本文へスキップ

 

自ら挨拶する明誠高生      

積極的に学ぶ明誠高生      

ふるさと、海津に貢献する明誠高生



学校概要CONCEPT

教育方針・目標

教育指導の重点

1 教育目標

 生徒一人一人を大切にして、自ら学び自ら考える力を育てるとともに、心豊かな人間性を育成し、心身ともに健康で社会に貢献できる人間を育てる。

2 教育方針

(1)自らの目標を達成するための確かな学力の定着と主体的な学習態度の育成。
(2)基本的な生活習慣を培い、礼儀や規律を重視した指導の徹底。
(3)「開かれた学校づくり」を推進し、家庭や地域社会から信頼され支持される学校づくり。

3 求める生徒像

(1)自ら挨拶する明誠高生
(2)積極的に学ぶ明誠高生
(3)ふるさと、海津に貢献する明誠高生

4 本年度の重点

(1)学校教育の重点
  @ 基礎的・基本的な学力の確実な定着を図り、主体的な学習態度の育成に努める。
  A 各種資格の取得を目指すとともに、生徒一人一人が進路希望を達成できるような体制を作り指導を
   する。
  B 自らの行動に責任をもち相手を尊重して互いに高め合うとともに、礼儀や規律を重んじる態度を育
   成し、社会の一員として通用する「即戦力」の生徒を育てる。
  C 学校の教育方針などについて積極的に情報提供するとともに、外部の評価を学校経営に活かして、
   特色ある学校づくりを推進する。
(2)学習指導の重点
  @ 各教科において、言語活動の充実に向けた取組や「学び直し」の実践を継続的に行う中で、授業改
   善に努める。
  A 生徒の興味関心や進路等に応じた具体的な目標を定めさせ、生徒が主体的に学ぼうとする態度を
   涵養する。
  B 授業改善推進委員会との連携を図り、研究授業や公開授業の在り方を充実させ、教員の授業力向
   上を目指すとともに、授業のユニバーサルデザイン化に取り組む。
  C 新学習指導要領の研究を引き続いて行い、生徒の実態を踏まえた教育課程の研究及び編成を行
   う。
(3)進路指導の重点
  @ キャリア教育の全体計画に基づき、各教科科目の連携を図り、望ましい勤労観、職業観の育成を図
   る。
  A 全職員による「進路サポーター制度」をさらに改善し、生徒の進路実現を支援する。
  B 「進路の手引き」を有効に活用し、LHRや総合的な学習の時間を通じてキャリア教育を推進する。
  C 広報活動を充実し、保護者や中学校、地域に情報を発信する。
  D 就職先の確保と就職率100%を達成する。
(4)生徒指導の重点
  @ 交通事故・問題行動等の発生時には、危機管理意識を高くもち誠実、迅速に組織的な対応を行う。
  A 自他の生命の大切さを認識し、相手を尊重して高めあうことができる指導に努める。
  B 教育活動全般を通して、道徳的実践力の育成と規範意識の醸成に努める。
  C 日常的な教育相談活動を展開し、HR担任・生徒指導主事・教育相談担当など職員相互の連携を
   強化し、家庭や関係諸機関とも連絡を密にして、いじめや不登校の早期発見・早期指導に努める。
  D 日ごろから保護者との意思疎通を図り、理解と協力が得られるように努める。また、生徒の指導につ
   いては説明責任を果たすように努める。
  E PTA・地域社会・関係諸機関との連携を強化し、地域から愛され期待される学校づくりに努める。

