斐高ニュースH27

3月1日 白線流しが行われました

画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 3月1日卒業式の後、学校前を流れる大八賀川で伝統の白線流しが行われました。当日は雪がちらつく中、風情のある白線流しが行われました。
 平和の鐘を合図に卒業生が学校から川岸まで歩き開式し、代表生徒のあいさつの後、在校生は「送別歌」を、卒業生は「巴城ケ丘別離の歌」をそれぞれの思いを胸に歌いました。
 そして在校生・保護者・職員らが見送る中、卒業生は結び合わせた白線を川面に流し、母校への惜別の思いと変わらぬ友情を誓いました。

2月14日 高山市議会 市民意見交換会に参加しました

画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 2月14日、高山市の高校生が高山市議会の方々に高山市の課題や高山市に望むこと、将来の展望などについて意見の発表をする「市民意見交換会〜地元高校生との意見交換〜」が行われました。斐太高校は生徒会の5名が参加し「学生が高山市に求めること」をテーマに交通機関の見直しやスポーツ施設の充実という内容で発表しました。発表者は生徒会長で堂々と発表していました。
 高山市の議会に参加し、議員の方々と意見交換をしたことは生徒達にとって自分達が住んでいる高山市について深く考えることができる貴重な経験となりました。

2月18日 1年生 学年集会(3年生担任の先生方より)
画像をクリックすると拡大されます。

 7限のLHRの時間に3年担任から1年生に向けての講話がありました。中田先生(学年主任、3C担任)からは「努力・工夫・対話」の3つの観点から、これからの学習に向けての話をしていただきました。森先生(3G担任)からは実際の入試問題を見ながら話をしていただき、中には問題のあまりの難しさに驚いた表情を見せる生徒もいました。進路実現に向けての話を聞き、1年生の生徒たちはより一層これからの勉強に一生懸命取り組もうと感じたことでしょう。
  (以下は感想の抜粋)
「先生方の話を聞いて大学入試はそれほど甘くないことがよく分かりました。」
「自分を確立するためには自分で決めることが大切だと思いました。今のままでは目標の大学に行くのは厳しいので、小テストもその場しのぎではなく、自分の力にしたいです。」

1月12日 1・2年生 難関大学進学ガイダンス(2)
画像をクリックすると拡大されます。

 1月12日(火)放課後補習の時間帯に、旧帝大等の難関大学進学希望者を対象に「難関大学進学ガイダンス(2)」を行いました。
 平成21年度に本校を卒業された東京大学大学院 教育学研究科 修士課程1年 金子友紀さんを講師にお招きして、1年生は16:00〜武道場、2年生は17:00〜2A教室にて「学びとは」をテーマにお話をいただきました。
 爽やかな笑顔で後輩達のために2回に渡って講演を行っていただいた後、19:00近くまで3年生からの個人的な進学相談にも快く応じて下さり、どの学年の生徒にとっても大変有意義な1日となりました。
 生徒からは以下のような感想(抜粋)が寄せられています。

「今日の講演を聴いて、高校と大学の違いや、今私たちがやるべき事がよくわかりました。大学での学びは充分な基礎知識の下、積極的に自分の意見を伝えたり、他の人の意見を聞いて行うものであるというイメージが持てました。現在私は大学で学びたいと思っていることがあります。それを実現するためにいっそう高校の勉強を頑張らなければならないと思いました。」「早速、いただいた本を読んでみたのですが、"メタ認知"が学びを深める上で大切だとわかり、また、学ぶということは必ず将来につながっているということも分かりました。とても理解しやすくて素晴らしいことが書いてあったのですごくためになりました。」

12月1日 第3回スタディサポーター

 今年度3回目の「スタディサポーター」が、12月1日(火)、高山市内および近隣の中学校(全10校)のご協力を得て無事終了しました。本校の生徒が出身中学に出向き学習支援や高校生活(行事、部活動等)についてのアドバイスを行いました。うち解けた雰囲気の中で行なわれ、中学生の皆さんからは、たくさんの感謝の言葉をいただきました。本校の生徒も充実感と達成感を味わうことができました。受け入れてくださった中学校、そして参加してくれた中学生の皆さんに、改めてお礼申し上げます。今年度参加したスタディサポーターは、延べ367名、参加した中学生は延べ1600名程度になります。

