本文へスキップ

 

自ら挨拶する明誠高生      

積極的に学ぶ明誠高生      

ふるさと、海津に貢献する明誠高生



学校概要CONCEPT

教育方針・目標

教育指導の重点

1 教育目標

 生徒一人一人を大切にして、自ら学び自ら考える力を育てるとともに、心豊かな人間性を育成し、心身ともに健康で社会に貢献できる人間を育てる。

2 教育方針

(1)自らの目標を達成するための確かな学力の定着と主体的な学習態度の育成。
(2)基本的な生活習慣を培い、礼儀や規律を重視した指導の徹底。
(3)「開かれた学校づくり」を推進し、家庭や地域社会から信頼され支持される学校づくり。

3 求める生徒像

(1)自ら挨拶する明誠高生
(2)積極的に学ぶ明誠高生
(3)ふるさと、海津に貢献する明誠高生

4 本年度の重点

(1)学校教育の重点
  @ 基礎的・基本的な学力の確実な定着を図り、主体的な学習態度の育成に努める。
  A 各種資格の取得を目指すとともに、生徒一人一人が進路希望を達成できるような体制を作り指導を
   する。
  B 自らの行動に責任をもち相手を尊重して互いに高め合うとともに、礼儀や規律を重んじる態度を育
   成し、社会の一員として通用する「即戦力」の生徒を育てる。
  C 学校の教育方針などについて積極的に情報提供するとともに、外部の評価を学校経営に活かして、
   特色ある学校づくりを推進する。
(2)学習指導の重点
  @ 各教科において、言語活動の充実に向けた取組や「学び直し」の実践を継続的に行う中で、授業改
   善に努める。
  A 生徒の興味関心や進路等に応じた具体的な目標を定めさせ、生徒が主体的に学ぼうとする態度を
   涵養する。
  B 授業改善推進委員会との連携を図り、研究授業や公開授業の在り方を充実させ、教員の授業力向
   上を目指すとともに、授業のユニバーサルデザイン化に取り組む。
  C 新学習指導要領の研究を引き続いて行い、生徒の実態を踏まえた教育課程の研究及び編成を行
   う。
(3)進路指導の重点
  @ キャリア教育の全体計画に基づき、各教科科目の連携を図り、望ましい勤労観、職業観の育成を図
   る。
  A 全職員による「進路サポーター制度」をさらに改善し、生徒の進路実現を支援する。
  B 「進路の手引き」を有効に活用し、LHRや総合的な学習の時間を通じてキャリア教育を推進する。
  C 広報活動を充実し、保護者や中学校、地域に情報を発信する。
  D 就職先の確保と就職率100%を達成する。
(4)生徒指導の重点
  @ 交通事故・問題行動等の発生時には、危機管理意識を高くもち誠実、迅速に組織的な対応を行う。
  A 自他の生命の大切さを認識し、相手を尊重して高めあうことができる指導に努める。
  B 教育活動全般を通して、道徳的実践力の育成と規範意識の醸成に努める。
  C 日常的な教育相談活動を展開し、HR担任・生徒指導主事・教育相談担当など職員相互の連携を
   強化し、家庭や関係諸機関とも連絡を密にして、いじめや不登校の早期発見・早期指導に努める。
  D 日ごろから保護者との意思疎通を図り、理解と協力が得られるように努める。また、生徒の指導につ
   いては説明責任を果たすように努める。
  E PTA・地域社会・関係諸機関との連携を強化し、地域から愛され期待される学校づくりに努める。

