top page>学校の概要>ご挨拶と本校の紹介

 本校は昭和33年に開校され、50年を超える歴史と伝統のある高等学校です。創立当初から理数系を重視した大学進学を目指す普通科高校として教育を推進してきました。さらに、昭和44年には本県で最初に理数科が設置され、理数教育を一層重視する高校として発展してきました。
 岐阜市にある本校は、南に金華山と長良川、北に百々ヶ峰(どどがみね)に囲まれるという風光明媚な文教地区に立地し、静かで最適な学習環境に恵まれています。各学年、普通科7クラスと理数科2クラスが設置され、合計27クラス、約1100人の生徒が勉学に励む大規模校です。
 本校の特色は、文系理系を問わず科学的な視点と手法を大切にする学校であるといえます。特に、未来の科学技術系人材を育成することをねらいとしたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に文部科学省から指定されたこともその一つとして挙げられます。このSSHには、平成15年度から平成17年度に第1期の指定を受けた後、引き続き平成18年度から平成22年度までの5年間を第2期として指定を受けました。現在は、通算10年間に渡る研究を通して開発した教育プログラムの成果を、普通科・理数科・文系・理系を問わず、日々の授業をはじめとして自然科学系の部活動や様々な教育活動等に活かし、科学的に考え、それを表現できる生徒の育成に力を注いでいます。
 今後も、「全力を尽くして学業に励め」、「礼儀正しく思いやりのある人となれ」、「強健な心身をつくれ」を教育目標として、「躍進岐山」を合い言葉に、生徒の自己実現に向けて教育実践を続けて行く所存であります。

岐阜県立岐山高等学校長


− 校名『岐山』(ぎざん)の由来 −

 本校の「岐山」の名は、織田信長が天下統一の拠点「井之口」を改名した時の名称候補「岐山」・「岐阜」・「岐陽」の一つです。
 中国の周王朝発祥の地の地名でもあります。



百々ヶ峰の山頂から、本校・長良川・金華山を望む
*百々ヶ峰:どどがみね
本校の直ぐ裏にそびえる岐阜市最高峰(標高418m)の山です。
 


− 合い言葉『躍進岐山』の由来 −

 岐山高生あるいは本校関係者が常に口にする合い言葉、それは「躍進岐山」です。創立まもなくの昭和37年頃から、 誰ともなく自然発生的に創られ、語り伝えられるようになりました。
 今では校碑、扁額、高校案内パンフレットに至るまで使われ、同窓生とおぼしき人に会ったとき、こちらが挨拶代わりに 「躍進!」と言えば相手の方が「岐山!」と応答するように、連綿と続く本校や本校関係者である「あかし」の一つにもなっています。
 この言葉には、生徒と教師が一致団結してどんな障害にも信頼・協力・努力で乗り越え、「天下の岐山高校を築いていこう!」という意気込みや気塊が込められています。


このページの先頭へ
top page>学校の概要>ご挨拶と本校の紹介