学科紹介

機械科 電気システム科 応用技術科 建設工学科

機械科

ニッポンの基幹産業「機械」  地元産業界「自動車・航空機・工作機械・鉄道」は、機械科に大きな期待をよせてくれています。 機械科卒業生は、人々の豊かな生活。明るい未来に「ものづくり」で貢献し続けています。

ものづくりコンテスト

ミニ列車運行(地域イベント)

体験コーナー(産業フェアin可児)

どのような事を学ぶのか?

 機械設計や製図、金属材料、工作法などの機械の基礎基本をはじめとして「ものづくり」の幅広い分野を学習します。

  ものづくり実習
○金属を自在に加工します。(機械加工実習)

旋盤(切削)

フライス盤(切削)

溶接(接合)

 

原動機(組立)

手仕上げ(板金)

○機械を自在に操ります。(制御実習)

リレーシーケンス

シーケンサ

レゴロボット

ここが機械科のいいところ!

○産業界で活躍できる「確かな技術」の習得。 国家資格「技能検定」の課題を取り入れたものづくり実習を展開することで、一人一人が「確かな技術」を身につけることができます。進学系・専門系のカリキュラム編成や数学検定への挑戦を通して、今社会が求めている基礎力の向上にも努めています。

技能検定2級旋盤課題

○地元ものづくり産業を中心に「確かな進路実現」が可能。地元産業界から期待されている機械科では『名だたる企業、技術力のある企業』を中心に将来の選択肢がたくさんあります。進学では国立をはじめとして工業大学合格を目指す学生がいます。進学にも対応した学科です。進路内定率100パーセント。



○地元に根差し地元に愛される「産学連携」。  地元優良企業「KYB株式会社」からの技術指導を 受けることで「ものづくりコンテスト旋盤作業部門」  では、5年連続東海大会出場を果たしました。  県内でも機械加工技術の高い有数な学科です。

KYB(株)による技術指導

5年連続東海大会出場

ものコン県大会の様子

ものコン東海大会の様子

【過去4年間のものづくりコンテストの成績】

東海地区ものづくりコンテスト

岐阜県ものづくりコンテスト

平成26年度

優勝(全国大会出場)

優勝

平成27年度

2位

優勝

平成28年度

4位

優勝

平成29年度

出場決定 8月初旬

-

取得できる資格・目指すことができる資格

卒業後の進路

PDF(別紙1)

機械科の授業

工業高校では、教室で学習する座学、機械や計測機に直接触れて学習する実習(製作実習)があり、両方をバランスよく融合させながら、3年間系統立てて学習していきます。その中の授業を紹介していきます。
機械設計(座学)
 機械に関する専門的な分野の基礎学習から応用までを学習していきます。
機械実習

旋盤加工作品

フライス加工作品

手仕上げ作品

授業詳細

PDF(別紙2)

その他 活動状況の紹介(写真)

活動・大会の紹介・地域連携(学校独自事業)

ページ上部へ

Copyright © Kani Technical High School All rights reserved.