11月19日 1年生:勤労体験学習

画像をクリックすると拡大されます。

 11月19日(木)7限のLHRでA・B・C組が校舎周辺の側溝掃除と落ち葉を清掃しました。当日は天候が優れず、肌寒さを感じる気温の中、3クラスとも一生懸命活動できました。校舎周辺にはまだまだたくさんの落ち葉があります。D・E・F・G組もLHRの時間を利用して今後清掃していく予定です。

11月5日 マラソン大会 2015

画像をクリックすると拡大されます。

 11月5日(木)、乗鞍岳、笠ヶ岳などの山々が綺麗に見える、好天のもとマラソン大会が行われました。個人の部上位20位入賞、総合優勝、完走など一人ひとりが目標を抱えながら男子は10.8km、女子は8.6km先のゴールを目指しスタートしました。

【成績】男子個人 1位 1B 芝野遥人君 40分35秒
         2位 2A 後藤慶晃君   3位 1D 齋藤遥君
         4位 2E 奥澤健人君   5位 2F 横山昂汰君
    女子個人 1位 2E 小倉詩歩さん 37分25秒
         2位 2B 都竹菜央さん  3位 2G 田中里奈さん
         4位 3G 垣内美紀さん  5位 1G 金子楓菜さん
    男女総合 1位 1E  2位 1G  3位 2G
    男子総合 1位 1G  2位 2B  3位 1C
    女子総合 1位 3G  2位 1F  3位 2G

 個人の部では1,2年生の多くの生徒が20位入賞をしましたが、3年生の健闘も光りました。高低差のある厳しいコースを一人ひとりが一生懸命走る姿は素晴らしいものを感じました。走っている途中は辛く、嫌になり、心が折れそうになった生徒もいたと思います。しかし、ゴールした瞬間、生徒たちは達成感や満足感に満ち溢れていました。このマラソン大会でゴールした時の気持ちを自信に変え、今後の生活に生かしていってほしいと思います。
 また、マラソン大会にご協力いただいた保護者の皆様、地域住民の皆様に感謝いたします。来年も今年のような素晴らしいマラソン大会を開催できることを楽しみにしています。

10月20日 1年生 金沢遠足
画像をクリックすると拡大されます。

 10月20日、金沢の町が晴れ渡る中、遠足に行きました。午前中はグループに分かれて、兼六園や美術館など事前に計画した場所を見学しました。午後は金沢大学を訪問し、斐太高校を卒業された14名の先輩方の案内のもと、研究室や食堂、図書館などを1時間ほど見学しました。キャンパスの広さや開放感、そして大学生の様子や高校との違いを肌で実感することができ、大変貴重な経験となりました。楽しむだけでなく進路を考える上でも参考になる大変よい遠足になったと思います。

10月20日 3年生 上高地遠足
画像をクリックすると拡大されます。

 10月20日(火)、3年生は上高地に行ってきました。晴天に恵まれ、晴れ渡る秋空の下での上高地は紅葉が美しく生徒はとても楽しそうでした。河童橋でのクラス写真の撮影の後、クラスごとに明神池まで歩き、河原でお弁当を食べました。帰りは班ごとに分かれて帰りましたが往復2万歩ほど歩いた生徒もいたようです。受験を間近に控えている3年生ですがこの遠足で自然の澄んだ空気を吸いリフレッシュできたようです。

10月22日 1年生 職業講話
画像をクリックすると拡大されます。

 10月22日の6・7限目に、飛騨地区で働く本校卒業生の先輩方を講師に迎え、「1年生職業講話」が実施されました。
 講演者:株式会社十六銀行 高山支店長 高木 淳 様
     医療法人丹心会  岩堤医院  岩堤 慶明 様
 生徒たちの今後の生き方について深く考えさせられるお話を頂き、大変貴重な時間となりました。
(以下は講演感想の抜粋)
「社会では人と人とのつながりがとても大切であるという言葉が最も印象に残りました。商談でも、まず自分を知ってもらう、相手を知る事からとおっしゃっていました。自分自身、人とのつながりは重要だと考えていたので今後とも大切にしていきます。」
「小さな目標をつくりそれを達成していくことがよいとおっしゃっていたので、すぐにでも実践してみたいと思いました。」

