岐阜県立
〒502-0071 岐阜県岐阜市長良1237-1
<TEL>058-233-7418
<FAX>058-233-7978





岐阜県職員倫理憲章
いじめ防止基本方針
学校改革目安箱

 このサイトに掲載されている文章、画像すべての内容の無断転載、引用を禁止します。
 なお、このサイトに掲載されている児童生徒の画像については、本人及び保護者からの承諾を得ています。


学校概要



学校長メッセージ




 長良特別支援学校は、昭和54年の養護学校義務制開始1年前に開校し、今年創立40周年を迎える県下で唯一の病弱教育に特化した特別支援学校です。
当校は、校訓「仲よく 明るく たくましく」のもと「元気な病弱教育」を目指し、日々取り組んでいます。
この校訓には、児童生徒、保護者、教職員が笑顔と明るい心で互いをつなぎ合い、病気や障がいに負けないたくましい心と体を育てていきたいという願いが込められています。

 当校には、慢性疾患、難病、精神疾患等、重症心身障がいにより、医療や生活規制を必要とする小中学生、高校生が在籍しています。全校児童生徒のうち約68%が通学生、約32%が訪問教育により学習している児童生徒です。児童生徒は、病院での医療面における管理や学校での医療的ケア等を必要としており、隣接する長良医療センターや岐阜県総合医療センター 重症心身障がい児施設すこやか、岐阜市民病院への入所・入院生数は、全体の38%となっています。

教育実践においては、児童生徒のキャリア発達の課題に応じて、転入学してから卒業後も社会とかかわりながらよりよく生きる力を育成することを目標に、一人一人のニーズに応じたきめ細かな教育活動を展開しています。

校内の廊下壁面は、多数の児童生徒の作品が展示してあります。一つ一つの作品に児童生徒の夢がいっぱい込められています。「表現する」活動を大切にし、美術作品や音楽活動等に取り組むことを通して児童生徒の成就感や自己肯定感を高めることを目指しています。毎年「夢発信!ながらドリームアート展」を開催し、こうした児童生徒の取組の成果を地域の方々に見ていただき、当校の理解を得る機会としています。

創立以来、長良地域の小中学校のPTAとの交流活動を続けており、行事等には来校していただいて交流を重ねるなど、地域に根差した活動を推進しています。
また、当校は「病弱教育支援センタ−」の機能をもち、病弱教育のコア・スクールとして、県内の特別支援学校や小中学校、高等学校における病気を有する児童生徒の教育への支援や、「幼児相談室」による早期支援の役割も担っています。

