岐阜県立益田清風高等学校

芸術鑑賞会 - スクールライフ -

芸術鑑賞会 - 平成29年10月27日 -

 10月27日(金)本校体育館にて、劇団アルファーによる「爺さんの空」を鑑賞しました。元特攻隊員の回想をもとに、多くの若者が散っていった戦争の悲惨さを描き出し、平和の尊さを訴えかける舞台でした。また、照明や音響とあわせて、ステージ上部の壁にプロジェクターからの映像を映し出すという手法が用いられ、役者の演技を一層引きたてるものになりました。生徒、教職員ともに学校中が感動した2時間でした。

【生徒の感想】
・今の私たちでは知り得ないような、戦時中の様子、過酷さ、友人や家族が死んでいくことの悲しさが、リアルに演じられていて、衝撃を受けました。
・役者の皆さんの迫力に驚きました。表情や声の変化が遠くの席から見ていてもよくわかり、どんな心情なのか理解できました。こんなにもすばらしい演技を観ることができ、体感できて、本当にうれしく思います。
・劇中には本当の人間のありかたが沢山あったと感じました。生きていたという願望、人を愛する気持ちと喜び、今のこの時代に当たり前に存在しているものを今を生きる自分が大切にしなくてはいけないと思いました。