斐高ニュースH28

地域医療学びの会
画像をクリックすると拡大されます。

 3月22日(水)、将来地域医療に携わることを志望している43人を対象に「地域医療学びの会」が開催されました。
 第1部は「岐阜県地域医療構想」を元に、私たちの住む地域が抱える問題点を探り、その解決方法についてグループでディスカッションしました。第2部では高山市から高山市民保健部参事 国保高根診療所 所長 医師 川尻宏招様、南高山診療所係長 看護師 森山 眞由美様、高山市役所市民保健部医療課 課長 舩坂 和彦様をお迎えして「地域医療の現状と地域が求める医師、看護師」についてご講義いただきました。
 生徒たちは、地域が抱える問題に対して現場で働く方々から直接お話を伺うことで、問題に対する考えをより一層高めることができたと共に、どんな人材が求められているのか、医療に従事していくとはどういうことなのかについて深く考えることができました。

氏原幸太君(1年)実用英語検定準1級合格

 実用英語技能検定において、氏原幸太君が、1年生ながら準1級に合格という快挙を成し遂げました。今年度は氏原君のほか、中川桂汰君(3年)、塚越さと実さん(3年)が準1級に合格しています。

平成28年度3年生表彰式実施

2月28日、三ヵ年皆勤者の表彰、及び蜻蛉賞の授与が行われました。
三ヵ年皆勤者は以下の通りです。
岩辺凪咲、大坪千恵、北村雄、坂田萌夏、中川竣介、長瀬香帆、森下涼馬、山岸万峰、朝戸統至
蒲萌子、川上珠伺、切手日和、住田涼太、玉田菜々子、中江美友、水畑友来、矢ア啓太、渡邊茜里
板津智香、牛丸かおり、岡田千明、梶野駿、木下大雅、黒木彩音、後藤慶晃、平岡有紀子、森下夏希
池之俣遥奈、大溝康記、奥田理乃、上葛瑞歩、酒井美紅、澤田隆宏、島倉也実、北條真由、森田大賀
裄V大河、山田なつみ、牛丸裕基、大澤圭輝、小井戸佑衣、河渡裕生、都竹洋平、仲陽香、中川桂汰
中村優介、保谷成美、松本優介、臼田育矢、遠藤滉介、加賀慶次、川原隆義、上林大晟、下屋真祐
竹淵智空、手綱健留、栃原慶宏、中田華鈴、野村来未、畠中康輔、松本純弥、新家浩志、飯島雅
岩佐祥大朗。奥澤健人、上林聖奈、中谷友哉、牧野紗季、柚原功児。
なお、下線部のついた生徒は12ヵ年皆勤者です。

その後、蜻蛉賞の授与式が行われました。蜻蛉賞は特別教育活動等に精励し、本校の範たるにふさわしい者に授与されるものです。受賞者は以下の通りです。
浮田あやの、新井那奈子、清水万結、仲陽香、三木雄平、愛知慶大、宮ノ腰祐吉

伝達表彰
画像をクリックすると拡大されます。

2月27日に1、2年生の伝達表彰・壮行会、2月28日に3年生の伝達表彰が行われました。

2月27日

陸上競技部 2級 三段跳び (全国50位以内の記録保持者に授与される)
      2C 直井 陽奈さん

吹奏楽部  第43回東海アンサンブルコンテスト
      フルート四重奏 銅賞 
      2B 朝田 有美さん、2D 小嶋 菜月さん
      1E 二村 唯月さん、1F 渡邉 愛さん

      打楽器四重奏  銅賞 
      2D 松井 菜々子さん、2F 八長 千尋さん
      1C 村田 奈津希さん、1G 大宮 愛華音さん

吹奏楽部の以上8名は3月25日に富山県魚津市で行われる中部日本個人・重奏コンテストにも出場します。

2月28日

レスリング競技 岐阜県スポーツ賞
        (平成二八年度全国高等学校総合体育大会レスリング競技大会
        三笠宮賜杯第六三回全国高等学校レスリング大会選手権大会
        個人対抗戦74kg級 二位)
        3E  三木 雄平くん

白線流し 〜母校への思いと変わらぬ友情の誓い〜

画像をクリックすると拡大されます。

 3月1日卒業式の後、学校前を流れる大八賀川で本校伝統の「白線流し」が行われました。当日は青空のもと、暖かい日差しの中行うことができました。
 平和の鐘を合図に卒業生が学校から川岸まで在校生の花道の中を歩き開式しました。代表生徒のあいさつの後、在校生は「送別歌」を、卒業生は「巴城ケ丘別離の歌」をそれぞれの思いを胸に歌いました。
 そして在校生・保護者・職員・地域の方々が見送る中、卒業生は結び合わせた白線を川面に流し、母校への惜別の思いと変わらぬ友情を誓いました。

卒業式
画像をクリックすると拡大されます。

 寒さの中にも春の訪れを感じさせる穏やかな好天のもと、3月1日、厳粛な雰囲気で卒業証書授与式が挙行されました。岐阜県議会議員川上哲也様、高山市教育長中村健史様はじめ多くの来賓をお迎えし、保護者が見守る中、3年生275名が晴れて卒業の日を迎えました。在校生の石橋穂君は、送辞で卒業生への惜別の思いと感謝の言葉を述べ、卒業生の島倉也実さんは、答辞で在校生に斐太高校をよりよいものにしてほしい、人との関わりを大切にしてほしいとのメッセージをおくりました。
 卒業生の今後のご活躍を心から願っています。

第3回若手教員勉強会

画像をクリックすると拡大されます。

 2月20日放課後、今年度3度目となる若手教員の指導力向上のための学習会が行われました。今回は初任教員2名の研究授業のビデオを見て授業研究を行い、後半はグループに分かれ、授業の改善プランを考え、意見交流を実施しました。今回は校長先生にもご参加いただき、指導、ご助言をいただきました。今年度も残すところわずかとなりました。一年間の締めくくりを生徒とともに若手教員たちも行っています。

写真部の作品が岐阜新聞に掲載されました

 2月20日(月)発行の「岐阜新聞」紙上の"瞬き われら高校写真部"に本校写真部の作品(部長・小森鳳雅君撮影)が掲載されました。
※写真は掲載された作品です。

1・2年生対象「難関大学進路講話」
画像をクリックすると拡大されます。

 2月16日(木)、2年生全員と1年生希望者を対象に、難関大学進路講話が実施されました。本校OGで大阪大学2年生の方に来ていただき、大学生活の様子や高校時代がんばっていたこと、また在校生へのアドバイス等、様々な方面から話をしていただきました。生徒の声としては、「自分のやりたいことを見付ける大切さを感じた」「自分から行動しないと何も変わらないことを知った」「楽しめる勉強方法の工夫をしたい」「受験前に後悔しない取り組みをしたい」「常に目標を持ち続け、達成していく努力をしたい」などがありました。生徒にとって、今後の学習への刺激となる、よい講話となりました。

