本文へスキップ

岐阜県立岐南工業高等学校ホームページへようこそ

TEL. 058-271-3151

〒500-8389 岐阜県岐阜市本荘3456-19

English Page

部活動 >> 自転車競技部

自転車競技部Bicycle race

活動内容

 岐南工の自転車競技部は、平成に入ってから現在までに、インターハイ17回優勝最高6連覇 を成し遂げました。これを達成したのは岐南工のお家芸とまで謳われる
“チームパーシュート”
 この種目においては大学生チームや、プロ選手、高校生日本代表選抜ナショナルチームにさえ勝利することさえありました。
 その他の全国大会でも、数えきれないほど優勝しており、最優秀選手賞を何度も獲得しています。そして日本代表に選ばれナショナルチームで活躍する選手も数多くいます。
 凄いのは、これらのほとんどの選手が高校入学してから自転車競技を始めた生徒だということです。
 自転車を初めてまだ半年の1年生も全員ロードレースの全国大会に出場します。

 岐南工自転車競技部の生徒は自転車競技界の頂点に向かって練習に励んでおり、その最初の目標は「全国制覇」です。しかし、ただ全国制覇するだけではなく、その先の世界でも活躍できるよう日々努力をしています。
 1年生の時にはまだ頼りなかった生徒も、3年生になるころには皆が後輩から頼られ、先生からも信頼され社会人としての礼儀や心構えもできるようになり、選手としてだけでなく人としても大きく成長することができます。

活動日

 授業日は7:50からの朝練と放課後の練習
 休日等は9時から3,4時間程度の練習


部員数

(平成29年5月1日現在)

3年生 男子8名
2年生 男子8名
1年生 男子7名、女子2名
合 計 男子22名、女子2名


大会等実績


【過去大会実績】(優勝回数)
  • 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
      全国高等学校総合体育大会 自転車競技  6回
      秩父宮記念杯 全国高等学校対抗自転車競技選手権大会 6回
      全国高等学校自転車道路競走中央大会 3回
      
    3kmインディヴィデュアルパーシュート 6回
      4km速度競走 2回
      ロードレース 3回

      4kmチーム・パーシュート17回 最高6連覇2連覇1回、3連覇1回、5連覇1回
                     (大会記録更新3回)
  • 全国高校選抜大会
    全国高校選抜大会学校対抗総合優勝 3回
     3kmインディヴィデュアル・パーシュート 5回
    スクラッチレース 1回
    ケイリン 1回
    イタリアン・チーム・レース 3回
    エリミネイション 2回
  • JOCジュニアオリンピックカップ
    最優秀選手賞JOCカップ獲得 3回
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート 5回
    ポイントレース 2回
    1kmタイムトライアル 1回
  • 全日本自転車競技選手権大会(プロ・アマ混合のため岐南工OB含む)
    4kmインディヴィデュアル・パーシュート 4回(4連覇)
    ポイントレース 2回(2連覇)
    スクラッチレース 2回(2連覇)
    4kmチーム・パーシュート(岐南工OBチーム) 7回(2連覇2回)
  • 全日本アマチュア自転車競技選手権大会(成年・少年混合のため岐南工OBを含む)
    1kmタイムトライアル 1回
    4kmチーム・パーシュート 4回
    4kmインディヴィデュアル・パーシュート 4回(3連覇)
  • ジュニア世界選手権 6回出場
  • ジュニアアジア選手権 7回出場 2回優勝
  • 日韓対抗学生自転車競技大会 6回出場 5回優勝
  • アジア大会 2回出場 1回優勝(岐南工OB)
近年大会実績
  • 平成29年度東海高等学校総合体育大会自転車競技大会 総合 優勝 (30回目)
    ポイントレース               優勝
    4km速度競走                優勝
    4kmチームパーシュート          2位
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート  2位
    1kmタイムトライアル           2位
    スクラッチ                 2位
    スプリント                 4位
    チームスプリント              8位
    ケイリン                  8位
    ロードレース                2位、3位、7位
  • 平成29年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(インターハイ・トラック種目)
    4kmチームパーシュート          5位
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート  5位
    ポイントレース               6位
  • 第62回全国高等学校自転車道路競走中央大会(インターハイ・ロード種目)
    総合                   6位 
    個人ロード・レース            7位
  • H29 JOCジュニアオリンピックカップ
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート  2位、3位
    ポイントレース               6位
    H29 全国都道府県対抗自転車競技大会
    4kmチームパーシュート          2位
    ポイントレース               6位
    1kmタイムトライアル 7位
    総合                    8位
  • H28全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
    4kmチーム・パーシュート 3位銅メダル
  • H27全国高等学校総合体育大会(インターハイ)
    H27全国高等学校総合体育大会自転車競技トラック学校対抗総合 3位
    1kmタイムトライアル 2位
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート 3位
    ポイントレース 6位
    4kmチーム・パーシュート 6位
  • 2015 JOCジュニアオリンピックカップ
    JOCジュニアオリンピックカップ(最優秀選手賞)受賞
    1kmタイムトライアル 優勝
    3kmインディヴィデュアル・パーシュート 優勝
    ポイントレース 優勝
    スクラッチレース 3位
  • 第49回全国都道府県対抗自転車競技大会
    少年男子 1kmタイムトライアル 2位
    チームスプリント 4位

