title_top
title_white_shadow_low
福祉科

平成23年度~平成28年度

介護福祉士6年連続100%合格

はじめに 本学科を志望する中学生のためのQ&A

Q1 福祉科とはどのような学科ですか?

A 1年生では、全員が社会福祉に関する実習に取り組みながら基本的知識や技術を学びます。2年生から、高齢者福祉が中心のケアワーカーフィールドと、保育が中心の子ども福祉フィールドのどちらかを選択します。そして、これらの知識や技術を生かして、地域社会で活躍する「福祉のスペシャリスト(専門家)」を目指します。


Q2 福祉科を希望するにあたり必要な心構えは何ですか?

A 毎日の授業に真剣に取り組む事はもちろん、挨拶・言葉遣い・頭髪・服装などの礼儀やマナーをしっかりと身につけておくことと、家庭でのお手伝いやボランティア活動などに積極的に関わり、生活に関するたくさんのことを経験しておいてください。


Q3 具体的にどのようなことを学習するのですか?

A 1年生では、社会福祉の基本理念や介護技術の基礎、人のからだについて学習し、高齢者や障がい者の通園施設などで実習を行い、福祉について幅広く学習します。2年生で、ケアワーカーフィールドを選択した生徒は、介護に関する高度な専門性を身に付けて就職できるように特別養護老人ホームなどで実習を行います。そして、卒業時に取得することが出来る「介護福祉士」の国家試験受験の資格を生かせるよう学習を重ねます。また、2年生で子ども福祉フィールドを選択した生徒は、上級学校での幼稚園教諭などの資格の取得を目指して、保育実習や保育検定に取り組みます。造形やことば、音楽や身体を使ったリズム表現にも積極的に取り組みます。


Q4 どんな資格が取れますか?

A 1年次に全員が介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)を受講します(研修要件を満たせば、修了認定されます)。ケアワーカーフィールドでは、所定の必要な科目の単位が修得できた3年次の修了時に「介護福祉士」の国家試験を受験する資格が得られます。 子ども福祉フィールドでは、全国高等学校家庭科技術検定の保育技術検定1級と食物調理検定2級の取得を目指します。


Q5 どのような実習がありますか?

A 校内での実習では、高齢者や障がいのある方などが安全・安心して生活していけるための生活支援技術(車いすや食事、入浴介助など)を、介助者役と利用者役に分かれて体験的に学びます。校外での実習では、1年次では、全員が介護老人保健施設と障がい者支援施設に行き、主にコミュニケーションを通して利用者理解や実際に行われている介護の基本を学びます。ケアワーカーフィールドでは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービスセンター、グループホームなどの各種高齢者施設に実習に行きます。施設の特徴の理解や、介護技術の実践、そして一人の利用者に対する個別支援計画の立案から実施まで行います。子ども福祉フィールドでは、貼り絵などの平面構成や楽器の演奏などの保育技術を学び、保育所や幼稚園等での実習を行います。また、子ども館での絵本の読み聞かせや、人形劇公演も行います。そして、卒業前にはそれまで学んできた保育技術を保育技術発表会にて成果を披露します。


Q6 福祉科に入学しても部活動はできますか?

A ケアワーカーフィールドは介護福祉士受験資格を得るカリキュラムのため全員共通で学ぶ1年生から放課後7限目の授業や補習夏期休暇中の施設実習(授業扱い)を行います。放課後や長期休暇中の部活動時間が他の学科の生徒より少なくなりますが、現在、運動系部活動で頑張っている生徒もいるので、本人の努力次第です。よく考えて決めて下さい。


Q7 卒業後の進路はどのようなものがありますか?

A 就職希望者に対しては、実習施設先をはじめ、多くの求人が来ています。また、進学者は、大学・短大・専門学校等で保育士、幼稚園教諭、社会福祉士、看護師等の資格取得を目指したいと考えている人が多くいます。


本校は、介護福祉士養成校です。


生活産業学科のポスターと本校の紹介

生活産業学科のポスター 本校福祉科の紹介

☆平成29年度TOPICS

福祉科1年生が施設見学を行いました。

5月12日(金)及び26日(金)に、社会福祉基礎の授業において、地域複合型施設と保育所を見学しました。

《生徒の感想》

  • 「地域複合型施設」
    • 施設の雰囲気がとても明るく、高齢者施設のイメージが変わった。
    • 利用者の生活を第一に考えて、室内の工夫や職員の対応がなされていることが分かった。
    • 施設の入所者でなくても、地域の人たちが気軽に利用できて、地域の中に溶け込んでいることが分かった。
  • 「保育所」
    • 子どもの体験を大切にして、成長を見守りながら保育していることが分かった。
    • 命を守る訓練を見学して、小さな子どもたちも真剣に取り組んでいることに感心した。
    • 避難訓練のほか、保育士が様々な事態を想定した対応の研修をしていることが分かった。
    • 保育の現場を見ることで、将来の夢が具体的になった。