吹奏楽部、フルート四重奏、打楽器四重奏東海大会結果
画像をクリックすると拡大されます。

 2月12日に愛知県みよし市文化センターサンアートにて行われた第43回東海アンサンブルコンテストに岐阜県代表として吹奏楽部のフルート四重奏、打楽器四重奏が出場しともに銅賞を受賞いたしました。この2チームは3月25日に魚津市で開催される第29回中部日本個人・重奏コンテストにも岐阜県代表として出場いたします。

大会
◎第29回中部日本個人・重奏コンテスト
 3月25日 於:富山県魚津市新川文化ホール
メンバー
◎フルート四重奏
 2B朝田有美、2D小嶋菜月、1E二村唯月、1F渡邉愛
◎打楽器四重奏
 2D松井菜々子、2F八長千尋、1C村田奈津希、1G大宮愛華音
高山市議会「高校生との意見交換会」

画像をクリックすると拡大されます。

 2月12日、生徒が日頃の生活で感じたことや学習で取り組んだこと、またそれらを通して感じた今後の町づくりなどを発表する「高山市議会 高校生徒の意見交換会」が行われました。
 斐太高校は生徒会執行部の10名が参加し第1部では「タカデミア 〜高山に大学を〜」というテーマで高山に大学を誘致してほしいという提案をし、それに伴うメリット、課題、解決策などを発表しました。第2部では4名の議員の方と意見交換を行い「大学誘致について」「高校生の求められている姿」について話し合いました。
 今回で2回目になりましたが、議会に参加し、議員の方々と意見交換をしたことは生徒達にとって自分達が住んでいる高山市について深く考えることができる貴重な経験となりました。

剣道部 京都大学 招待試合大会
画像をクリックすると拡大されます。

 2月4日、5日に京都大学主催の高校招待試合に参加してきました。4日は斐太高校OBの方に京都大学内や京都を案内していただき京都大学への関心を高めました。5日の大会は男子団体27校、女子20校が参加する中、結果は男子団体が3位に入賞することができました。その後、合同練習もあり京都大学剣道部の方と稽古をするという貴重な経験ができました。
 この経験を活かし、今後の部活動にもより力を入れていきたいと思います。

「岐阜の高校生集まれ♪青春!創作!フェスタ」に参加して

放送部

 12月10日、大垣市情報工房で開催された「岐阜の高校生集まれ♪青春!創作!フェスタ」(NHK岐阜放送局主催)に本校放送部が参加しました。
 このイベントは、創作を楽しむために、直木賞作家朝井リョウ氏(大垣北高校出身)が「ずっと前から言おうと思ってたんだけど……」という「お題」を出し、その「お題」に対して岐阜県の高校生が映像・小説・エッセイなどの創作作品を制作して応募するというものです。当日は応募された多数の作品の中から何点かを観賞するとともに、朝井さんとクロストークで交流するイベントも開催されました。本校放送部は番組を応募し、朝井さんをはじめ、様々な方から好評を得ました。
 日ごろ制作している番組とはひと味変わった番組作りに、放送部員は四苦八苦していましたが、満足できるだけの番組に仕上がり、また朝井さんと番組を介して交流も深まり、思い出深いイベントとなりました。
{生徒の感想}
「最初にクロストークへの参加が決まったと聞いて、自分たちの作品が朝井さんに選んでもらえたことに驚きました。小説やアニメなど映像以外の作品を作るクリエーターのお話や朝井さんのお話は新鮮で、とてもよい経験になったと思います」

吹奏楽部、フルート四重奏、打楽器四重奏東海大会出場決定!

1月28日に土岐市文化プラザにて行われた岐阜県アンサンブルコンテストにおいて吹奏楽部のフルート四重奏、打楽器四重奏がともに金賞を受賞し、第43回東海アンサンブルコンテストと、第29回中部日本個人・重奏コンテストへの代表に選ばれました。さらによい演奏ができるよう日々練習に励んでいます。

大会
◎第43回東海アンサンブルコンテスト
 2月12日 於:愛知県みよし市文化センターサンアート
◎第29回中部日本個人・重奏コンテスト
 3月25日 於:富山県魚津市新川文化ホール
メンバー
◎フルート四重奏
 2B朝田有美、2D小嶋菜月、1E二村唯月、1F渡邉愛
◎打楽器四重奏
 2D松井菜々子、2F八長千尋、1C村田奈津希、1G大宮愛華音
二次対策英語講座
画像をクリックすると拡大されます。

 2月4日(土)、国公立大学前期試験を前に、河合塾二次対策講座が行われました。
 河合塾より英語科講師 宮下卓也先生をお迎えして高3ハイレベル、高3レギュラー、高2難関と3講座に渡って終日講義をいただきました。
 生徒個々人の理解度を確認しながら展開されていく対話形式の授業に、生徒達は大変集中し、文法に基づきながら長文読解をすることの重要性を再認識しました。
 数週間後には前期試験を控え、学校では平日行われているU期特編授業や英作文・小論文等の個別指導も熱気を帯びてきています。

税理士の前越路子先生をお招きして租税教室を開催しました。

 1月26日(木)、税理士の前越路子先生を講師として3年生進路確定者(40名)を対象に租税教室を開きました。約2時間にわたり、租税の仕組みと最近話題になった「パナマ文書」について学びました。 

「ふるさと創生起業提案コンテスト」
画像をクリックすると拡大されます。

 1月24日(火)13:00〜、高山市民文化会館大ホールを会場として「ふるさと創生起業提案コンテスト」が行われました。
 「地域の良さを見つめ豊かな地域人として生きる。」「表現力やコミュニケーション能力の育成を目指す。」以上2点を目的に2年生生徒全員が年間をかけて取り組んできた取り組みです。
 発表会に際して、遠くは東京、名古屋等より沢山のご来賓にご参加いただき、たいへん盛大な会となりました。

 本年度の結果
 ◎ 有斐会長賞    2年C組 「あなたに素敵な最期を…」
 ◎ 東京有斐会長賞  2年A組 「ジビエブル〜ベジタブルファーマー&ジビエハンター養成所」
 ◎ 名古屋有斐会長賞 2年D組 「飛騨脚」
 ◎ 奨励賞      2年B組 E組 F組 G組

【生徒の感想】
・「この取り組みを通じて、どうしたら地域にある問題を解決できるのかをじっくり考えることが出来ました。今までとはまた違った視点で飛騨を見つめることが出来、未来は自分たちの世代が責任を持って考えていかなくてはいけないと実感しました。」
・「飛騨には課題も多いけれど良いところも沢山あって、この取り組みをする前より飛騨は良いところだと思うようになりました。」

1年生クラス対抗ディベート大会(平野杯)
画像をクリックすると拡大されます。

 1月12日、19日、LHRの時間に、1年生が、クラス対抗ディベート大会を行いました。12日は「日本はすべての動物園を廃止する」、19日は「斐太高校はすべての宿題を廃止する」という論題で、肯定側・否定側に分かれて議論をしました。昨年末から、各グループで、国内外の関連資料を集め、作戦を練ってきました。2年後は主権者です。「自分の意見を述べ」、「違いを受け入れる」、という民主主義の基本姿勢と、コミュニケーションの方法を学んでいます。クラス4チームの合計得点数の一番高いクラスは、平野学年主任から表彰されます。

