平成30年度年間行事・月間行事


年間行事予定(H30.4月~H31.3月)
4月行事予定5月行事予定6月行事予定7月行事予定8月行事予定
広報活動

ニュース

2018-7-06 武義高+予備校=HANPA NAITTE!!

 武義高校の今年度の補習は、一味違います。従来の本校教員による補習に加え、駿台・代ゼミの人気講師の授業を、本校で導入しました! しかも、受講料はPTAに支援していただき、生徒の皆さんの学習をサポートします。 保護者の方から、「美濃市には進学塾がない」「塾はお金がかかる」という悩みを聞きました。 学校で、本気で勉強したい生徒を後押しする環境が整いつつあります。 7月には、河合塾の実力講師による対面授業も企画しています。 生徒諸君、駿台・代ゼミ・河合塾に刺激を受けながら、大いに自分の力を伸ばして、志望校を勝ち取ってください!!

生徒の感想
サテライン授業は、とてもわかりやすくて、自分の知らないことなど、たくさん勉強できてとてもいいものだと思います。 火曜も土曜も、とても充実しています。今後も続けていきたいです。

どの講座もとてもわかりやすくて、今までの自分の英語の学習方法を見直さなければいけないと自覚できました。 どこがポイントとなっているか、和訳では、いかにきれいな訳にできるか、今までこだわっていなかった視点が見えてとても良いです。 予備校講師による補習の様子

2018-6-22 3年生特進講座
「なぜ赤ちゃんは言葉をしゃべるようになるの?」 

 3年生の特進クラス向けに、特進講座が開かれました。 今回のテーマは、「文法獲得のための生得的な仕組みと経験の役割」という題目で、 関西外国語大学英語キャリア学部教授の岡田伸夫先生に来ていただきました。 岡田先生は、大修館書店の月刊雑誌「英語教育」のQuestion Boxを執筆担当されている先生の一人で、 日本全国の英語学習者の、英語に関する相談を解決してくださる言語学者です。大阪大学を退官された後、 現在の大学で学部長を務められています。
 武義高校の特進講座は、リベラルアーツの考えのもと、文理を問わず幅広い視点から、 学問分野を絞り込んでいます。今回も、ことばの問題から、 生物学、哲学へと学問領域を横断していくスケールの大きな内容となりました。 言語は、 “nature”(生得的)か、“nurture”(経験)かという問題に、 言語は遺伝子に組み込まれた本能であるという立場から、さまざまな証拠を示しながら論証していかれました。 その論証過程において、生徒のみなさんは知的興奮を経験したことでしょう。 分野の第一人者が語る、その学問分野の底深さを感じとり、今後の勉強に生かしてくだされば、 岡田先生もきっと喜ばれることでしょう。(私も嬉しいです) Why do we know? What do we know?  この精神で!一瞬の出会いが、みなさんの世界を広げることを期待して。

<<生徒の感想から>>
私は、理系で生物を選択しています。 最近、ちょうど生物の授業で、生まれつき備わっている行動と、 生まれてから経験したことで行われる行動があるのを習いました。 そこで人間は、どこからどこまでが知能行動で、 どこからどこまでが本能行動なのかということが知りたくなりました。 今日の講座で、言語の面での、本能行動をよく理解することができました。

英語を勉強してきて、考えたことのないことばかりで、 初めての経験でした。初歩的だけど、気づきにくいことや、 まったく気にもしなかったことを深く掘り下げることができてとても楽しかったです。

今日は、いつもの授業とは少し違った講座でした。 だいぶ深い講座になったと思いました。 ブロッキングの話は、初めて考えてみた内容です。 いつもとは違った視点の講座はとても面白いものでした。ありがとうございました。

私は外国語の言語や文化について学びたいと考えています。 普段当たり前のように使っていた言語だけど、 言われてみればそうだと思うことが多くて、 とても興味深かったです。 日本で育った子供に、アメリカの子供の脳や遺伝子を組み替えたら、 どっちの言語を話すのか疑問を持ちました。またききたいです。 特別進学講座

2018-6-19 インターハイ出場決定!!
全国高等学校総合体育大会 男子シングルス 宮嶋かまち君

 5月13日(日)および5月19日(土)に行われた、第66回岐阜県高等学校総合体育大会テニス競技兼全国高校総体・東海高校総体 テニス競技岐阜県予選大会男子シングルスにて、本校3年生の宮嶋かまち君が優勝しました。昨年度も同大会で優勝しましたが、今年度も堂々たる戦いぶりでした。 宮嶋君は6月17日(日)に行われる東海高校総体、8月5日(日)~8日(水)に行われる全国高等学校総合体育大会に出場します。 今年度はどちらも三重県四日市市で開催されます。 宮島かまち君テニス優勝