地域複合型施設の説明

木のぬくもりを感じる室内

キッチンがあり家庭的


保育所長さんからの説明

積極的に質問

年齢別のお部屋を見学


福祉科 1年生 社会見学を行いました。

社会福祉基礎の授業において5月19日(金)に、ポートメッセなごやで開催された「ウェルフェア2017」の見学及びINAXライブミュージアム 土・どろんこ館にて、光るどろだんごづくり体験をしました。

《生徒の感想》

  • 「ウェルフェア2017」
    • 多くの企業が、福祉分野機器の開発を積極的に行っていることが分かった。
    • 説明を聞くだけではなく、車いすやリフトに試乗して利用者の利便性について考えることができた。
  • 「光るどろだんごづくり」
    • どろだんごの種をまん丸にするために、根気強く作業することができた。
    • 仕上がりを創造しながら、色付けを工夫するのが楽しかった。
    • 作っただんごが更に光るように、家でも磨きたい。

階段昇降機の試乗

音楽健康指導士とのレクリエーション体験

企業ブース見学中


どろだんごの種を丸く削る作業

作業の説明

どろだんご着色作業


着色したどろだんご

瓶の口を利用して磨く作業

光るどろだんごの完成品


福祉科 1年生 車いす介助の実習を行いました。

生活支援技術の授業において5月18日(木)に、校内で車いす介助の実習を行いました。

《生徒の感想》

  • 小さな段差やアスファルトの凹凸でも、車いすに乗ると衝撃が大きいことが分かりました。
  • スロープを後ろ向きに進むときには、いつ終わるのか不安になりました。
  • 動作の一つ一つに声をかけてもらえると、とても安心しました。
  • 会話をしながら移動したら、楽しい気分になりました。

講師からの説明

スロープを降りてきたところ


小さな段差も慎重に介助

利用者とのコミュニケーションを図りながら介助


階段は4人の介助者で協力

天候に恵まれ、お散歩日和


☆平成28年度TOPICS

第29回 介護福祉士国家試験全員合格! & 6年連続100%合格!

平成29年1月29日に、第29回介護福祉士国家試験が岐阜メモリアルセンターで行われました。3月28日に合格発表があり福祉科3年生ケアワーカーフィールドの生徒26名は、介護福祉士国家試験に全員合格することができました。全員合格は6年連続です。

(平成28年度介護福祉士国家試験について

受験者数76,323人 合格者数 55,031人 合格率 72.1%)


〈保育技術検定1級・2級受験〉2年生、3年生

1月21日(土)本校で保育技術検定の実技審査があり、他校より3名の審査員の先生方を迎え、2年生は2級4種目、3年生は1級2種目を受験しました。3年生は前期に2種目を合格しており、今回の審査で11名が1級4種目を合格することができました。

言語表現技術2級(絵本の読み聞かせ)の様子

家庭看護技術2級(清拭とおむつ交換)の様子


音楽リズム表現技術1級(ピアノ、弾き歌い)の様子

造形表現技術1級(壁面構成)の様子


〈保育技術発表会〉3年生

1月27日(金)2年間の専門科目の学習の総まとめとして、校内で発表会を行いました。当日は来賓、保護者の他、保育園実習でお世話になった鵜沼西保育所年長組の園児40名も招待しました。私たちは毎年各務原にまつわる創作人形劇に取り組んでいますが、本年度は百十郎桜と新境川の堤を題材にした「笹が池の竜神様」を演じました。その他、虫人形劇、パネルシアター、エプロンシアターなどどれも自分たちでシナリオを考え、人形などを製作した創作劇です。当日は自分たちの持てる力を十分に発揮することができました。





〈子苑幼稚園での人形劇公演〉3年生

1月12日(木)幼稚園実習で6月にお世話になった子苑幼稚園に出かけ、全園児約250名の前で創作人形劇の公演を行ってきました。6か月ぶりに見る園児たちの成長ぶりにびっくりするとともに、人形劇での拍手や声掛けなどのうれしい反応に、人形劇をさらによいものにしたいと気持ちを新たにしました。