校長室から

CEO

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。校舎の満開の桜が、皆さんの門出を祝ってくれています。
 ただ今、入学許可をいたしました189名の新入生の皆さん、本日の喜びを忘れることなく、2020年に創立100周年を迎える歴史と伝統を誇る海津明誠高校の生徒であることに自信と誇りを持って高校生活を送ってください。
 新入生の皆さんは、九ヶ年の義務教育の課程を終え、今日から、夢に見た海津明誠高等学校での生活が始まります。皆さんは、今どんな思いで入学式に臨んでいることでしょうか。「さあ、やるぞ」という将来への意気込みと「大丈夫かな」という若干の不安を持っているのではないでしょうか。皆さんがこれから歩む三年間、約千日の道のりは、決して平坦な道ばかりではなく、山もあれば、谷もあると思います。自分の将来進むべき道を見つけ、切り開いていく大切な時期です。日々の過ごし方によっては、その後の人生を大きく変える重要な時であるといっても過言ではありません。そこで、新入生の皆さんには、高校三年間で是非身に着けてほしいことがあります。『自分の素晴らしさを発見し、自ら輝いてほしい。』ということです。そのため、自分の可能性に挑戦し、成長するために、三年間かけて実践してほしい三つのことをお願いします。
 一つ目は、『社会のルールやマナーを守る』ことです。一人の人間として、また、社会の一員として、ルールやマナーを身に付け、守れる人になってください。皆さんは、これまで、このことについて先生や多くの方々から指導や助言を受けて育ってきました。これからは、その意義を理解し、自ら事左遷できるよう努めてください。例えば、地域の人たちにも明るく元気に挨拶ができるなど、地域の方々に愛され、信頼され、『地域が誇れる海津明誠高生』を目指して欲しいと思います。
 二つ目は、『勉強する』ことです。学校は勉強するところです。志をもち、その実現に向けて積極的に学ぶ人になってください。皆さんには、大きな夢と目標をもって、力一杯努力をしてほしいと思います。毎時間の授業に集中し、100%理解し、身に着けようする気迫と気力を持ち続けてください。心身ともに成長著しい皆さんは一番学力がつく時です。先輩の中には苦手な数学を毎日の復習で自分の力とし、国立大学に合格した人もいます。勉強することで学力をつけ自信に繋げ、自分の素晴らしさを発見することになります。『高校生は勉強するために学校に来る』ことを忘れないでください。
 三つ目は、『思いやりの心を持つ』ことです。人に感謝できる、人を思いやることができる人になってください。人間は一人では生きていけません。皆さんの周りには、家族、中学時代の先生、友人や近所の方など、自分を見守り、心配してくださる人たちがいるはずです。そうした人たちのためにも、感謝の気持ちをもって、高校生活を送ってほしいと思います。 また、部活動やクラスの友人との協力、励まし合い、交流などの体験を通して、お互いの人格を尊重し、人の苦しみ、悲しみなど人の心の痛みを理解しようと心掛けてください。 『社会のルールやマナーを守る』『勉強する』『思いやりの心を持つ』ことが高校生活を送る基本です。入学にあたってこの三つのことをしっかり心にとめ、これから『自分の素晴らしさ』を発見して、自ら輝いていく『自分探しの旅』を送ってほしいと心から願っています。本日、この日を新たなスタートラインとし、大きな夢に向かって努力をしてください。私たち教職員一同は、皆さんの応援団です。どんなことでも相談してください。
 皆さん、ステージの右側の壁を見てください。本校の校訓が掲げられています。二つあり、「図南鵬翼(となんほうよく)」「浩気拙誠(こうきせっせい)」と読みます。本校が統合する前の「海津高校」と「海津北高校」の校訓を引き継いでいます。それぞれ、「荘子」、「孟子」が著した中国の古典を出典としています。「図南鵬翼」は、伝説上の想像を越えた「おおとり」巨大な鳥が、南の大海を目指して大きな翼を広げて舞い上がっていく姿を意味しています。「大志」を抱いて力強く生きるという願いが込められています。「浩気拙誠」は、大きな勇気と、下手でも真面目、真心が大切であることを表しています。これらの校訓のもと、健康に気を付けて、先程の三つの事を是非実践してください。
 さて、保護者の皆様、本日からお子様を海津明誠高校にお預かりいたしました。私たち職員一同は、ご家庭と密接に連携を図りながら、職員一丸となって、これからの三年間お子様の夢の実現に向けて、全力を尽くして指導にあたります。どうぞ、本校教育活動に対しまして、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 最後に、新入生の皆さんが、新しい環境に早く馴染み、心身ともに健康で、有意義な高校生活を送ることができるよう祈念して、式辞といたします。(平成29年度 入学式式辞より)  


設置課程・学科名


 設置課程 全日制課程  
 学科  普通科 情報処理科  生活福祉科 

学級生徒数

  1年 2年 3年 合計
普通科  118 118  109  345 
情報処理科  41 34  34  109 
生活福祉科  40 33  36  109 

校訓

図南鵬翼・浩気拙誠(となんほうよく・こうきせっせい)

「図南鵬翼」:「荘子、逍遥遊篇」の中の言葉で、「鵬という何千里にも及ぶ大きな翼を持つ鳥が空高く舞い上がり、南の大海に行こうと図る」という意味です。「大志を抱いて力強く生きる」という願いが込められている。

「浩気拙誠」:「浩気」は「孟子、公孫丑上」の「浩然の気を養う」により、道義に基づいた正大剛の気、大きな勇気を表す。「拙誠」は、劉向「説苑」にある「巧詐は拙誠に如かず」により、下手でもまじめ、真心が大切であることを表す。

校歌

作詞  横川隆正
作曲  河田重之
一、東の長良 西の揖斐
  山脈映す 水の華
  明るく誠を 旨として
  仰ぐ校旗に 夢託し
  学びの庭に あふるるは
  猛き気概と 不断の栄光
二、先人の業 現在に受け
  沃野の恩恵 豊かなる
  明るく誠の 道をふみ
  えがく理想へ 意気高く
  学びの海に 沸きたつは
  熱き血潮と 雄飛の誉れ
↑クリックすると海津明誠高等学校校歌をダウンロードすることができます。

校章

校章

沿革

大正10年(1921)
岐阜県立海津中学校、海津郡今尾町に設置が認可される。
岐阜県海津高等女学校、海津郡高須町に設置が認可される。
大正12年(1923)
岐阜県海津中学校と改称。
岐阜県海津高等女学校が郡立より県立に移管。
昭和23年(1948)
岐阜県立海津高等学校と改称。
岐阜県立海津女子高等学校と改称。
昭和23年(1948)
2校を統合、岐阜県立海津高等学校を海津郡高須町に開設。
昭和39年(1964)
城山分校が独立、南濃町立南濃高等学校開設。
昭和46年(1971)
海津高等学校創立50周年記念式典挙行。
昭和47年(1972)
今尾分校生徒募集停止、全日制家政科設置。
昭和58年(1983)
家政科分離独立し、岐阜県立海津北高校開設。
平成 2年(1990)
海津高等学校創立70周年記念事業「学校敷地拡張」。
平成12年(2000)
海津高等学校創立80周年記念事業。
「ロータリー、中庭整備、モニュメントタワー」完成。
平成14年(2002)
海津北高等学校創立20周年記念式典挙行。
平成17年(2005)
海津高等学校と海津北高等学校が統合、海津明誠高等学校開設。
平成19年(2007)
本館棟、商業生活産業棟完成。
平成20年(2008)
武道場完成。
平成22年(2010)
海津明誠高校創立90周年記念式典挙行。

倫理憲章

岐阜県職員倫理憲章 海津明誠高等学校実行計画(PDF)


マニフェスト

平成28年度 学校経営計画(高等学校版マニフェスト)(PDF)


バナースペース

岐阜県立海津明誠高等学校

〒503-0653
岐阜県海津市海津町高須町11−1

TEL 0584-53-1155
FAX 0584-53-3144