2年生「ふるさと創生起業提案コンテスト」校内リハーサル
画像をクリックすると拡大されます。

 1月19日(木)、起業提案コンテストに向けての校内リハーサルが実施されました。前回のクラス発表会で選ばれた各クラスの代表が、それぞれの視点から事業を熱心にアピールすることができました。いよいよ来週、1月24日(火)は起業提案コンテスト本番になります。準備期間は残り少ないですが、指摘された点を改善し、より充実した内容で当日を迎えられるよう、クラス一丸となってがんばってください。

センター試験が実施されました
画像をクリックすると拡大されます。

 1月14日、15日、雪が降りしきる中、本校でセンター試験が実施されました。
 前日には受験生に対する激励会が行われ、中垣内校長、渡辺進路指導部長、藤枝学年主任からの激励の言葉とともに、教職員一人一人のメッセージが載ったZ旗が紹介されました。会の最後には、体育祭応援団長を中心に校歌を斉唱し、受験生は一致団結してセンター試験に向かっていきました。

スタディサポーター、小学校で初実施!

画像をクリックすると拡大されます。

 12月27日(火)、本校の1,2年生8名が高山市立東小学校で行われた計算寺子屋に、スタディサポーターとして参加させていただきました。和やかな雰囲気の中で学習支援が行なわれ、小学生の皆さんからは、たくさんの感謝の言葉をいただきました。小学生と接するという事は、本校の生徒にとって貴重な経験となり、充実感と達成感を味わうことができました。受け入れてくださった東小学校の皆さんに、改めてお礼申し上げます。

伝達表彰

12月22日、伝達表彰が行われました。
柔道
 第24回岐阜県柔道形選手権大会
  柔の形 優勝 浅野 日月さん  浅野 華月さん

文芸部
 岐阜県高等学校総合文化祭文芸部交流会
  部誌部門 第三位 文芸部
  詩部門 第二位 森 理樹くん  入賞作品「セカイイチおおきなかいしゃ」

学校長・生徒会執行部懇談会
学校長・生徒会執行部懇談会

 12月21日(水)に学校長と2017年 前期生徒会執行部の役員との懇談会が開かれました。牛丸生徒会長は「生徒それぞれの目標達成のきっかけづくりをしたい」と抱負を語り、各役員もそれぞれの思いを熱く語りました。また、来年1月に行われる「ふるさと創生起業提案コンテスト」についても、学校長と意見を交わし合いました。今後は生徒会と「主権者教育」について意見を交わす場を設ける予定です。

心温まれ!クリスマスツリーのイルミネーション!
画像をクリックすると拡大されます。

 12月19日(月)〜22日(木)の4日間、正面玄関前の木がクリスマスを彩りました。16:30〜18:30にはイルミネーションが点灯されました。三者懇談で、保護者の皆様が来校されるのに合わせ、今年1年のお礼の気持ちを込め、生徒会執行部が飾りつけました。すっかり寒くなりましたが、親子で足をとめ、白い息を吐きながらツリーを見上げている姿に、暖かいものを感じました。後期執行部の仕事も、残すところ、「計算寺子屋」だけになりました。

2年生「ふるさと創生起業提案コンテスト」クラス内発表会

画像をクリックすると拡大されます。

 12月15日(木)、起業提案コンテストに向けたクラス内発表会が実施されました。生徒たちはこの日に向けて、情報の時間などを利用して準備を進めてきました。当日はどの班も高校生らしい発想で、事業を熱心にアピールする姿が印象的でした。また、生徒間の質疑・応答も活発で、お互いに高め合うことができたと思います。これからクラスの代表班が決定し、1月24日(火)に高山市民文化会館で行われる起業提案コンテストに向けて、準備していくことになります。

第2回若手教員勉強会

画像をクリックすると拡大されます。

 12月13日放課後、11月に引き続き、若手教員の指導力向上のための学習会の2回目が行われました。今回は「生徒指導」をテーマに生徒指導部長より30分程度ご指導をいただきました。  過去にあった出来事や生徒との接し方、指導の方法について話していただき、楽しく、そして勉強となる時間になりました。

第3回スタディサポーター実施!

画像をクリックすると拡大されます。

 今年度3回目の「スタディサポーター」が、11月29日(火)、中山中学校のご協力を得て無事終了しました。本校の生徒が中学校に出向き学習支援や高校生活(行事、部活動等)についてのアドバイスを行いました。和やかな雰囲気の中で学習支援が行なわれ、中学生の皆さんからは、たくさんの感謝の言葉をいただきました。本校の生徒も充実感と達成感を味わうことができました。受け入れてくださった中山中学校、そして参加してくれた生徒の皆さんに、改めてお礼申し上げます。

トビタテ留学!JAPAN日本代表プログラム高校生コース第2期生帰国報告
画像をクリックすると拡大されます。

 平成28年度官民協同海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム「高校生コース」の第2期生として、瀬ノ上紗帆さんがニュージーランドに約2週間留学をし(7月31日〜8月13日)、11月3日に文科省で開かれた事後研修会に参加しました。この制度の派遣先はほぼ全世界の国々が対象で、留学経費の一部が奨学金として支給されます。本校では第一期生から参加しています。瀬ノ上さんは、今回の留学は大変貴重な経験となり、また、事前事後研修会で全国のトビタテの留学派遣高校生と出会い、交流できたことが大変良い刺激となったと述べています。今後、この経験を生かしてさらに交流の輪を広げていきたいと抱負を語ってくれました。現在、第3期生募集中です。

伝達表彰
画像をクリックすると拡大されます。

11月29日、伝達表彰が行われました。

陸上部
 第19回東海高等学校新人陸上競技選手権大会
  女子100mH  第5位   山下 凛さん
 男子第67回・女子第28回岐阜県高等学校駅伝競走大会
  男子 第8位  横山 昇太郎くん、田川 元貴くん、川原 生寛くん、田中 政成くん
          荒川 僚介くん、二村 崇仁くん、芝野 遥人くん

バドミントン部
 岐阜県高等学校新人大会
  女子第3位  長岡 なつめさん、岡村 一葉さん

レスリング競技
 第71回国民体育大会レスリング競技 少年男子グレコローマン74kg級
  第5位  三木 雄平くん
 岐阜県高等学校体育連盟 表彰 三木 雄平くん
 高山市 栄誉功労賞  三木 雄平くん

放送部
岐阜県高等学校総合文化祭放送コンテスト新人大会
  ビデオメッセージ部門 第2位

美術部
 平成28年度岐阜県高等学校総合文化祭美術・工芸展
  最優秀賞 絵画部門  日向 慶次くん
  優秀賞 絵画部門  鈴木 真白さん、森本 愛理さん
            二ツ寺 望美さん、新谷 うららさん