〈各務原市立中央図書館のクリスマス会参加〉3年生

12月17日(土)中央図書館で行われたクリスマス会に参加しました。パペット人形劇や絵本の読み聞かせ、パネルシアター、ハンドベル演奏など40分程の短い時間でしたが、日頃の学習の成果を発表することができました。



福祉科2年生ケアワーカーフィールド25名が各務原市立各務原養護学校との交流会を開催しました。

1月12日(木)に生活支援技術の授業において、各務原市立各務原養護学校2年生20名の生徒との交流会を開催し、2グループに分かれてレクリエーションとベッドメイキングの学習を行いました。

両校の生徒達は、少し緊張した面持ちでしたが、レクリエーションをしたり、一緒にベッドメイキングをしたりするうちに、笑顔が見られ、会話が弾むようになりました。同じ福祉を学び、共に生活する地域社会の一員としての認識を高め合うことができました。

自己紹介をしました。

「羽っこゲーム」です。

高得点を狙って羽を投げます。


ベッドメイキングのデモンストレーションです。

お互いに真剣な表情です。

マンツーマンでアドバイスをしました。


3年生が本校に隣接する高齢者施設の利用者様との交流会を開催しました。

11月17日(木)に生活支援技術の授業において、デイサービスセンター ニッケかかみ野苑、ニッケふれあいセンターの利用者様との交流会を開催しました。

生徒達は、利用者様に楽しんでいただけるようにと進行の仕方やレクリエーションを工夫しました。

当日は、笑顔でお出迎えし、グループごとに校内を見学していただきました。授業で学んだ生活支援技術を活用し、移動介助を行うことができました。利用者様との会話も弾み、コミュニケーションの楽しさや大切さを実感できました。学校も社会資源の一部であるとの認識が高まり、地域交流について考える機会となりました。

グループごとに自己紹介をしました。

校内を見学中。


5つの文字を並べ替えたらどんな単語になりますか?

みんな一緒にお茶の時間です。


○第5回全国高校生介護技術コンテスト出場に向けて、出場する3年生3名に部活動後援会と同窓会より激励金が手渡されました(10月18日)



全国産業教育フェア石川大会(11月6日)での介護技術コンテスト全国大会は全国から12校出場します。全国大会に出場する抱負を述べ、決意を新たにしました。結果を出せるよう精一杯取り組んできます。


○介護実習(10月3日~10月14日) 対象:1、2年生


実習先の栄養士による施設での食事体験(1年生) 様々な食事形態(刻み食、ムース食など)のものを実際に食べ比べして、味や食感などを確認しました。2年生は特別養護老人ホームに8日間、1年生は障がい者支援施設に9日間行きました。


○介護実習報告会(9月6日) 対象:2年生


介護実習(7月に9日間のデイサービスセンターにて)の実習報告会。自分たちが考案したレクリエーションの反省や実習での成果や課題を発表しました。


○各務原市福祉フェスティバルへの参加(9月4日 各務原市民会館にて) 対象:1年生


各務原市内の福祉関係者が集うフェスティバルに参加し、各出展団体のお手伝いを行いました。活動をとおして、市内には様々な福祉事業者があることや、各団体により各務原市の福祉を支え合っていることを知りました。


○タブレット端末を活用した授業


各自が調べた様々な病気についての発表(3年生)

病気の原因や症状、治療方法などについて、画像を用いてわかりやすく説明しました。自分が担当した病名について調べて発表することで、より理解が深まり、プレゼンテーション技術も磨けました。



アプリを使って過去の出来事調べ学習(2年生) 「思い出キット」というアプリを使って様々な過去の出来事を調べ、介護実習で個別介護計画を作成する担当利用者の生活史の理解に役立てました。このアプリは、生年月日を入力することで何歳の時にどんな出来事や歌などが流行したかが一目でわかるもので、利用者とコミュニケーションに生かすことができました。


○授業「生活支援技術」の紹介


口腔内の痰吸引の実技(医療的ケア)(2年生) 模擬痰を使って実際に吸引する感覚を体験します。痰の吸引をされる方の気持ちを考え、正しい手順で行うことを学びます。



ベッドからストレッチャーへの移乗介助(2年生) 利用者役の生徒が不安な気持ちにならないよう、介助者同士の息が合っているかが大事です。



食事介助(1年生) 一口サイズやスプーンを口に入れるタイミングが難しかったり、どのようにしたらスムーズに食べてもらえるかを考えながら行いました。



校内での車椅子介助(1年生) 車いすに乗っている人に安心感をもってもらえるよう一つ一つの動作の声かけをしながら行えました。大きな段差は介助者が力を合わせて持ち上げます。



杖歩行の介助(1年生) 「杖→患側→健側」の順番で2動作と3動作歩行の方法を学びました。



入浴介助(1年生) 寝たまま入れる機械浴の介助方法を学びました。安全を第一に操作することと入浴を楽しめるような声かけを意識して取り組みました。男子生徒もがんばっています!