活動の様子


画像をクリックすると拡大します。

活動情報

  • H30.6.10 東海総体 東海新記録で2種目優勝、5種目制覇!!

      6/8・9・10に行われた、平成30年度東海高等学校総合体育大会自転車競技において、自転車競技部が 4kmチームパーシュート、3km個人パーシュートを東海新記録で優勝しました。その他にも3種目で優勝し、全10種目中5種目で優勝、4種目で入賞しました!!
    個人成績                     団体競技成績
    ポイントレース    優勝            4qチームパーシュート  優勝(東海新記録)
    4q速度競争     優勝            チームスプリント     4位
    3q個人追い抜き   優勝(東海新記録)
    スクラッチレース   優勝
    1qタイムトライアル 3位
    スプリント      5位
    ケイリン       5位

  • H30.5.13 岐阜県総体 40回目の総合優勝

     5/12,13に行われた 平成30年度岐阜県総合体育大会自転車競技 において岐南工業高校自転車競技部が4年ぶりの総合優勝をしました。記念すべき40回目の総合優勝に相応しい5種目で優勝、2種目においては1位から3位までを独占する完全優勝でした。
    個人成績                           団体競技成績
    ポイントレース    優勝、2位、3位            4qチームパーシュート  優勝、3位
    4q速度競争     優勝、2位、3位            チームスプリント     2位、3位
    3q個人追い抜き   優勝
    1qタイムトライアル 優勝
    スクラッチレース   2位、3位
    スプリント      3位
    ケイリン       3位

  • H30.5.1 松本サイクルトラックレースに出場しました

     4/28~4/30まで長野県で行われた松本サイクルトラックレースに2,3年生が出場しました。
    成年選手と戦える数少ない大会ですが、自分よりレベルが高い選手達と戦うにはどうしたらいいのか自らが考え挑戦することができ、大学生や実業団選手を相手に下写真の種目で上位入賞者も出ました。中でも3kmIP(3km個人パーシュート)では自己ベストタイムで優勝し、とても有意義な大会となりました。


  • H30.4.25 アジア選手権大会報告会・祝勝会を行いました

     2/16~2/20にマレーシア・クアラルンプールで行われた、2018トラックアジア自転車競技選手権大会で、4kmチームパーシュートに出場した 佐藤竜太(2年・自動車科)が 見事 銀メダル を獲得したので、その報告会を自転車競技部で行いました。 「次こそは金メダルを取れるようにもっと練習していきたいです。これからある県総体、東海総体、インターハイで優勝し、アジア選手権よりもっとレベルの高いジュニア世界選手権にも出場して良い成績を残したい。」と話してくれました。