教育方針・倫理憲章

※PDF形式のファイルが別ウインドウで開きます

 

>> 岐阜県職員倫理憲章 可児工業高等学校実行計画 

 

>> 岐阜県立可児工業高等学校いじめ防止基本方針

 

教育方針

目標

 教育活動のあらゆる場を通して、知・徳・体・技の調和のとれた地域社会から期待される人間性豊かな工業技術者を育成する。

教育方針

  • 1 基礎学力と専門の知識・技能の確実な定着
  • 2 基本的生活習慣の習得と豊かで逞しい心の育成
  • 3 産業界の信頼に応える学力の保証と勤労観の育成
  • 4 豊かな人間性や社会性の育成

重点

学校経営

・逞しく生き抜くための基礎学力の定着と、専門知識・技能の習得を図る。学習内容の精選と到達目標を明確にし、「わかる」「できる」授業を目指し、授業改善や適切な評価方法を追求する。

・社会人としてのマナーやモラルを身につけた生徒を育成する。授業規律の充実を基本に、社会に通用する基本的生活習慣について全職員体制の粘り強い指導で定着させる。

・地域社会や地域産業から期待され、信頼される学校づくりに努める。日常的に取り組むキャリア教育を充実させ、インターンシップや地域活動を通した実践活動に対して指導の充実を図る。

研  修

・「自信を持って主体的に活動できる生徒の育成」、「新しい学力観・評価法の研究」など、学校組織力の向上を目指した研修を行う。また、授業及び校務等にICTを積極的に活用するための研修を行う。

教科指導

・基礎的・基本的な知識・技能の習得を図り、主体的な学習態度を育てる。

・学力や意欲のある生徒をさらに高める学習指導を推進する。

・日常的にキャリア教育(職業観・勤労観の育成)に取り組み、豊かな人間性や社会性の育成を図る。

特別活動

・学校行事や生徒会活動などを通して生徒が自主的に取り組み、感動と喜びを味わうよう指導・援助する。
・所属部への所属感を高め、自主的、実践的な態度を育成する部活動を推進する。
・活力ある学校づくりに向けた部活動の推進を行う。

・健康・安全管理の推進と事故の未然防止に努める。

生徒指導

・人間尊重の気風が漲る学校づくりを推進し、一人ひとりに「生きる力」を育む 指導を展開する。

・共感的な生徒理解に徹し、自己指導能力を高める指導を行う。

進路指導

・自己の在り方・生き方を考え、主体的に進路選択ができる能力や態度を育てる。また、生徒の発達段階に応じたキャリア教育を推進する。

健康教育

・あらゆる機会をとらえて健やかな体の育成や安全教育を推進する。また、運動に親しみ、自ら進んで健康で安全な生活を営む能力と態度を養う。

総合的な学習の時間

 科目「課題研究」を通して、よりよく問題を解決する資質や能力を育てる。

 

 

ページ上部へ

Copyright © Kani Technical High School All rights reserved.