○卒業生と語る会(7月5日)対象:全学年



4名の卒業生(1人はビデオレター)から在校生に向けて話をしてくれました。卒業生4名は、就職者としてデイサービスセンターで勤務(介護福祉士)、進学者として中部学院大学(人間福祉学部)、中部学院大学短期大学部(幼児教育学科)、岐阜県立衛生専門学校(助産科)の学生がそれぞれ近況報告をしてくれました。そして進路実現に向けた取り組み、在校生へのメッセージ等を話してくれ、生徒たちは進路選択やこれからの学校生活の過ごし方を改めて考える機会となりました。


○レクリエーション講習会(6月14日)対象:2年生


介護実習の事前学習として、中部学院大学の高柳竜一先生にお越しいただきました。実習先で実践できるレクリエーションを楽しみながら教わりました。


第3回高校生介護技術コンテスト 東海地区予選 最優秀賞受賞!!

8月23日(火)に、静岡県立清流館高等学校において、第3回高校生介護技術コンテストの東海地区予選が行われました。この予選に福祉科3年生の3名が出場し、初めて最優秀賞を受賞しました。そして今年11月5日(土)、6日(日)に開催される第26回全国産業教育フェア石川大会に東海地区の代表として全国大会に出場する権利を得ることができました。

本大会は、福祉を学ぶ高校生が、課題事例に対する介護技術を競い合うことにより、日頃の学習活動で身につけた介護技術の成果向上を目指しているものです。岐阜、愛知、三重、静岡の各県の代表校の計8校により審査が行われました。



〈保育技術検定1級〉3年生

7月30日(土)3年生13名は、1級2種目(言語表現技術、家庭看護技術)を受験しました。言語表現技術では自分で考えた素話を審査員の前で「お話し」をし、家庭看護技術では幼児に見立てた生徒に、けがや骨折の手当てをする試験です。後期には他の2種目を受験し、昨年度と同様に全員1級合格を目指します。



本年度から保育技術検定4級を福祉科1年生が全員受験することになりました。7月に2種目受験をし、12月にも2種目を受験します。


〈保育技術検定3級〉2年生

7月27日2年生15名は、3級4種目(リズム音楽表現、造形表現技術、言語表現技術、家庭看護技術)を受験しました。後期には、2級を全員受験します。




〈食物調理2級検定〉3年生

7月2日(土)食物調理2級実技審査があり、他校の先生に審査していただきました。2級は日常食の調理で、本年度は、自分の考えた夕食献立を50分で調理する内容です。他に筆記試験があり、合計点で合否が決まります。



〈中央図書館読み聞かせボランティア〉2年生

夏季休業中の7月28日・29日の午後、各務原市立中央図書館で読み聞かせボランティアをしました。創作ペープサートやエプロンシアター、大型絵本、紙芝居、手遊びなど日頃の学習成果を披露し、来館した親子と楽しい時間を過ごすことができました。冬にはクリスマス会にも参加し、ハンドベルを披露する予定です。




〈ピアノレッスン〉2年生、3年生

同じく「高大連携事業」の一つとして、2・3年生の希望者が土曜日に岐阜聖徳大学短期大学部へ出かけ、ピアノの実技指導を受けました。2年生はバイエルを中心に、3年生はバイエルの他にも弾き歌いのレッスンを受け、技術の向上につなげることができました。




〈大学一日体験〉3年生

昨年度から始まった岐阜聖徳学園大学短期大学部幼児教育学科と本校福祉科との「高大連携事業」の一環として、本年度は新たに3年生13名が大学での学校生活を一日体験しました。施設見学のあと、保育美術と食物の講義と実習を大学の先生に受け、進路選択を考えるよい機会となりました。