10月1日 1・2年生 難関大学進学ガイダンス
画像をクリックすると拡大されます。

 10月1日放課後補習の時間帯に、旧帝大等の難関大学進学希望者を対象に「難関大学進学ガイダンス」を行いました。駿台予備学校名古屋校より高橋幸広先生をお招きして、1年生は16:00〜武道場、2年生は17:00〜視聴覚室にて「難関大学に合格するには」をテーマにお話をいただきました。
 講師の先生には生徒からの質問にも予定時間を延長して答えていただき、生徒から「一気にやる気が出ました。生活態度からやり直し、本当に頑張ろうと強く誓うことができました。」などの声が出るなど大変有意義な会となりました。

10月1日 クラス対抗ディベート大会(1年生)


画像をクリックすると拡大されます。

 入学して半年が経ちました。
 1年生も先輩たちに倣いディベートの手法を学習し、10月1日(木)の7限には7クラス合同、クラス対抗ディベート大会を行いました。
 「僕は今回のディベートでは立論をやらせていただきました。同じチームの友達にも助けてもらい頑張りました。すらすらとは話せませんでしたが、何とかしゃべれてとても良い経験になりました。また、次も協力し合って頑張りたいです。」と次の大会を楽しみにする生徒たちの声が多く聞かれた次につながる大会となりました。

9月11日 体育祭
画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

平成27年度 体育祭 自分の色に染めなイカ!!

 <結果>
    総合優勝 黄団     応援合戦 1位 黄団    企画運営 黒団
     準優勝 青団          2位 青団       (体育祭実行委員会)
      3位 赤団          3位 赤団

 9月11日(金)に体育祭が行われました。今年度の体育祭は、実行委員長の松永和真君を中心に、実行委員会(別名 黒団)の皆さんが、企画・運営にあたりました。そして、各団(赤団団長 橋場義承君、 青団団長 古橋侑季君、 黄団団長 下嶋秀明君)がテーマ(赤「千紫万紅、青「青覇〜志高いところに光輝あり〜」、黄「誉」)を胸に団席中央のマスコットが見守る中、22種目の競技に一丸となって挑みました。 応援は放課後1日1時間、8日間の団席練習、しかも雨天のため本番と同じ団席で練習できたのはたったの2回。しかし、見事に仕上がった応援合戦の質の高さと圧巻のマスコットは、見ている全ての人の心を打ちました。長く続く悪天候と台風の関係で予定日より2日遅くなりましたが、全校生徒の熱い熱い気持ちが入り、来場者数も千人近くで感動のうちに幕を閉じました。

6月2日 職員救急法講習会

画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 6月2日(火)、本校職員を対象に、救急法講習会を行いました。本校では、いつ起こるかわからない緊急事態に備え、毎年救急法講習会を行っています。今年度は、まず前半に、高山消防署員の方を講師に招き、応急手当の重要性や心肺蘇生法、AEDの使用など、実践を交えわかりやすく教えていただきました。また後半は、生徒がアナフィラキシーショックをおこし、アドレナリン自己注射であるエピペンを打つことになった場合を想定したロールプレイングを行い。いざというときに、どのように行動したらよいかを確認しました。

5月14日 球技大会
画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 5月14日(木)、好天に恵まれ、絶好のコンディションで球技大会が行われました。アイディア満載のデザインが施されたカラフルなクラスTシャツに身を包み、白熱する試合が展開されました。
各種目の優勝は、男子ソフトボール 3A   女子バレーボール 3AA
        男子バレーボール 1D@  女子バスケットボール 3C@
さすがに3年生は貫禄を見せましたが、1,2年生の健闘も光りました。職員チームもベテランから若手の先生まで大活躍でした。
 準備から当日の運営においては、生徒会執行部が中心となり進めていきましたが、体育委員会をはじめとするたくさんの生徒が大会を支え、生徒一人一人が主体的に行動することで、学校全体で作り上げた球技大会となりました。
 各会場では、生徒たちの歓声が響く中で、白熱した試合が行われ、大いに盛り上がりました。球技大会を通してクラスの団結力はより一層深まったのではないでしょうか。

4月8日 始業式
画像をクリックすると拡大され、説明が表示されます。

 まだまだ寒さが続くなか,期待に胸ふくらませた初々しい新入生280名が,保護者とともに登校し,厳粛な雰囲気の中で入学式が行われました。学校長からの入学許可の後,新入生代表新井美久さんによる宣誓があり,続いて伊藤有斐会会長,野戸育友会会長から祝辞をいただきました。最後に吹奏楽部による校歌の演奏を行い、無事終了しました。式後には,正副担任の紹介があり,各クラスに分かれ、最初のLHRが行われました。
 さらに体育館では,保護者の方々の育友会入会式も行われました。