2018-6-07 1年生特進講座「アフリカ・ベナンの旅へようこそ!!」 

 1年生の特進講座の様子です。
 今回はアフリカのベナン出身のADANDJEHLA ACONASSOU JANVIER(Mr.John)さんをお招きして、ベナンの言語や文化、教育制度についてお話をしていただきました。
”Hi! Everyone! Today, Let’s go and have a study trip to…Where?”というJohnさんからの投げかけで講義は始まりました。 Johnさんはベナンで教師をしていた経験があり、生徒を様々な方法で話に引き込んで、ベナンの植民地時代の歴史などについて話をされました。 授業の中では英語やフランス語、現地の言葉などが使われていましたが、それらにもアフリカの歴史が関わっているということが分かりました。
講義の後半では、ベナンの教育制度とその問題点について話をしていただきました。Johnさんは筑波大学大学院に奨学生として留学された経緯があり、その時の研究内容や、大学院の話をしていただきました。 講座の最後には生徒から様々な質問が飛び交い、充実した講座となりました。

【生徒の感想】
Yさん
講義が英語だったので、内容を聞き取ることは難しかったけれど、アフリカのベナンのことについていろいろと知ることができてよかったです。 ジョンさんは、自分の国の識字率がなぜ低いかを研究して、将来は自分の学校をベナンに建てたいと考えていると聞いてすごいなと思いました。 私は、まだ将来何がやりたいかは決まっていないけれど、語学や外国の文化などに興味があるので、何か見つけていきたいと思いました。

Iくん
アフリカでは、まだまだ発展途上の国が多くあり、教育制度も整っていないのが現状なのだと思いました。 ベナンには、日本の文部科学大臣にあたる人が3人もいるのに、識字率が42パーセントでとても低いとわかりました。 この講義を聞いて、世界の教育制度が少しでもよくなればいいなと思いました。 1年生特進講座

2018-5-16 球技大会 

 全校で球技大会としてバレーボール大会がありました 午前中はリーグ戦、午後はリーグ上位チームによるトーナメント戦が行われました。 1年生の若さあふれるプレーと2・3年生の技術力の高いゲームが繰り広げられました。 武義高名物でもある、クラスオリジナルゼッケンにも目が離せません。
 砂まみれになった体操服が、その日の熱い戦いを物語っています。 クラスの団結がより一層深まった一日になりました。 球技大会 球技大会 球技大会

2018-5-12~5-13 定期演奏会 

 吹奏楽部の定期演奏会が2日間にわたり、行われました。
 本格的で迫力のある曲はもちろん、観客も手拍子をするポップな曲もあり、 楽しい演奏を聴くことができました。 演奏ごとに自然と拍手がわきおこる、素敵なステージでした。 定期演奏会

2018-5-10 交通安全講話 

 交通安全講話がありました。
 普段使っている自転車の運転の仕方やマナーなどを改めて確認することができました。 交通安全講話

2018-5-02 校外研修 

 校外研修で、1年生は名古屋港水族館、2年生は高山市、3年生は長島スパーランドへ行きました。 普段の学校とは一味違う雰囲気を、友達と楽しんでいました。 1日楽しく過ごしたので、帰りのバスではぐっすり寝ている生徒も多かったです。
 研修を通して、新しいクラスの友達とさらに交友を深めることができました。 これからの学校生活もさらに楽しくなりそうですね。 校外研修 校外研修 校外研修

2018-4-10 対面式 

 1年生と2・3年生の対面式がありました。 1年生はこれからお世話になる先輩方との対面に少し緊張していました。 2・3年生にとっては、先輩としての自覚をさらに強くする機会になりました。
 武義高校がより一層活発になるように、全ての学年がお互いに協力できるようにしていこう! 対面式

2018-4-09 入学式 

 ご来賓、保護者の皆様の列席を賜り、厳かな雰囲気の中、入学式が行われ、普通科・商業科・情報処理科195名に藤田校長から入学許可が与えられました。
 新入生は新たな高校生活への期待と緊張で、胸がいっぱいです。理想を高く、心を清く、3年間、共に学びましょう。 入学式

過去のニュース

岐阜県立武義高等学校

〒501-3729
岐阜県美濃市泉町2-3
TEL:0575-33-1133
FAX:0575-35-2321
交通アクセス
特別進学クラスの概要、Q&A
災害時の登校
感染症証明の書類
いじめ防止基本方針