スピーチコンテスト
 第10回岐阜県高等学校英語スピーチコンテスト
  優秀賞  都竹 悠河くん
 第10回東海北陸ブロック高校生英語スピーチコンテスト
  第5位  都竹 悠河くん

ボランティア活動善行功労賞
  MSリーダーズ

2年生・起業提案コンテストに向けて
画像をクリックすると拡大されます。

 11月14日(月)、2年生を対象とした起業についての特別講話が行われました。今回は、益田清風高校総合学科から生徒7名と指導された先生をお招きして、実際のプレゼンテーションを見させていただきました。発表の仕方、プレゼン資料の効果的な作り方等、本校が1月24日(火)に実施する起業提案コンテストに向けて、大変参考になりました。

マラソン大会 2016

画像をクリックすると拡大されます。

 11月10日(木)、うっすら雪がかる乗鞍岳が見下ろす秋の曇り空の中、マラソン大会が行われました。日中も日差しがなく気温が上がりませんでしたが、マラソンとしては絶好の日和だったと言えます。参加生徒は「自己ベスト更新」「完走」など、それぞれの目標を掲げてスタートしゴールを目指しました。

【成績】男子個人 1位 1E 横山 昇太郎君  38分15秒
         2位 1G 田川 元貴君   3位 1G 田中 政成君
         4位 2G 芝野 遥斗君   5位 1F 鳥谷 優太君
    女子個人 1位 2C 金子 楓菜さん  43分42秒
         2位 3F 田中 里奈さん  3位 3F 小倉 詩歩さん
         4位 2G 山脇 彩佳さん  5位 2B 山下 七海さん
    男女総合 1位 1G  2位 3G  3位 1E
    男子総合 1位 1G  2位 3G  3位 2A
    女子総合 1位 3E  2位 2F  3位 3G

 男子個人の部では3年生の健闘も光りましたが、フレッシュな1年生が上位を占める結果となりました。女子個人の部では2,3年生が力を見せつけましたが、1年生も食らいついて頑張りを見せ、来年の大会に期待がもてる結果でした。コースは学校→上野平→学校という非常に高低差がある厳しいもので、上野平までの登りにおいては運動部でならした猛者も音を上げるほどです。しかし顔をゆがめながらも視線は前をしっかりと捉え、ひた走るその姿は脇で応援する我々の胸を打ち、大変感動するものでした。それぞれに苦難のあるゴールだったと思いますが、ゴール後のさわやかな達成感や充実感、そして何より走り切った自信を3年生は進路実現に向けて、1,2年生は今後の高校生活に向けて活かしていってほしいと思います。
 また、マラソン大会にご協力いただいた保護者の皆様、地域住民の皆様に感謝申し上げます。来年も今年のような素晴らしいマラソン大会が開催できることを切に願っております。

岐阜大学フェアin高山
画像をクリックすると拡大されます。

 11月12日(土)、13日(日)、世界生活文化センターを会場として「岐阜大学フェアin高山」が行われ、本校1・2年生生徒200余名が参加させていただきました。
 各学部主催の体験学習・模擬講義では大学での学びの一端に触れることができ、大いに知的刺激を受けました。
 また、対話の場である「ぎふフューチャーセンター」には生徒有志が参加し、自治体職員の方、岐阜大学の学生の方々と「岐阜大学と地域のつながり」について意見交流を行いました。その際に出た意見を13日の飛騨地域三市一村の首長と岐阜大学学長による「岐阜シンポジウム」で2A石原倫太郎君と2B小瀬文詩君が参加生徒を代表して大学と自治体側に対して伝えました。大学と飛騨地域の将来を改めて考えさせられる実りの多いイベントでした。

下宿等相談会
下宿等相談会

 11月10日(木)19:15〜、3年生保護者を対象として高山市民文化会館を会場に「下宿等相談会」を行いました。
 講師として学生情報センターNasicより安藤さん、矢口さん、吉田さんに来ていただき、下宿生活にかかる費用、下宿先の種類、下宿生活での注意点といった観点からお話をしていただきました。81名の保護者の方が参加し、会の終了後には個別に相談される方もいらっしゃいました。

第3回命を守る訓練

画像をクリックすると拡大されます。

 11月10日(木)に、第3回命を守る訓練を行いました。大地震が起きた想定のもとで避難訓練を行い、集団下校班毎に市内11カ所に点在する避難場所へ移動しました。訓練に先だち防災委員が市内の古い家屋が多く立ち並ぶ箇所や、崩落しやすい橋や幹線道路を通って避難する大切さを話しました。一度に学校から大勢の生徒が避難する様子は本当に大災害が起きたようでした。ご協力いただきました関係各位に心より感謝申し上げます。

若手教員勉強会

画像をクリックすると拡大されます。

 11月7日放課後、若手教員の指導力向上を目指し、学習会が行われました。今回は「HR経営」をテーマにベテランの教員より一時間程度ご指導をいただきました。
 本校は教職員51名のうち12名が20代と大変若手が多い学校です。今後も勉強会を通し、若手教員の研修に力を入れていきたいです。

高校生のための教職説明会

画像をクリックすると拡大されます。

 11月2日(水)1,2年生の希望者を対象に本校で岐阜県教育委員会主催「高校生のための教職説明会」が開催されました。
 本校卒業生で現在高山市立北小学校と飛騨吉城特別支援学校で勤務されている長瀬優作先生と三輪浩世先生から「教員として働く魅力、やりがい、喜び」、「高校生の今やっておくべきこと」等について話をしていただきました。また、教職員課の土肥義史先生より、教員になるために必要な免許についてや勉強についての話を伺うことができました。生徒はメモをとりながら真剣な表情でそれぞれの先生方の話を聞いていました。将来の進路を考えるきっかけとなる大変有意義な時間を過ごすことができました。

サイエンスカフェin高山市に参加して
科学部、鈴木洋一郎先生とともに

 10月30日(日)14時より、高山市図書館煥章館にて、神岡宇宙素粒子研究施設に設置された検出器XMASSの実験代表、鈴木洋一郎先生の講演会に、本校からは、科学部生徒12名と職員4名が参加しました。

 演題は「ダークマターの謎 宇宙の起源に迫る」で、宇宙が何でできているのかについての話でした。

 宇宙を構成する物質のうち、陽子や中性子など観測されている物質は全体の約5%にすぎず、その5〜6倍は未知の物質「ダークマター」で、残りはダークエネルギーと呼ばれている正体不明のものであり、それらの存在を証明しようというのが鈴木先生グループの研究です。難しい内容でしたが、生徒たちは熱心に聞いており、先生がダークマターの研究をするきっかけについて質問する場面もありました。

