584-81-1280

 
会の名称  平成15年度第1回岐阜県立大垣工業高等学校評議員会
         
会の構成  委  員  説田 賢二  (株)セッタ 代表取締役社長
               高木 邦子  主婦           
               長屋 桂子  同窓会理事                
               村島  謙  校医                   
               若園 昭三  南杭瀬連合自治会長           
                                  (委員名は五十音順)
 
        学 校 側  岩田 幸作  校長     大角壽和子  事務部長
               岩田 正孝  副校長     佐藤 芳満  教頭(全)
               藤井 清彦  教頭(定)  豊田陽一郎  教務主任(全)
               細野 幸泰  教務主任(定)杉山 昭彦  生徒指導主事
               立木 章平  進路指導主事 
 
会の目的
  岐阜県立大垣工業高等学校評議員会設置要綱に基づき、平成15年度の教育方針・重点及び学校課題を説明し、「特色ある学校」「開かれた学校」づくりのための提言を受ける。
                                   
会の開催
 日時・場所平成15年7月14日(月)  13:30〜15:30 大垣工業高等学校会議室
出 席 者委員5人と学校側9人が出席
資   料学校要覧、学校案内(リーフレット)
豊かな青春を君の手に(教務部)
進路指導の状況(進路指導部)
MSリーダズ活動報告(生徒指導部)
定時制の現状
内外教育切り抜き記事

       
評議員会の内容

テーマ:「特色ある学校」「開かれた学校」づくりについて

意見1 周辺住民から太鼓部の練習がやかましいという意見があったが、小学校の運動会で演奏を披露したりして高校生の頑張っている姿を見てもらうことにより、地域に理解してもらえるようになってきた。
意見2 生徒による地域の清掃活動が行われているが、老人クラブなど地域の団体にもよびかけて一緒に活動すると、より理解が深まるのではないか。                   
意見3 生徒が地域の清掃活動をしていることを地元に住んでいながら知らなかった。もっと学校行事などを地域にPR活動する必要がある。                       
意見4 学校のホームページに古い記載がそのままになっている。記事を速やかに更新するとともに、魅力ある内容に工夫してほしい。ホームページが学校のイメージアップにもなると思う。
意見5 国際交流の機会を広げ、生徒に自信と積極性を身につけさせるような取り組みをするとよい。

テーマ:生徒の規範意識について

意見1 以前は学校周辺に自転車の放置が見られたが、最近はほとんど見かけなくなった。良い悪いの分別ができているように思われる。
意見2 長崎の幼児殺害事件をどのように考えたらよいか。
意見3 健全な精神は家庭で育まれるものであるが、学校教育の場でも心のふれあいに取り組んでほしい。
 
テーマ:進路指導について

意見1 企業の求める人間像等についてアンケートをとっているか。就職状況が厳しい中、企業に率直なアンケートを実施し、進路指導に役立ててはどうか。
意見2 本校の同窓生には企業の経営者になっている人も多くいる。年々求人数が減少するなかで、同窓会からも働きかけ、一人でも多くの求人があるようにしてはどうか。
意見3 就職しても数年で退職してしまうという話を聞く。辛抱できないことも問題ではないか。
 
ま と め  

   本年度の学校の方針・取り組み等を説明し、意見交換を行った。「活力ある学校、開かれた学校」づくりを推進するにあたって、下記の貴重な提言を受けた。          
  ・地域行事への積極的な参加と学校行事のPR活動
  ・ホームページの速やかな更新と内容の充実
  ・求人開拓など進路指導の充実
  委員の方々からいただいた多くの貴重な提言をこれからの学校改革に生かしていきたい。