岐阜県立益田清風高等学校

茶道部 - 部活動紹介 -

部活動の紹介

「和敬清寂を基に」
 お茶は「和敬清寂」が1番のもとです。お茶を点てて、お客様に出すことで亭主とお客様の和が広がります。私たちはこうした和の世界で共に活動しています。
 普段の活動では、講師の先生からお茶の点て方やお客のもてなし方を、丁寧に教えてもらいます。また、客となり、お茶菓子と抹茶をいただきます。おもてなしの心、礼儀作法を学ぶことができ、茶道を通じて、「一期一会」の精神(そのときを大切にする)を学びます。
 作法だけでなく社会に出てから必要な礼儀についても習うことができるので、人としても成長できる活動です。

H29年8月 交流茶会

 保育園児らにお点前を披露する交流茶会(茶道裏千家淡交会飛騨支部学校茶道連絡協議会主催 平成29年8月2日(水)高山市民文化会館にて開催)に、高山西、吉城、高山工業高校の茶道部員とともに参加。本校は、「七夕」をテーマに、高山工業との合同茶席を設けた。最初は緊張の面持ちであったが、保育園児らからの「ありがとう」と声に、顔をほころばせた。


H29年7月 浴衣着付け教室

 平成29年7月18日、小林豊子きもの学院教授兼松先生、吉岡先生をお迎えして、浴衣の着付け教室を実施。


写真ギャラリー