祝!大阪大学総長 西尾章治郎氏(斐高22回生)文化功労者選出!
西尾章治郎氏

 本校を昭和45年3月にご卒業され(22回生)、現在大阪大学総長の西尾章治郎氏が、情報科学の分野においての多大な功績が評価され、平成28年度の文化功労者にご選出されました。
 今までの数々のご功績が評価されたことを、心よりうれしく思います。今回のニュースは、後に続く生徒の心の灯を一層燃え上がらせてくれました。
 偉大な先輩のご活躍を心よりお祝いし、ご紹介します。

高山市長による職業講話の実施

 10月27日7限目に、飛騨地区で働く本校卒業生の先輩方を講師に迎え、「1、2年生職業講話」が実施されました。
 講演者:高山市長 國島 芳明 様
 國島様は先人や地域の人のつながりと感謝を忘れず次の世代へつないでいくことの大切さを語りかけてくださいました。
 生徒たちの今後の生き方について深く考えさせられるお話を頂き、大変貴重な時間となりました。

第10回岐阜県高等学校英語スピーチコンテスト
第10回岐阜県高等学校英語スピーチコンテスト

 第10回岐阜県高等学校英語スピーチコンテストが、岐阜県図書館において10月22日(土)に開催され、本校2年D組の都竹悠河さんが優秀賞に選ばれました。都竹さんは、11月13日(日)に静岡市で開かれる東海北陸ブロック大会に県代表2名の内の一人として参加します。ブロック大会での活躍を期待しています。

飛騨市長による職業講話の実施
お話をしてくださる飛騨市長

 10月20日6限目に、飛騨地区で働く本校卒業生の先輩を講師に迎え、「1年生職業講話」が実施されました。
 講演者:飛騨市長  都竹 淳也 様

 生徒たちの今後の生き方について深く考えさせられるお話を頂き、大変貴重な時間となりました。
 お話の中で次の4点が大切だと言われました。
  1.知的好奇心をもつこと  2.人に対する豊かな想像力をもつこと
  3.自分の意見をもつこと  4.徹底的に勉強すること
 生徒の多くが「高校で多くの経験をし、多くの考え方を知り、社会に出たときの基礎とするために、しっかり勉強したい」との感想を持っていました。

修学旅行に行ってきました
画像をクリックすると拡大されます。

 2年生は10月17日から21日まで,長崎県に修学旅行に行ってきました。
 ペーロン体験ではクラスの輪が深まり,平和学習では戦争の悲惨さについて学びました。長崎市内班別研修やハウステンボス,太宰府天満宮など,4日間を通して天候にも恵まれ,よい思い出づくりができました。

1年生遠足(金沢)

画像をクリックすると拡大されます。

 10月18日(火)に1年生278名が石川県金沢市へ出掛け、研修班ごとに歴史や文化、自然に親しみました。また、金沢大学では本校卒業生の案内で広大なキャンパスや施設を見学し、受験に向けアドバイスをしてもらいました。

3年生 上高地遠足を実施しました
画像をクリックすると拡大されます。

 10月18日に上高地遠足を実施し、暖かい秋空の下、河童橋より明神池まで散策しました。

谷村詩織さんのボランティアコンサート開催!

 10月13日(木)放課後に、本校の武道場で谷村詩織さんのボランティアコンサートが開催されました。このコンサートは、詩織さんの父である谷村新司さんがひだしんの謝恩コンサートに出演されたことがきっかけで実現したものです。「いい日旅立ち」「上を向いて歩こう」など6曲が演奏され、吹奏楽部、軽音楽部の生徒約60人が柔らかく美しい歌声に魅了されていました。

三木君 国体5位に!

 第71回国民体育大会レスリング競技(10月7日〜10日)少年男子グレコローマンスタイル74s級において、本校3年の三木雄平君が5位に入賞しました。

河合塾センター対策講座(10月2日)、難関大学等進学ガイダンス(10月6日)
画像をクリックすると拡大されます。

 10月2日(日)、大学入試センター試験100日前を目前にして、それに対しどのように立ち向かって行けばよいのかを再認識すべく3年生対象河合塾センター対策講座が実施されました。
 又、10月6日(木)には駿台予備学校名古屋校より福沢哲男先生をお招きして7限には1年生全員が、放課後には2年生希望者が、難関大学進学に向けて年度の後半に入った今、何をすべきかの講話をいただきました。
 双方の催しに対して共に「日頃の自分の学習についてよい意味で危機感を持つことができました。」という生徒達からの声が多く寄せられました。

火山活動の演示実験の様子(12年目研修)

画像をクリックすると拡大されます。

 10月7日(金)に本校で理科の12年目研修の研究授業が行われました。溶岩円頂丘の形成についての演示実験を行い、火山活動の様子を観察しました。また生徒たちは御嶽山・桜島・阿蘇山の噴出物を観察し、それぞれの特徴を確認しました。

長崎平和学習を実施しました

 2年生は10月17日から21日までの4日間,長崎県に修学旅行に出かけます。これに先立ち,総合的な学習の時間を利用して,地歴公民科の教師による平和学習を実施しました。生々しい映像とともに,戦地に向かう友に送ったとされる寄せ書き(同窓生から寄贈された貴重な歴史的史料)を見て,生徒たちは戦争の悲惨さを感じた様子でした。

第2回スタディサポーター実施!

画像をクリックすると拡大されます。

 今年度2回目の「スタディサポーター」が、9月29日(木)、高山市内および近隣の中学校(全19校)のご協力を得て無事終了しました。本校の生徒が中学校に出向き学習支援や高校生活(行事、部活動等)についてのアドバイスを行いました。初めはお互いに少し緊張していましたが、すぐに打ち解け、和やかな雰囲気の中で学習支援が行なわれました。中学生の皆さんからは、たくさんの感謝の言葉をいただきました。本校の生徒も充実感と達成感を味わうことができました。受け入れてくださった中学校、そして参加してくれた中学生の皆さんに、改めてお礼申し上げます。今回参加したスタディサポーターは、300名を超え、中学生1100名ほどと交流しました。

伝達表彰・壮行会

9月29日 前期終業式のあと、伝達表彰・壮行会が行われました。
伝達表彰

岐阜県高等学校新人陸上競技対抗選手権大会

女子総合6位
女子 三段跳び1位(大会新記録)直井 陽奈 さん
女子 100mH5位直井 陽奈 さん
男子 110mH2位朝熊 剛康 くん
男子 400mH4位朝熊 剛康 くん
男子 三段跳び3位諏訪 玄樹 くん
男子 800m4位芝野 遥斗 くん
男子 1500m5位芝野 遥斗 くん
男子 ハンマー投げ4位樋口 風嘉 くん
女子 100mH2位山下 凛 さん
女子 400mH2位山下 凛 さん
女子 砲丸投げ4位笠井 柚花 さん