〈人形劇講習会〉2年生、3年生

本校に大学の先生に来ていただき、人形の作り方や演出指導をしていただいています。第1回講習会では、2年生は5月24日に虫人形の作り方を、3年生は7月11日にパペット人形作りの指導を受けました。後期には、3年生は振り付けなど演出指導をしていただく予定です。



〈読み聞かせ講習会〉2年生

6月8日、各務原中央図書館の職員の方々に来ていただき、紙芝居や絵本の選び方や読み聞かせのしかたを教えていただきました。ここで学んだことを生かし、毎年読み聞かせのボランティア活動を行っています。



学科目標

社会福祉に関する基礎的・基本的な知識と技術を総合的・体験的に習得し、福祉のこころと幅広い福祉サービス技能をもつ人材を育成します。

モットー

「人はこころ 福祉は人なり」

育てたい人間像

「元気 笑顔 コミュニケーション」

  • 明るくて素直な人柄  
  • やる気を見せる姿勢  
  • 挨拶のできる元気な人  
  • 生活にけじめをつけ、マナーが確立している人

フィールドについて

学科の特色として、1年生で共通科目を履修し、2年生よりフィールド(コースのこと)に分かれて学習します。福祉科は「ケアワーカー」と「子ども福祉」の2つの選択フィールドを設け、将来の目的や適性、進路に合わせた選択をすることになります。それぞれのフィールドの目標は次のとおりです。

フィールド フィールドの目標
ケアワーカー 社会福祉に関する専門的な知識・技術を習得し、社会福祉に貢献できる人材を育成します。あわせて、福祉専門職としての介護福祉士の国家資格取得を目指します。
子ども福祉 福祉を核に、子どもの保育に必要な専門的知識や技術を身につけた人材を育成します。あわせて、社会人として必要な資格取得を目指します。

カリキュラム(平成26年度)

■ケアワーカーフィールド

■子ども福祉フィールド

{注1}数字は単位数

{注2}濃いピンクは専門科目(下記参照)

{注3}「*」は選択科目

専門科目

教科 科目 学年(単位数) 内容
福祉 社会福祉基礎 1年 全(4単位) 社会福祉の理念と意義、人間関係とコミュニケーション、社会福祉思想の流れと福祉社会への展望、社会保障制度について学習する。
介護福祉基礎 2,3年 ケア・ワーカー
(2~5単位)
介護の意義と役割、介護福祉の担い手、介護を必要とする人の理解と介護、介護における安全確保と危機管理について学習する。
コミュニケーション技術 2年 ケア・ワーカー
(2単位)
介護におけるコミュニケーション、サービス利用者や家族とのコミュニケーション、介護におけるチームのコミュニケーションについて学習する。
生活支援技術 1年 全 
2,3年 ケア・ワーカー
(3~10単位)
生活支援の理解、自立に向けた生活支援技術、終末期・緊急時の介護、医療的ケア(ケアのみ)について学習する。
介護過程 2,3年 ケア・ワーカー
(4単位)
介護過程の意義と役割、介護過程の展開、介護過程の実践的展開、介護過程とチームアプローチ
介護総合演習 1,2,3年 全(3単位) 介護実習の事前学習では実習にあたっての心構えや実習の留意点等、事後学習では実習のまとめと実習報告会を行う。
介護実習 1年 全 
2,3年 ケア・ワーカー
(3~13単位)
障がい者施設に出向いて実習を行い、介護福祉士に必要な知識や技術、倫理観、またチームとしての介護福祉士の役割等を学ぶ。
こころとからだの理解 1年 全 
2,3年 ケア・ワーカー
(2~8単位)
人間の心理面と身体面のしくみ、発達と老化の理解、認知症、障害の種類について学習する。
福祉情報活用 1年 全(2単位) 福祉に関する情報処理について学習し、社会福祉現場で活用できる力を身につける。
福祉の世界 (1単位) 長期休業中に中部学院大学で講義を受け、大学の講義を体験することができる。
家庭 子どもの発達と保育 2年 子ども福祉 (2単位) 子どもの発達の特性や過程、子どもの生活、子育て支援等について学習する。
子ども文化 2・3年 子ども福祉 (8単位) 子ども文化、子どもと遊び、児童文化財、子ども文化を支える場等について学習する。
フードデザイン 2・3年 子ども福祉 (6単位) 栄養、料理様式、食育などの知識、調理実習を行う。
課題研究 3年 子ども福祉(4単位) 保育所や幼稚園等への実習に行き、保育者としての技術、態度を学ぶ。
保育音楽 2・3年 子ども福祉(4単位) ピアノの専門講師による指導の元、ピアノの弾き方を学びます。
保育技術 3年 子ども福祉(2単位) 絵本の読み聞かせや保育看護など事例や体験を通して具体的に理解する。