校長室から

CEO

 卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
「冬来たりなば 春遠からじ」寒く厳しい冬の後には、やがて暖かい春がやってきます。百七十九名の卒業生の皆さんは海津明誠高生として三年間、学習や部活動等を通して様々なことを学び成長し、卒業という今日の佳き日を迎えました。卒業生の皆さん、海津明誠高校での高校生活はどうでしたか。必ずしも楽しい日々ばかりではなかったと思います。しかし、校長室で皆さんと面談する中で、「海津明誠高生で良かった。入学して良かった」と答えてくれた人が殆どであったことを私は大変うれしく思いました。それはひとえに皆さんが、勉学、部活動、生徒会活動などの学校生活に仲間や先生方との係りを大切しながら、懸命に取り組んできた証ではないかと思っています。時にはつまずいたこともあったでしょう。投げやりになることもあったでしょう。そうした日々を乗り越えたからこそ、今日につながったのです。海津明誠高校の卒業生であることにプライドを持って下さい。我々職員も皆さん一人ひとりが自分に対し自信が持てるよう様々な活動を通して、指導してきたつもりです。皆さんが、本日の卒業を迎えることができたことを心から祝福します。
 海津明誠高校となって十二年目。皆さんは、最高学年として、様々な場面で活躍した姿を見せてくれました。その活躍は、自分自身の宝となるばかりか、学校や後輩への財産ともなりました。 その一つは、生徒会執行部の三年生が中心となり、学校を美しくしようと玄関前の除草に取り組んでくれたことです。それを見た部活動の生徒も中庭や校舎周りの草ひきや掃き掃除をしてくれました。来校頂いた方から、「生徒が落ち着いていますね。掃除が行き届いているのを見てわかります。」とお褒めの言葉を頂くこともしばしばでした。一人でできることは高々知れていますが、その輪が広がると大きな力になります。人に言われてやるのではなく、自主的に始まった取組であることに誇らしさを感じます。
 二つ目は、明誠祭の最後を飾る体育祭です。今年の応援団長は、赤白青団共に女子生徒で、団員もほとんどが女子という顔ぶれでした。私は団がまとまるか一抹の不安を抱いていました。しかし、その心配を他所に、三年男子が精一杯の声で団員を鼓舞し、一致団結した全力の姿を見せました。閉会式の校歌斉唱が体育祭を象徴し、天に轟くような歌声は、海津明誠高校が一体となり、身震いするほどでした。海津明誠高校に流れる伝統を引き継ぎ、さらに新たな伝統を築いてくれました。
 三つ目は専門科の活動です。情報処理科では、県から二年間の『飛び出せスーパー専門高校生推進事業』の指定を受け、海津市商工会との「われらまちゼミサポーター」の取組を、さらに発展させ、ホームページのリニューアル、講座の案内に取り組みました。まちゼミの講座では、『初めてのタブレット講座』と、『パソコンでカレンダーを作ろう』を開講しました。生徒は市民の方に理解してもらおうと一生懸命に説明し、受講者の方からは、「私は毎回この講座を楽しみにしています。」「高校生が本当に親切に教えてくれるのでよくわかる。」という感想を頂きました。また、今年度も、二つの小学校へ三、四年生対象の珠算教室の補助に行きました。机に座っている児童の算盤の様子を上からの覗くのでなく、跪いて児童の目線に合わせ、わかってもらおうと何度も何度も算盤をはじく姿が印象的でした。小学校の校長先生は、「休憩時間も校庭に出て一緒に縄跳びやかけっこをしてくれるので子どもたちは海津明誠高生が大好きです。」と仰っていました。本校のスローガンである『ふるさと海津に貢献する』を実践した活動であると自負しております。 また、生活福祉科では、今年度県から一年間の『専門高校生国際化推進事業』の指定を受け、異文化理解と国際感覚を身に付けた職業人の育成に取り組みました。外国人を雇用している海津市内の企業を訪れ、外国の就労者の方から仕事に対する思いや日本で学んだ技術を祖国で広めたいという志を聞き、就労者の目的意識の高さを学び、自分たちも社会人としての自覚をもち、会社に貢献できる人材として成長していかなければならないという決意を新たにしました。また、海津市主催の『海津市周遊ツアー』に参加した外国人留学生をお千代保稲荷神社で迎え、皆さんが案内役を務め、お参りの仕方や土産店を片言の英語と手ぶり、身振りで紹介しました。皆さんが体験を通して、自信をつけ、たくましく成長する姿を目のあたりにし、経験は人を育てる最良の手法であることを認識いたしました。
 四つ目は、部活動です。ウエイトリフティング部は、女子は内山が全国高校女子選手権大会に出場。少林寺拳法部は男女共に組演武でインターハイ出場。ヨット部は、東海総体で2年ぶりに男女とも総合優勝を果たし、岩手国体で少年男子レーザーラジアル級に吉安が4位入賞、ニュージーランドで行われたユースワールドチャンピオンシップに日本代表として女子420級に堀畑、北林が出場。女子バレー部がビーチバレージャパン女子ジュニア選手権に出場、ワープロ部は全国大会で団体6位入賞し、本県の出場枠を一つ増やし、個人でも菊岡が5位入賞を果たしました。珠算部は久しぶりに個人で立花が全国大会に出場し、他にも多くの生徒が東海大会等に出場しました。やりきったという達成感、充実感とともに、悔しさもあったでしょう。
 五つ目は、ボランティア活動です。吹奏楽部や書道部は海津市内の介護施設のイベントや産業祭に出演し、花を添えています。今年で三十二回となる『ディナーサービス』は、市内の一人暮らしの高齢者宅へ生活福祉科の生徒が調理した弁当を民生委員の方の協力を得て配達します。福祉委員の生徒は訪問してメッセージを贈り、学校の様子を説明します。高齢者を訪問し、感謝されることで、自分が誰かの役に立っていることを実感し、三年間福祉委員を続けた生徒もいます。 皆さんは三年間で様々な体験を通して、自信を財産として培ってきました。皆さんのこうした成果は、本校に新たな一ページを加え、財産となって残ります。後を任される後輩は、卒業生の皆さんの果たせなかった想いを引継ぎ、さらなる躍進を誓って上を目指すものと思います。
 卒業生の皆さん、これからの道のりは様々な試練が待ち受けています。やらされていると思っていては何も生まれません。分からなければ全力で取り組むことです。使命感をもってできるかです。一歩一歩の積み重ねを大切に、自分の可能性を信じ、健康にはくれぐれも注意し、誇りをもって人生を切り開いていくことを切に願っています。 最後になりましたが、保護者の皆様に、お子様の晴れのご卒業を心からお喜び申し上げるとともに、今日まで本校の教育にお寄せいただきました温かいご理解とご協力に心から感謝して、式辞といたします。(平成28年度卒業式式辞より)
 