壮行会
第71回国民体育大会 レスリング競技に
    グレコローマンスタイル74kg級 三木 雄平 くん  が出場します

第10回日本ジュニアユース陸上競技選手権大会に
    女子 三段跳    直井 陽奈 さん  が出場します

第19回東海高等学校新人陸上競技選手権大会に

男子 800m、男子 1500m芝野 遥斗 くん
男子 110mH、男子 400mH朝熊 剛康 くん
男子 三段跳び諏訪 玄樹 くん
男子 ハンマー投げ樋口 風嘉 くん
男子 5000m横山 昇太郎 くん、川原 生寛 くん
女子 100mH、女子 三段跳直井 陽奈 さん
女子 100mH、女子 400mH山下 凛 さん
女子 砲丸投げ笠井 柚花 さんが出場します。

全国大会・東海大会でも良い結果が出せるよう全校で応援しています。

秋の交通安全運動

画像をクリックすると拡大されます。

 9月23日(金)にMSリーダーズ14名が高山警察署生活安全課と連携し、秋の交通安全運動を行いました。警察の方と一緒にパンフレットの配布も行いました。

感動の体育祭!
画像をクリックすると拡大されます。

平成28度 体育祭 走・争・爽 〜主役は君だ!〜

  <結果>
  総合優勝 赤団    応援合戦 1位 赤団   企画運営 黒団
   準優勝 黄団         2位 黄団  (体育祭実行委員会)
    3位 青団         3位 青団

 9月7日(水)に体育祭が行われました。今年度の体育祭は、実行委員長の板屋彩佳さんを中心に、実行委員会(別名 黒団)の皆さんが、企画・運営にあたりました。そして、各団(赤団団長 柳原享河君、青団団長 光賀大悟君、黄団団長 水畑友来君)がテーマ(赤「紅我闘魂、青「碧花繚乱〜青一色に〜」、黄「煌」)を胸に団席中央のマスコットが見守る中、22種目の競技に一丸となって挑みました。
 応援は放課後1日1時間、8日間の団席練習、見事に仕上がった応援合戦の質の高さと圧巻のマスコットは、見ている全ての人の心を打ちました。午後から雨が降り出しましたが、それにも負けず全校生徒の熱い熱い気持ちが入り、来場者数も1053人で感動のうちに幕を閉じました。

平成28年度 育友会PTフォーラム
画像をクリックすると拡大されます。

 9月2日(金)19:00より,高山市民文化会館において,育友会PTフォーラムが開催されました。本校卒業生3名,卒業生の保護者2名の計5名の発表者から,「受験への取り組み それぞれの立場から」というテーマで話をしていただきました。当日の出席は304名,後半には学校職員も加え,稔り多いシンポジウムとなりました。

第2回命を守る訓練

画像をクリックすると拡大されます。

 9月1日(木)に、第2回命を守る訓練を行いました。地震が起きた後に火災が発生したという想定のもとで避難訓練を行い、学校長と消防署加藤様からご高評いただきました。その後生徒の代表が消火器訓練を行いました。今回の訓練をきっかけとして、防災に対する意識をいっそう高めていきたいです。

軽音楽部 WOOD FORUM LIVE2016に参加
画像をクリックすると拡大されます。

 8月28日(日)に、高山市清見町にあるウッドフォーラム飛騨で行われた「WOOD FORUM LIVE2016」に、軽音楽部の「mio ritmo」というバンドが参加させていただきました。途中雨も降りだし、天候も危ぶまれましたが、高校生らしいフレッシュなパワーで雨を吹き飛ばし、楽しく出演させていただきました。レベルの高い出演者に交じり、とてもよい経験となりました。

剣道部 我孫子高校との合同強化練習会
画像をクリックすると拡大されます。

 8月12日〜14日に千葉県立我孫子高等学校の剣道部と合同練習を行わせていただきました。普段とは異なった環境、練習をしたことで技術の向上はもちろん、一人一人が剣道に対する考え方を深めることができました。また、我孫子高校の生徒だけでなく近隣の道場の小中学生やOBの方々も来てくださり多くの方と交流できたことも良い経験になりました。この練習会をきっかけに今後の練習にもよりいっそうの努力をしていきます。

東京大学見学会
画像をクリックすると拡大されます。

 8月5日(金)・6日(土)の1泊2日で2年生43名の生徒が参加しました。
 1日目 東京大学見学等
 東京大学校内を東京有斐会の諸先輩方や、昨年度斐太高を卒業した東大生の方に案内していただきました。その後、駿台予備学校東大専門校舎にて受験に向けての講義。宿舎のホテルにて夕食後、都内の大型書店へ案内してもらい、今後の学習に向けた参考書を購入するなどしました。
 2日目 首都圏大学班別研修
 事前に計画していた大学へ班別で移動し、見学してきました。

軽音楽部 安川納涼まつりに参加

画像をクリックすると拡大されます。

 昨年に引き続き、安川通り商店街の納涼まつりに出演させていただきました。出演したバンドは、たくさんのお客さんを前にとても緊張していましたが、いつもと違ったステージでの演奏を楽しみました。今後も様々なイベントに参加させていただきたいと思います。

快挙!三木雄平君 インターハイ 準優勝!
画像をクリックすると拡大されます。

三木雄平君が、インターハイ準優勝の栄冠に輝きました!
日頃の努力の成果をいかんなく発揮してくれました。

DATA
大会名 :平成28年度全国高等学校総合体育大会 レスリング大会
出場部門:フリースタイル 男子74kg級
会場  :東広島運動公園体育館(1Fメインアリーナ)
期日  :平成28年8月2日(火)〜5日(金)

中学生オープンキャンパス・スタディーサポーター

画像をクリックすると拡大されます。

 8月1日(月)、中学生を対象とした「オープンキャンパス・スタディサポーター」が行われました。今年度は550名の中学生が参加し、本校の体験授業を受け、本校生徒や卒業生から、高校生活(行事、部活動等)についての話を聞きました。午後からは、希望者対象に、本校生徒によるスタディーサポーターがうち解けた雰囲気の中で行なわれました。中学生の皆さんからは、たくさんの感謝の言葉をいただき、本校の生徒も充実感と達成感を味わうことができました。

インターンシップ(1〜3年 希望者)
画像をクリックすると拡大されます。

 7月27日(水)〜8月5日(金)にかけて、「望ましい勤労観や職業観の育成と、地域社会へのより深い理解」を目的に、高山市内の各事業所様のご協力の下、1〜3年生の希望者82名が参加してH28年度インターンシップが実施されました。
 この体験を通して生徒達は、憧れの職種に就いていらっしゃる沢山の方々と実際にお話をさせていただき、各自の目標をより強固なものにすることができました。

1〜3年生 「夏季講座」が始まりました

画像をクリックすると拡大されます。

 7月27日(水)より夏季講座がスタートしました。
 本年度は1〜3年生に向けて全27講座が開講され、生徒達は、夏季休業中も爽やかな早朝から真摯に学びに取り組んでいます。

2年生対象 起業に関する特別授業
画像をクリックすると拡大されます。

 7/25(月)、前回の「起業とは何か」という講演会に引き続いて、2年生を対象とした起業に関しての特別授業が行われました。今回は、リクルートの方から起業の目的や心構え、ビジネスプランの立て方など、具体的な事例を用いて説明していただきました。生徒たちには二度の講演会を踏まえ、夏休みを利用して、自分たちの目線で地域の活性化につながるアイデアを考えてもらいたいと思います。

