岐阜県立
〒502-0071 岐阜県岐阜市長良1237-1
<TEL>058-233-7418
<FAX>058-233-7978



岐阜県職員倫理憲章
いじめ防止基本方針
学校改革目安箱

 このサイトに掲載されている文章、画像すべての内容の無断転載、引用を禁止します。
 なお、このサイトに掲載されている児童生徒の画像については、本人及び保護者からの承諾を得ています。


高等部



教育目標

・一人一人の病気や障がいの状態に応じた教育により、将来の社会生活や家庭生活、 職業生活に必要な
 知識と技能、生活態度を身に付ける。
・豊かな情操と個性ある表現力を身に付ける。
・健康の保持増進と生活の安定を図る。


高等部の紹介

 高等部は、卒業後の進路を見据えた一人一人の学習の状況や、病気や障がいの状況に応じた類型ごとの学習と指導目標や内容に応じた学習グループを細分化して学習指導を進めています。

教育課程A
 高等学校(普通科)に準じた教科・科目を履修します。


教育課程B
 中学校までに学習した内容も復習しながら、高等学校(普通科)の 基礎・基本を重視した学習をします。
教科学習(国語)
インターネットを利用した遠隔授業


教育課程C
 社会生活や家庭生活、職業生活に必要な知識や技能、生活態度を身に付けるために各教科の学習とともに、教科等を合わせた「生活単元学習」「作業学習」の学習もします。
生活単元学習
作業学習


教育課程D
 健康で安全な生活ができるように、日常の学校生活を大切に、「自立活動」を主として、一人一人の病気や障がいの状態に応じた学習をします。




教育課程E
 学校に登校することが難しい生徒のために教員が家庭や病院に出向き(訪問教育)、生徒のニーズ、病気や障がいの状態に応じた学習をします。




 就労・施設体験や居住地域実習を積極的に行い、自分の進路や生き方について考え、自ら課題をもって主体的に活動に取り組めむことができるよう、総合的な学習の時間や自立活動を中心に、キャリア学習に重点をおいて取り組んでいます。


その他の活動の様子
総合的な学習の時間
(キャリア学習発表)

インターンシップ
(図書館での実習)


企業内作業学習
(デュアルシステム)