トップページ > 教育方針・目標・指導の重点

教育方針

「快活」「友愛」「創造」を校訓とし、心身とに健やかで、より豊かな人間性と「生きる力」を備えた生徒の育成を目指す。

教育目標

社会への貢献や地域の発展に寄与できる人材育成を目指し、一般教養及び専門的知識や技術を身につけさせるとともに、創造性あふれ、明朗快活で心豊かな人間性を養う。

指導の重点

学校教育

(1)学科・教科を超えた連携を進め、特色ある教育課程を編成し、確かな学力の向上に努め、自ら学ぶ意欲と態度を養い、問題解決能力の育成に努める。

(2)部活動等特別活動を充実させ、コミュニケーション能力・健康・体力の増進に努める。

(3)学業と特別活動の両方を頑張る「文武不岐」の精神を掲げ、強い思いと高い志を持ち未来を語れる生徒の育成に努める。

教科指導

(1)各学科の特色を生かしつつ、学力の向上に努める。

(2)授業における言語活動の充実を図り、生徒の自主的・主体的な学習態度を育成する。

(3)アクティブラーニングや評価方法の工夫等、生徒目線の授業改善を図り、生徒の自主的・主体的な学習態度を育成する。

(4)授業の中で生徒をよく「見る・診る・看る」姿勢を大切にし、ユニバーサルデザインの授業を推進するなど授業改善を行い、分かる授業に努める。

生徒指導

(1)出欠確認を確実に行うなど、生徒の存在を大切にし、基本的生活習慣の育成と安全教育の充実を図る。

(2)協調性や思いやりのある、心豊かで規律正しい人間形成に努める。

(3)信頼と愛情をもって生徒を理解し、個性の伸長に努める。

(4)集団の一員としての自覚をもたせ、社会性と責任感の育成に努める。

(5)コミュニケーション能力を高め、集団の中で自分の役割を見いだし、積極的に行動できる資質を養う。

進路指導

(1)自己の在り方・生き方を考え、自己実現の達成に向け主体的に努力する態度を育成する。

(2)国際化社会に対応した、広い視野と資質をもった人材育成に努める。

(3)地域社会と緊密に連携したキャリア教育を進め、生徒が活躍できる場をつくり、社会との関わりの中で「生きがい」を見いだし、社会に積極的に貢献できる人材を育成する。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2010 飛騨高山高等学校  All Rights Reserved.