本文へスキップ

非常変災時における登下校についてEMERGENCY

(1)非常変災時に伴う休業等は、校長が決定する。

(2)気象警報が発表されている場合を除き、原則として平常どおり登校す るものとする。

(3)生徒が登校する以前に学校が所在する地域(各務原市)や生徒の居住地域及び通学経路が含まれる地域に気象
   警報が発表されている場合、警報 が解除されるまで自宅待機とする。
   ただし、原則学校が所在する地域(各務原市)において

ア 始業時刻の2時間前までに解除された場合 → 平常どおりの授業
イ 始業時刻の2時間前より午前11時までに解除された場合 → 解除後2時間 を経てから授業開始
ウ 午前11時以降に解除された場合 → 当日の授業中止
 なお、ア、イの場合において、生徒の居住地域及び通学経路が含まれる地域に気象警報が発表されている場合、あるいは道路や橋の損壊などで登校が危険な場合、交通機関の停止、自家の被害が著しい場合には登校に及ばない。この場合は学校に連絡する。

(4)生徒が登校後に気象警報が発表された場合、あるいは気象警報の発表が予想される場合、学校待機を原則と
   する。また、生徒が登校後に特別警報が発表された場合は、学校待機とする。
   (ただし、特別警報以外の警報で生徒が安全に帰宅できると学校長が判断した場合は、警報発令中でも
    帰宅させることがある。)

ア 警報発表後に帰宅する場合は警報解除後を原則とする。その際、交通機関、道路及び生徒の居住地域
  等の安全を確認する。
イ 保護者または生徒が自宅への到着を確実に学校へ連絡する。

(5)気象警報・特別警報の発表が予想される場合

ア 気象状況、交通機関の状況、道路の状況等を判断して、校長が警報発表に先立って休業や授業の中止
  を決定することがある。授業が中止された場合、寄り道せず、確実に帰宅する。帰宅後直ちに保護者
  または生徒が確実に学校へ連絡する。
イ 校長が始業前に休業を決定した場合には、生徒や保護者へ確実に連絡を行う。

(6)その他

ア ラジオ・テレビ放送等に留意し暴風、大雨、洪水等に関する気象、その他の状況の把握に努め、
  判断すること。
イ 県下広域に大規模な災害の発生が予想され、速やかにその徹底を要するときは、“上記1”に
  関わらず、県災害対策本部教育部長(県教育長)が全域又は地域を指定して、休業等を決定
  するものとする。