岐阜県立
〒502-0071 岐阜県岐阜市長良1237-1
<TEL>058-233-7418
<FAX>058-233-7978



岐阜県職員倫理憲章
いじめ防止基本方針
学校改革目安箱

 このサイトに掲載されている文章、画像すべての内容の無断転載、引用を禁止します。
 なお、このサイトに掲載されている児童生徒の画像については、本人及び保護者からの承諾を得ています。


高等部



教育目標

◇一人一人の病気や障がいの状態に応じた教育により、将来の社会生活や家庭生活、職業生活に必要な
 知識と技能、生活態度を身に付ける。
◇豊かな情操と個性ある表現力を身に付ける。
◇健康の保持増進と生活の安定を図る。


1 学習の様子

 高等部は、卒業後の進路を見据えた一人一人の学習の状況や、病気や障がいの状況に応じた類型ごとの学習と指導目標や内容に応じた学習グループを編成して学習指導を進めています。
 また、すべての類型で、個々の生徒が自立を目指し、障がいによる学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養い、もって心身の調和的発達の基盤を培うため、自立活動を行います。


(1)教育課程A
 高等学校(普通科)の教科等を学習します。高等学校に準じた科目を履修し、単位を取得する必要があります。卒業に必要な修得単位は74単位以上です。


       教科学習(専門教科:情報)


(2)教育課程B
 中学校までに学習した内容も復習しながら高等学校(普通科)の基礎・基本を重視した学習をします。
 高等学校に準じた科目を履修し、単位を取得する必要があります。卒業に必要な修得単位は74単位以上です。


           教科学習(日本史A)




(3)教育課程C
 社会生活や家庭生活、職業生活に必要な知識や技能、生活態度を身に付けるために各教科の学習とともに、「生活単元学習」や「作業学習」の学習をします。

        生活単元学習(白菜の収穫)
       校内作業実習(ハンガーの組立)


(4)教育課程D
 健康で安全な生活ができるように、日常の学校生活を大切に一人一人の病気や障がいの状態に応じた学習活動を行います。


         自立活動(スイング)

              自立活動(タッチ)


(5)教育課程E(訪問教育)
 学校に登校することが難しい生徒のために教員が家庭や病院に出向き、生徒のニーズ、病気や障がいの状態に応じた学習活動を行います。


          自立活動(作品作り)

         自立活動(仲間との活動)


2 その他の活動の様子

 就労・施設体験や居住地域実習を積極的に行い、自分の進路や生き方について考え、自ら課題をもって主体的に活動に取り組むことができるよう、総合的な学習の時間や自立活動を中心に、キャリア学習に重点をおいて取り組んでいます。

社会見学

       アクア・トトぎふでの社会見学

 5月から6月にかけて、類型ごとに社会見学を実施します。生徒の
実態によっては、公共交通機関の利用方法を事前に学習し、仲間と
ともに活動する経験を積む機会としています。
(平成28年度の見学先)
名古屋市博物館、昭和村、リトルワールド、アクア・トトぎふ



職場見学


 1・2年生のABC類型の生徒を対象に、生徒自身が目指す働き方を考え、社会人として働く姿勢を学ぶことを目的に、一般企業や福祉事業所を見学します。

(平成28年度の見学先)
 株式会社オンダ製作所、ひまわりの丘地域生活支援センター



修学旅行

         原爆ドーム前での記念撮影

 2年生の10月には、生徒の実態に応じて2グループに分かれて修学旅行に行きます。

 平成28年度は、広島での平和学習を核としたグループと、東京方面での活動を行うグループに分かれて実施しました。



キャリア教育

      インターンシップでの実習の様子

 卒業後の社会参加をイメージした取組として、キャリア実習を行います。A・B類型はインターンシップ、C類型は就業体験、D類型は施設体験として取り組みます。3年生では進路決定に向けた実習を随時行います。

 実習先は、生徒の卒業後の生活に合わせ、一般企業、就労移行支援事業所、就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業所、生活介護事業所等となります。



企業内作業学習(デュアルシステム)

          企業での実習の様子

 C類型は、作業学習の延長上に位置付け、企業内作業学習を2年生で行います。1回2時間の実習を年間20回程度実施します。
 スーパーマーケットでの実習では、品出し作業等の合間にお客様への対応をするなど、従業員と同様に働くことで、実地に学ぶ良い機会となっています。

 実習の初期には、教員も一緒に作業を行いますが、徐々に生徒一人で実習ができるように、段階を追って支援しています。



キャリア学習発表会

              発表の様子

 2月には一年間のキャリア実習で学んだことを発表し合い、自己理解を深めるとともに、生徒自身のキャリア形成の課題を明確にすることを目的に、キャリア学習発表会を実施します。生徒、教員、保護者を前に、自分の思いをプレゼンテーションにまとめて発表します。



卒業生を送る会

         クラスの出し物の様子

 3月の卒業式を前に、卒業生を送る会を実施します。クラスごとに出し物を考え、卒業生の門出を祝います。進行、飾りつけ、BGM選び等も役割分担し、生徒が作り上げる会となります。



岐阜工業高等学校との交流

        ふれあいの日での活動の様子

 ふれあいの日を中心に、岐阜工業高等学校生徒会との交流をしています。「長特&岐工コラボバンダナをつくろう」をテーマに、本校高等部生徒が岐阜工業高校生との協働によってデザインしたバンダナを、ふれあいの日の来場者や児童生徒に参加してもらって完成させる活動をしました。