岐阜県立益田清風高等学校

沿革 - 学校案内 -

沿革(旧益田高校)

大正13年 岐阜県益田農林学校開校
大正15年 校舎落成
昭和 2年 岐阜県に移管
昭和 5年 女子部設置
昭和23年 学制改革に伴い 岐阜県立益田高等学校となる
      普通科・農業科設置・定時制併設
昭和26年 商業科設置
昭和33年 農業科募集停止
昭和33年 校旗制定
昭和34年 校歌制定 定時制濃飛分校募集停止 定時制下呂分校舎竣工
昭和35年 農業科廃止
昭和36年 講堂兼体育館竣工
昭和37年 商業実習室竣工
昭和39年 商業科特別教室3階竣工
昭和41年 定時制中心校閉校
昭和50年 小坂分校(定時制)閉校
昭和51年 校舎改築
昭和54年 益友会館工事竣工
昭和55年 校訓碑(向学・自主・友愛・奉仕)工事竣工
昭和56年 商業実習棟竣工
昭和58年 新体育館竣工
昭和61年 情報処理科設置
昭和62年 特別教室棟竣工、益友会館取り壊し
平成 2年 テニスコート改修工事
平成 6年 旧女子寮(白菊寮)を研修会館(向学館)として改装開館
平成 6年 創立70周年記念行事・記念式典挙行
平成 9年 事務科募集停止
平成11年 向学館解体
平成13年 体育館兼講堂解体
平成14年 学科改変によりビジネス会計科、経営情報科を新設
平成14年 商業科・経理科・情報処理科 募集停止
平成14年 向学館(武道場)竣工
平成16年 創立80周年記念行事・記念式典挙行
平成17年 「生徒いきいきプラン」により、岐阜県立益田南高等学校と統合
      益田清風高等学校となり普通科・総合学科・商業科を置く
平成17年 益田清風高等学校開校式を挙行

益田高校01 益田高校02

沿革(旧益田南高校)

昭和48年 岐阜県教育委員会において本校設置が決定
       「入学定員」(全日制課程)普通科135名
             (定時制課程)普通科 20名
昭和49年 敷地造成工事開始
      益田高等学校定時制下呂分校が廃止
      益田高等学校定時制下呂分校在学生が、本校定時制課程へ編入
      下呂温泉会館において開校式を挙行
      第1回入学式および定時制課程編入式を挙行
      岐阜県教育委員会において「入学定員」普通科180名と規定
昭和50年 下呂町小川地内の新設校舎へ移転
昭和51年 本館棟第2期工事完成
昭和52年 体育館工事完成
      特別棟第2期工事完成(社会科教室、被服実習室、書道教室)
      本校体育館において全日制課程第1回卒業式を挙行
      部活動部室工事完成
      特別棟第3期工事完成(美術教室、図書館、視聴覚教室)
昭和53年 竣工式並びに5周年記念式典を挙行
昭和55年 部活動部室増室工事完成
昭和56年 格技場工事完成
      2学期制から3学期制へ移行
昭和57年 全日制課程入学定員135名に減員
昭和57年 昭和58年度全日制課程入学定員180名に増員
昭和58年 益田南高等学校同窓会設立
      校訓碑除幕式ならびに創立10周年記念式典を挙行
昭和59年 第2特別教室棟完成(会議室、地学実験室、国際教室、音楽室)
昭和60年 益田南高等学校定時制課程閉校記念式典を挙行
昭和63年 「入学定員」普通科184名に増員 国際・情報コース新設
平成 元年 コンピュータ24台設置
平成 5年 語学実習装置(LLシステム)設置・制服変更・弓道場完成
      創立20周年記念式典を挙行
      国際・情報コース第1回海外研修実施
平成 7年 コンピュータ42台設置
      普通科120名に減員 国際・情報コースは1学級
平成 8年 外壁・給水設備改修工事完成
平成 9年 ワープロ41台設置
平成12年 コンピュータ42台更新
平成13年 コンピュータ42台増設・体育館耐震工事完成
平成14年 本館棟耐震補強工事完成
平成17年 「生徒いきいきプラン」により、岐阜県立益田高等学校と統合
平成17年 益田清風高等学校(下呂校舎)開校式を挙行
平成19年 益田清風高等学(下呂校舎)を閉鎖

益田南高校01 益田南高校02

沿革(益田清風高校)

平成17年 「生徒いきいきプラン」により益田高等学校の場所に益田高等学校
      と益田南高等学校が統合され新たに益田清風高等学校が開校
      「普通科」「総合学科」「ビジネス会計科」「経営情報科」を設置
      益田清風高等学校開校式を挙行
平成18年 総合学科棟竣工
平成19年 益田清風高等学校下呂校舎を閉鎖
平成20年 プール付属棟解体工事
平成21年 体育館外壁改修工事

益田清風高校01 益田清風高校02