Wonderful Night ポスター
画像をクリックすると拡大されます。

 Wonderful Nightのポスターを美術部の生徒二人が書いてくれました。Wonderful Nightは、月に一回、夜家庭でスマホを使わないという今年度から始まった取り組みです。このポスターは校内2カ所に掲示してあります。

7月14日 2年生対象「起業とは何か」講演会
画像をクリックすると拡大されます。

 7/14(木)のLHRにおいて、2年生を対象に「起業とは何か」について、高山市商工観光部商工課の方、本町で実際に店舗を構えてみえる2名の方に、高山市の商業の現状と課題についてお話をいただきました。2年生にとっては、1月に予定している「起業提案コンテスト」に向けてのよいヒントとなると同時に、起業について考えるよい機会となりました。

7月11〜15日 教室ワックスがけ

画像をクリックすると拡大されます。

 7月11日から15日にかけて、厚生委員を中心に、教室のワックスがけを行いました。ポリッシャーを用いて隅々まで汚れを落とし、丁寧にワックスをかけました。

7月7日 保健講話
画像をクリックすると拡大されます。

 7月7日に、岐阜ダルクから、施設長の遠山香さん、女性ハウス責任者の勇陽子さん、ひかりちゃんの3名にお越しいただき、薬物乱用防止講話を行いました。以下は生徒の感想の一部です。

・薬物の依存はとてもこわいことだと改めて思った。いつ自分のまわりにも薬物の危険が訪れてくるかわからないし、それは自分だけでなく、大切な人にとっても同じことである。そういった危険が身の回りにおきても、「絶対やらない」という強い意志を持ちたい。
・薬物でもスマホでも、何かに依存してしまうと、自分の強い意志をもって環境を変えていかなければならないということがわかった。
・誰にも言えない悩みを抱えていて、そこから薬物依存になっていくことがあると知り驚いた。自分の気持ちをしっかり相手に伝えること、また自分が本当にやりたいことを見つけ行動することが大切だと学んだ。
・薬物はどんなきっかけで出会うかわからない。自分をよい家庭環境で育ててくれた家族に感謝したいと思った。

選挙に関わる事務従事体験
画像をクリックすると拡大されます。

 先日行われた参議院選挙から選挙権年齢が引き下げられ、高校3年生の一部の生徒が投票できるようになりました。そこで、本校の生徒36名が期日前投票所での立会人や事務従事者として選挙に携わりました。実際の業務に関わることで選挙への関心がより深まり、大変貴重な経験となりました。

7月10日 小坂中学校男子ソフトテニス部との合同練習
画像をクリックすると拡大されます。

 7月10日(日)に小坂中学校男子ソフトテニス部との合同練習を行いました。斐太高生らしく中学生に教えたり、中学生に負けないように練習に取り組んだりする姿が見受けられました。お互いにとっていい刺激となる練習となりました。

7月1日 街頭啓発活動
画像をクリックすると拡大されます。

 7月1日(金)の放課後に、本校の家庭クラブ委員14名とMSリーダーズ14名の計28名が連携して、交通安全と青少年健全育成についての街頭啓発活動を行いました。家庭クラブ委員は自分たちで作ったオリジナルのストラップを、MSリーダーズは高山市役所が作成したファイルを配りました。さとう桐生店に訪れた多くの方々に応援していただきました。

6月30日 高校生による交通安全推進大会〜マナーアップ飛騨〜

画像をクリックすると拡大されます。

 6月30日(木)に、本校のMSリーダーズ3名が、高校生による交通安全推進大会〜マナーアップ飛騨〜に参加しました。高山自動車学校の方から、自転車を運転するときに気を付けるべきことを、講義形式で、また、実際に車に乗って体験させていただきました。これから全校に発信していき、自転車マナーを向上させていきたいです。

6月27、28日 蜻蛉祭

画像をクリックすると拡大されます。

 6月27日〜28日の2日間開催された蜻蛉祭(文化祭)は、開会式でのバイオリンとピアノの協奏、オープニングでの部活動パフォーマンス、そしてテーマ「開化〜想像をこえる創造〜」を表現したダンスパフォーマンスによって盛大に開会されました。体育館ステージでは、3学年の各クラス(7クラス)による演劇が観衆を感動や笑いの渦に巻き込みました。またクラス展示では「縁日」、「ピタゴラスイッチ」などの参加型のものや「ステンドガラス」「トリックアート」など芸術性の高いもの、そして「Bチューブ」「プロジェクションマッピング」といった映像作品が展示・上映され、そのレベルの高さと共に多様な表現の方向性を示すものでした。さらに、文化系部活動では、NHK杯全国高校放送コンテストに出場する放送部、全国高校総合文化祭に参加・出品する美術部、をはじめ13の部活動がレベルの高い内容の展示や発表を行い、見学者を魅了しました。
 蜻蛉祭の企画・運営にあたった実行委員会は準備期間はもとより、当日も素晴らしい協力体制で全団体への統率力を発揮し、オープニングからエンディングまでの全日程を滞りなく進行させ蜻蛉祭を大成功に導きました。
 また、育友会と家庭クラブによる食品バザーでは、カレーライス・うどん・マドレーヌを求めて長い列ができ、大盛況となりました。

6月20日 教育実習生による講話:スマホと受験勉強
画像をクリックすると拡大されます。

 6月20日(月)の7限に、教育実習生に『スマホと受験勉強』という題で、2・3年生を対象とした講話をしていただきました。便利な反面、様々な危険や誘惑も持ち合わせているスマホ。受験生としてどう関わってきたのか、自分の体験を話していただきました。生徒にとって、改めて考える良い機会になったと思います。

6月19日 男子バスケットボール部 日枝中学校との練習試合

画像をクリックすると拡大されます。

6月19日(日)の午後1時より日枝中学校との練習試合を行いました。
8分ゲームを数多くこなすことができ、よい練習になりました。

6月14日 高校生のための文化講演会
写真提供:岐阜新聞社

6月14日、「高校生のための文化講演会」を行いました。講師には、こまつ座代表取締役社長の井上麻矢氏をお招きし、『父・井上ひさしと私〜親子のカタチー』というテーマでお話しいただきました。生徒にとって、親子のあり方を振り返るよい機会となりました。

6月13日 アメリカ・デンバーの高校生と交流しました

 6月13日、来訪中の米国デンバーの高校生13名が、本校弓道部生徒と弓道を体験しました。最初はお互いに緊張した様子でしたが、最後は写真を撮りあって楽しいひとときとなりました。

