感染症による出席停止扱いについて

 学校保健安全法第19条の規定による学校における感染症(下記の「学校において予防すべき感染症の種類」の表を参考にして下さい)は、感染の可能性がある場合、あるいは罹患している場合は、出席停止の措置をとることとなっています。

 出席停止の措置をとるためには、かかった医療機関にて『学校感染症の診断書及び証明書』に記入してもらう必要があります。『学校感染症の診断書及び証明書』は病気平癒後、登校した折りに担任へ提出して下さい。
 なお『学校感染症の診断書及び証明書』の用紙は、下記のファイルをクリックして開き、それをプリントアウトして下さい。担任または保健室から用紙を受け取っていただいても結構です。それを医療機関に持参して、証明をもらってきて下さい。

※ 証明書としては医療機関が発行する診断書でもかまいませんが、発行費が高くつくことがありますので、本校所定の下記ファイルの書式をご利用いただければと思います。

学校感染症の診断書及び証明書


■学校において予防すべき感染症の種類(学校保健安全法施行規則18条)

第1種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ポリオ、ジフテリア、重症急呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザAウイルスH5N1であるものに限る)

第2種

インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱(プール熱)、結核および髄膜炎菌性髄膜炎

第3種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

(注)「その他の感染症」とは、溶連菌感染症・ウイルス性肝炎・伝染性紅斑・手足口病・ヘルバンギーナ・マイコプラズマ感染症・流行性嘔吐下痢症をいいます。