学校の概要

1 学校の歴史

 今から100年以上も前の明治27年3月9日、眼病のために光を失った元岐阜中学校教員の森巻耳(もりけんじ)先生とイギリス人宣教師のA・F・チャペル氏は、盲人教育のために、岐阜市神田町1丁目に岐阜聖公会訓盲院を開設しました。
 これが岐阜盲学校のはじまりです。
 その後、明治42年に梅ヶ枝町に移転し、昭和15年には県立となり、現在に至っています。
 そして、平成15年9月、現在の北野町校舎に移転しました。

森巻耳先生の胸像
創立者 森 巻耳先生

正面玄関の写真
学校の玄関に胸像が建っています。

2 学部・学科

  1. 小学部・中学部
     視覚障がいのある児童生徒に対し、小・中学校に準じた教育を行うと同時に、障がいに基づく種々の困難の改善・克服を図るために必要な指導を行う。
  2. 高等部
    <普通科>
     中学校を卒業した視覚障がい者に対し、高等学校の普通科に準じた教育を行うと同時に、障がいに基づく種々の困難の改善・克服を図るために必要な指導を行う。
    <保健理療科>
     中学校を卒業した視覚障がい者に対し、高等学校に準じた教育と合わせて、あん摩マッサージ指圧師を養成する専門教育を行う(修業年限3年)。
    <専攻科理療科>
     高等学校を卒業した視覚障がい者に対し、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師を養成する専門教育を行う(修業年限3年)。

 戻る