画像をクリックすると拡大されます。
6月13日 主権者教育を実施しました。

 選挙権が18歳に引き下げられれる参議院選挙を控え、3年生全員を対象に主権者教育「選挙の仕組み」を実施し、選挙の仕組みや、公職選挙法の内容を学びました。

6月13日 第1回命を守る訓練

画像をクリックすると拡大されます。

 6月13日(月)の7限に、第1回「命を守る訓練」を実施しました。
 体育館では、4月に起きた熊本地震の様子をDVDの視聴を通して振り返り、いざ災害が起きた時にどのように対処していくべきかを考えました。

6月7日 進学講演会

 6月7日(火)に保護者を対象として高山市民文化会館を会場に「進学講演会」を行いました。
 第一部は本校教員から「斐太高校の進路状況」として昨年度の卒業生の大学受験入試結果分析と現在の生徒に対して進路実現のためにどんな取り組みがなされているかについての説明がありました。第二部は河合塾、岐阜校から上田浩二先生をお迎えして「大学入試の現状と受験生を持つ親の心構え」についての講演をしていただきました。先生は息子さんがこの3月に大学入試を終えられた保護者でもあり、そのお立場からのお話もいただくことができ、大変有意義な時間を過ごしました。

 (以下は保護者の感想から抜粋)
・学校を信じて子供を預けようと強く思いました。
・先生方の熱い思いが伝わってきました。とてもありがたいことと思っています。このような中で子供たちが学ぶことができ、将来の目標が決まり、希望に向かって進んでいけるよう頑張ってほしいです。(第一部のアンケートより)
・親として子供と接するときに気を付ける具体的な話が聞けてとてもよかったです。今後の受験の参考になることがたくさん聞けました。
・有意義な講演でした。実のお子さんのデータをもとに説明され、リアルな感じが実感できた。(第二部のアンケートより)

6月2日 職員救急法講習会

画像をクリックすると拡大されます。

 高山市消防署員の方を講師に招き、職員を対象に救急法講習会を行いました。応急手当の重要性や心肺蘇生法、AEDの使用に関する講習を、実践を交え学びました。また、アナフィラキシーショックが起こった場合の緊急時の対応について、アドレナリン自己注射であるエピペンの使用方法などを確認しました。

6月1日 創立130周年記念式典・記念講演

画像をクリックすると拡大されます。

 6月1日(創立記念日)、高山市民文化会館にて創立130周年記念式典が盛大に挙行されました。
 式典は生徒会役員の熊ア可倫さん、黒木達也さんの司会で進み、その後には2014年ノーベル物理学賞を受賞された名古屋大学教授 天野 浩 先生を講師にお迎えして
  『世界を照らすLED』
と題した記念講演を拝聴しました。
 生徒・保護者・同窓会員・来賓を含め合計1028名が参加しました。

部活動 成績報告
画像をクリックすると拡大されます。

最近行われた部活動・個人活動の主な成績について紹介します。

第64回岐阜県高等学校総合体育大会
   陸上競技    男子八種競技    第2位 門谷 颯星
         男子八種競技    第3位 朝熊 剛康
         男子800m     第4位 芝野 遥斗
         女子七種競技    第4位 直井 陽奈
         男子110mH    第5位 朝熊 剛康
 レスリング競技 フリースタイル74s級     優勝 三木 雄平
         グレコローマンスタイル74s級 優勝 三木 雄平

第52回全国高等学校将棋選手権大会岐阜県大会 兼 第40回全国高等学校総合文化祭将棋部門岐阜県大会
  男子団体  優勝 宮ノ腰 祐吉  山腰 逸貴  田中 優月

以上の結果、門谷君、朝熊君、芝野君、直井さんは東海総体出場、三木君は東海総体とインターハイ出場、宮ノ腰君、山腰君、田中君は全国高等学校総合文化祭出場を決めました。

5月26日 2・3年生 学部学科説明会
画像をクリックすると拡大されます。

 5月26日(木)に2・3年生(554名)を対象として「学部学科説明会」を行いました。
 遠方から沢山の大学・専門学校の先生方が来校され、その学科の魅力や将来の展望等をお話しいただき大変充実した2時間となりました。

(以下は生徒の感想から抜粋)
・今までは漠然と「医師になりたい」ということしか思っていませんでしたが、今日のお話を聞いて「どのような医師になりたいのか、どうすれば自分の目指す医師になれるのか」も考えながら勉学に励みたいと思います。【岐阜大学・医学部・医学科に参加して】
・文学部は幅広い学問を学ぶところで、自分の興味のあるコースがあるかどうかや教員の数、専攻まで気にするといいとわかりました。【愛知大学・文学部に参加して】
・薬一つができるのに20年もかかっていることに驚きました。いつも何気なく飲んでいる薬は狭き登竜門をくぐり抜けたエリートたちということがわかりました。【岐阜薬科大学に参加して】

5月18日 球技大会

画像をクリックすると拡大されます。

5月18日(水)、好天に恵まれ、絶好のコンディションで球技大会が行われました。アイデア満載のデザインが施されたクラスTシャツに身を包み、白熱した試合が展開されました。
 各種目の優勝は、男子ソフトボール 3F   女子バレーボール   3B@
         男子バレーボール 2E@  女子バスケットボール 3A@
というチームでした。
 3年生は貫禄を見せましたが、1,2年生の健闘も光りました。職員チームもベテランの先生から若手まで大活躍でした。
 準備から当日の運営においては、生徒会執行部が中心となり進めていきましたが、体育委員会をはじめとするたくさんの生徒が大会を支え、生徒ひとりひとりが主体的に行動することで、学校全体で作り上げた大会となりました。
 各会場では、生徒たちの歓声が響き、大いに盛り上がりました。大会を通してクラスの団結力がより一層深まった1日となりました。

熊本地震 募金活動
画像をクリックすると拡大されます。

 4月29日〜5月1日に生徒会執行部を中心とした有志19名で熊本地震への募金活動を行いました。JR高山駅前、宮川朝市、陣屋、古い町並みなどで午前9時から12時まで、手作りの募金箱を使い活動しました。多くの方のご協力もあり3日間で81万2663円の募金が集まりました。集まった募金は日本赤十字社へ送らせていただきました。震災からの復興を心より願います。

3年生、爽やかな空気の中、朝トレスタート!!
画像をクリックすると拡大されます。

 始業前毎日8:00から実施する「朝トレ」が今年も4月15日(金)からスタートしました。基礎学力の定着と併せて大学入試センター試験に向けての演習を行っています。
 各クラス、自分たちの夢を叶えるために凜とした雰囲気の下、真剣に取り組んでいました。
 これからセンター前日まで、頑張ります!!

4月8日 入学式
画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 例年より暖かかった冬も終わり春の気配が感じられるようになった4月8日,期待に胸ふくらませた新入生281名が,保護者とともに登校し,厳粛な雰囲気の中で入学式が行われました。学校長からの入学許可の後,新入生代表による宣誓があり,続いて有斐会会長,育友会会長から祝辞をいただきました。最後に吹奏楽部による校歌の演奏を行い無事終了しました。式後には,正副担任の紹介があり,各クラスに分かれ最初のLHRが行われました。
 さらに体育館では,保護者の方々の育友会入会式も行われました。