{注意}単位数は、選択するフィールドや科目の選択の仕方によって異なります。

施設実習

  • 第1学年
    • 全員…介護老人保健施設(5日間)、障がい者施設(9日間)
  • 第2学年
    • ケアワーカー…デイサービス、特別養護老人ホームで2週間ずつ
    • 子ども福祉…保育園、児童館、障がい者施設にて3週間
  • 第3学年
    • ケアワーカー…特別養護老人ホーム、グループホームで3週間ずつ
    • 子ども福祉…保育園、児童館にて(10日間)

その他の実習

3年間を通してボランティア活動に積極的に参加します。

取得資格

介護福祉士国家試験受験資格 他(ケアワーカーフィールド)

介護職員初任者研修課程

家庭科検定(食物、保育)

特色と実績

  • 1.介護福祉士国家試験合格を目指した徹底指導(補習)
  • 2.平成23年度~平成27年度 介護福祉士国家試験 合格率100%
    • 平成27年度:32名中32名合格
    • 平成26年度:26名中26名合格
    • 平成25年度:26名中26名合格
    • 平成24年度:28名中28名合格
    • 平成23年度:27名中27名合格
  • 3.最新機器を導入した「実習棟」における校内実習
  • 4.中部学院大学との高大連携の協定
  • 5.東海学院大学との高大連携の協定
    • 環境の整った東海学院大学において、ピアノの指導を専門的に受けることができます。

進路について(平成27年度実績)

  • <進学先>
    • 日本福祉大学、中部学院大学、東海学院大学、岐阜保健短期大学、平成医療短期大学、岐阜聖徳学園短期大学、東海学院大学短期大学部、中部学院短期大学部 など
  • <就職先>
    • 特定医療法人 フェニックス、社会福祉法人 サンライフ、社会福祉法人 美谷会、社会福祉法人 和光会 など

施設設備について

★入浴実習室・・・特殊浴槽・簡易浴槽・家庭浴槽・集団浴槽・入浴人形 他
★リハビリテーション実習室・・・人体模型・骨格模型・その他各種の模型 他
★介護実習室・・・ベッド10床、車椅子10台、洗髪車2台、介護人形、和室、昇降キッチン 他

1年間の主な行事

4月

福祉科学科集会

5月

施設見学(介護施設・保育所)

校外研修(国際福祉健康産業展・どろだんご作り)

保育士と語る会

介護福祉士と語る会

3年生介護実習(グループホーム)

  
6月

3年生介護実習(特別養護老人ホーム)

3年生子ども福祉実習(幼稚園等)

1年生フィールド仮登録

食物調技術検定4級

7月

施設実習・子ども福祉実習決意式

1、2年介護実習(1年生:老人保健施設等 2年生:デイサービスセンター)

介護実習報告会

食物調理検定2級

高校見学会

卒業生と語る会

8月

中部学院大学との高大連携講座

保育技術検定3級

9月

絵手紙講習会

紙芝居講習会

1年生フィールド本登録

1年生各務原市福祉フェスティバル参加

食物調理技術検定3級

10月

中学生一日体験入学

介護実習・子ども福祉実習決意式

1、2年生介護実習(1年生:障がい者施設等 2年生:特別養護老人ホーム

2年生子ども福祉実習(保育所等)

介護・保育実習報告会

11月

ワープロ検定

読み聞かせ講習会

12月

鵜二連行事参加

食物調理技術検定2級

被服製作技術検定4級

上級救命講習

1月

認知症サポーター養成講座

介護福祉士国家試験激励会

介護福祉士国家試験

保育技術発表会

保育技術検定4級

2月

保育技術検定1・2級

3月

様々な実習、地域との交流活動など

実習風景

ベッドメイキング

シーツ交換

車いすの介助

手引き歩行の介助

「特殊浴槽」での入浴

口腔ケア

不自由さ体験


交流・授業風景

保育所の訪問

介護予防施設の訪問

高齢者体験授業

生活支援技術

(車いす実習)

中央図書館

読み聞かせボランティア

子ども館での手遊び歌

子ども福祉実習

保育園児対象の

交通安全講習会

保育技術発表会

メニュー&リンク
学校パンフレット