目標

・基礎的・基本的な知識及び技能の確実な定着と社会生活に適応できる言語力の習得を図る

・基礎的・基本的な知識及び技能を土台にし、発展的学習と体験学習を通して、社会自立できる力を育

 成する

・基本的な生活習慣を確立して、体力の向上と健康の保持増進を図る




学習の様子

総合:奉仕活動

企業ガイダンス

情報系列 アビリンピック


系列の紹介

系列 ねらい 主な履修科目
進学  大学(短期大学)や専門学校への進学を目指し、普通教科に重点を置いて勉強する。他の分野の人と共通に学ぶ教科学習に加えて、より高度な学習にも取り組んでいる。 国語、地歴、公民、数学、理科、保体、芸術、外国語
情報処理  コンピューターをはじめとする情報機器の基礎知識や技術、操作について学習する。ワープロ検定をはじめ、各種検定への挑戦、インターネットやネットワークを活用した学習等、情報化社会に対応できる人づくりを目指す。 文書デザイン、情報処理、課題研究、簿記、ビジネス情報、商業技術、プログラミング
木材工芸  2、3年生が主に木材工芸の基礎学習として、本棚や書類棚等の製作に取り組んでいる。特に3年生では、2年生で学んだ基礎技術の応用から、作品の設計、製作の計画、見積もり等を行う。また、課題研究の学習にも取り組んでいる。 工業技術基礎、工芸実習、情報技術基礎、課題研究、デザイン技術、製図、木材加工実習
家庭  基礎的な知識と技術を学ぶためにブラウスやスカート等簡単なものから製作する。服飾デザインに関する知識を学習し、ゆかた、スーツ等を製作する。また、情報機器を活用し作品のまとめをしている。 被服、被服製作、服飾デザイン、手芸、家庭情報処理、課題研究
理容  理容科では、理容師の免許取得を目指し、専門的な勉強と技術の習熟に励んでいる。シャンプー、シェービング、カットはもちろん、パーマやカラーリングも実習時間に研究している。また、お客様の気持ちを理解することやお客様とのコミュ ニケーション等の接客マナーも大切に学習する。 関係法規、制度、理容運営管理、衛生管理、理容実習、理容保健、理容総合技術、理容物理化学、課題研究、理容文化論
社会自立  社会自立系列では、「職業教育」を重視し、学習を通して将来の生活に必要な働く力の向上につなげることを目的とし、日々の学習に取り組んでいる。 作業学習、生活単元学習、日常生活の指導、校内作業実習、校外学習


主な部行事

※ 行事や学習活動の様子については、top menuから「ろう学校だより」「地域通信 まど」「聾学校だより」で紹介させていただいています。