設置課程・学科名


 設置課程 全日制課程  
 学科  普通科 情報処理科  生活福祉科 

学級生徒数

  1年 2年 3年 合計
普通科  118 118  109  345 
情報処理科  41 34  34  109 
生活福祉科  40 33  36  109 

校訓

図南鵬翼・浩気拙誠(となんほうよく・こうきせっせい)

「図南鵬翼」:「荘子、逍遥遊篇」の中の言葉で、「鵬という何千里にも及ぶ大きな翼を持つ鳥が空高く舞い上がり、南の大海に行こうと図る」という意味です。「大志を抱いて力強く生きる」という願いが込められている。

「浩気拙誠」:「浩気」は「孟子、公孫丑上」の「浩然の気を養う」により、道義に基づいた正大剛の気、大きな勇気を表す。「拙誠」は、劉向「説苑」にある「巧詐は拙誠に如かず」により、下手でもまじめ、真心が大切であることを表す。

校歌

作詞  横川隆正
作曲  河田重之
一、東の長良 西の揖斐
  山脈映す 水の華
  明るく誠を 旨として
  仰ぐ校旗に 夢託し
  学びの庭に あふるるは
  猛き気概と 不断の栄光
二、先人の業 現在に受け
  沃野の恩恵 豊かなる
  明るく誠の 道をふみ
  えがく理想へ 意気高く
  学びの海に 沸きたつは
  熱き血潮と 雄飛の誉れ
↑クリックすると海津明誠高等学校校歌をダウンロードすることができます。

校章

校章

沿革

大正10年(1921)
岐阜県立海津中学校、海津郡今尾町に設置が認可される。
岐阜県海津高等女学校、海津郡高須町に設置が認可される。
大正12年(1923)
岐阜県海津中学校と改称。
岐阜県海津高等女学校が郡立より県立に移管。
昭和23年(1948)
岐阜県立海津高等学校と改称。
岐阜県立海津女子高等学校と改称。
昭和23年(1948)
2校を統合、岐阜県立海津高等学校を海津郡高須町に開設。
昭和39年(1964)
城山分校が独立、南濃町立南濃高等学校開設。
昭和46年(1971)
海津高等学校創立50周年記念式典挙行。
昭和47年(1972)
今尾分校生徒募集停止、全日制家政科設置。
昭和58年(1983)
家政科分離独立し、岐阜県立海津北高校開設。
平成 2年(1990)
海津高等学校創立70周年記念事業「学校敷地拡張」。
平成12年(2000)
海津高等学校創立80周年記念事業。
「ロータリー、中庭整備、モニュメントタワー」完成。
平成14年(2002)
海津北高等学校創立20周年記念式典挙行。
平成17年(2005)
海津高等学校と海津北高等学校が統合、海津明誠高等学校開設。
平成19年(2007)
本館棟、商業生活産業棟完成。
平成20年(2008)
武道場完成。
平成22年(2010)
海津明誠高校創立90周年記念式典挙行。

倫理憲章

岐阜県職員倫理憲章 海津明誠高等学校実行計画(PDF)


マニフェスト

平成28年度 学校経営計画(高等学校版マニフェスト)(PDF)


バナースペース

岐阜県立海津明誠高等学校

〒503-0653
岐阜県海津市海津町高須町11−1

TEL 0584-53-1155
FAX 0584-53-3144