職員、保護者、地域の皆様、長良医療センターをはじめとする医療・療育機関の方々が、手と手を取り合って支援の輪をつくり児童生徒の笑顔があふれる温かな学校です。


平成30年 4月
 岐阜県立長良特別支援学校 校長 鹿嶋 成美



沿革

昭和45年4月1日から現在(平成30年4月)までの学校の歴史概要。
平成30. 4. 1 十四代校長 鹿嶋 成美 着任
平成30. 3. 31 十三代校長 和田 俊人 退任
平成28. 4. 1 十三代校長 和田 俊人 着任
平成28. 3. 31 十二代校長 土屋 恭子 退職
平成26. 5. 1 国立特別支援教育総合研究所 研究協力校 コア・スクールを核とした専門性向上システム構築事業
平成26. 4. 1 十二代校長 土屋 恭子 着任
平成26. 3. 31 十一代校長 纐纈 康雄 退任
平成25. 4. 1 十一代校長 纐纈 康雄 着任
平成25. 3. 31 十代校長 若園 仁 退職
平成 23. 10. 28 全日本特別支援教育研究連盟全国大会岐阜大会(分科会開催)
平成 23. 8. 2 平成23年度岐阜県特別支援教育研究会第20回夏季研究大会開催
平成 22. 8. 7 筋ジスサミットin岐阜〜長良から 夢 発信!!〜開催
平成 22. 8.4〜6 平成22年度全国特別支援学校病弱虚弱教育研究連盟校長会研究協議会岐阜大会開催
平成 22. 6. 24 1階教室床暖房及びトイレの全面改装工事完成
平成22. 4. 1 十代校長 若園 仁 着任
平成22. 3. 31 九代校長 下野 正代 退職
平成22. 1. 29 「社会で生きていく力を育てるキャリア教育」研究発表会開催
平成21. 1. 16 岐阜県特別支援教育研究会第44回研究会開催
平成20. 11. 15 創立30周年記念式典挙行
平成20. 8. 6 東校舎完成(4教室、女子トイレ、倉庫、ボイラー室)
平成20. 4. 1 特別支援教育医療的ケアサポート事業(常勤看護師2 名、非常勤看護師4名配置)
平成19. 4. 1 岐阜県立長良特別支援学校に校名変更 九代校長下野正代着任
平成19. 3. 31 八代校長 北洞 勝臣 退職
平成18. 5. 22 行幸啓
平成18. 4. 1 特殊教育医療的ケアサポート事業(常勤看護師1名配置)
平成17. 11. 22 PTA活動文部科学大臣表彰
平成16. 4. 9 学校給食開始
平成16. 4. 8 特殊教育医療的ケアサポート事業開始(特別非常勤講師として看護師3名配置)
平成16. 4. 8 長良養護地域支援センターの設置
平成16. 4. 1 八代校長 北洞 勝臣 着任
平成16. 3. 31 七代校長 上田 紘一 退職
平成14. 4. 2 特殊教育メディカルケアサポート事業(委託看護師常駐)開始
平成13. 4. 1 岐阜地区在宅児童生徒の訪問教育開始
平成13. 1. 26 文部科学省「特殊教育研究協力校」指定の研究発表会開催
平成12. 4. 1 七代校長 上田 紘一 着任
文部省「マルチメディアを活用した補充指導に関する調査研究協力校」(12・13 年度の2年間)指定
平成12. 3. 31 六代校長 上妻 忠夫 退職
平成11. 4. 1 文部省「特殊教育研究協力校」(11・12年度の2年間)指定
平成10. 8. 7 岐阜県特殊教育学校教育研究会第7回夏季研究大会開催
平成9. 11. 15 創立20周年記念式典挙行
平成8. 4. 1 六代校長 上妻 忠夫 着任
平成8. 3. 31 五代校長 竹村 隆俊 退職
平成7. 4. 1 高等部重複障がい学級設置
平成7. 3. 15 同窓会発足
平成6. 10. 14 第19回岐阜県特殊教育学校研究会開催
平成6. 4. 1 五代校長 竹村 隆俊 着任
平成6. 3. 31 四代校長 古田 仁 退職
平成4. 8. 23 卒業生保護者会(PTA・OB会)発足
平成3. 11. 1 文部省特殊教育実験学校(重度重複障がい)研究発表会開催
平成2. 7. 25 第26 回近畿・東海・北陸地区病弱虚弱教育研究連盟研究大会・総会開催
平成2. 4. 1 四代校長 古田 仁 着任
平成2. 3. 31 三代校長 宮川 貞郎 退職
昭和63. 10. 7 全国筋ジストロフィー症児教育研究大会開催
昭和63. 5. 15 創立10周年記念式典挙行
昭和62. 10. 5 第5回岐阜県特殊教育学校研究大会開催
昭和62. 4. 1 病種別学級編制を廃し、学部別学級編制を実施
昭和60. 4. 1 三代校長 宮川 貞郎 着任
昭和60. 3. 31 二代校長 鈴木 安夫 退職
昭和59. 2. 22 県教育委員会指定NHK委嘱放送教育研究発表会開催
昭和58. 11. 17 第24 回全国病弱虚弱教育研究連盟研究協議会並びに総会開催
昭和58. 5. 15 創立5周年記念式典挙行
昭和57. 4. 9 高等部開部式挙行
昭和57. 4. 1 二代校長 鈴木 安夫 着任
昭和57. 3. 31 初代校長 野口 富士彦 退職
昭和56. 4. 26 特別教室棟竣工式挙行
昭和55. 4. 1 長良病院白ばと1、2、3病棟に入院中の学齢対象児全員が訪問教育の対象となる。
スクールバス配車
昭和54. 4. 22 長良養護学校校舎竣工式挙行
昭和54. 4. 1 養護学校義務制施行により、白ばと1、2、3病棟の学齢重度重複障がい児に対し、訪問教育開始
昭和54. 3. 29 新築にともない移転
昭和53. 4. 12 開校式挙行
昭和53. 4. 1 岐阜県条例第5号により岐阜県立長良養護学校設置
初代校長 野口 富士彦 着任
昭和51. 4. 1 病弱児学級小学部1学級増設
昭和50. 4. 1 長良病院白ばと3病棟に入院中の重度重複障がい児に対し、教師1名派遣岐阜県実験学級指定
昭和49. 4. 1 病弱児学級中学部1学級増設
昭和48. 4. 1 施設内精薄学級小学部1学級増設、病弱児学級小学部1学級増設
昭和47. 4. 1 通院肢体不自由児小学部1学級増設
昭和45. 12. 1 PMD児養護学級中学部1学級、長良中学校特殊学級として増設
昭和45. 4. 1 PMD(進行性筋ジストロフィー)児養護学級小学部1学級、長良小学校特殊学級として国立長良病
院内に設置